令和6年度任期付職員(事務一般)採用選考のご案内について

更新日:

2024年03月01日

  • この選考は、育児休業等を取得する警察職員の代替として勤務する職員(以下「任期付職員」という。)を採用するために行うものです。
    この選考の合格者は、「神奈川県警察任期付職員採用候補者名簿」(以下「採用候補者名簿」という。)に登載され、任期を定めて任用されます。
  • 採用候補者名簿の登載期間は、登載開始日から3年間です。

1  募集職種(採用予定者数)

  • (1)育児休業等代替任期付職員(30名程度)

    地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第6条第1項第1号及び職員の配偶者同行休業に関する条例(平成26年神奈川県条例第77号)第9条第1項第1号に基づき採用される職員です。

    警察職員の育児休業等の取得状況によっては、採用候補者名簿に登載されても任用されない場合があります。

    任期は最長3年で、警察職員の育児休業取得期間に応じて前後します。

    任期終了後においても、採用候補者名簿の登載期間中に、新たに育児休業等を取得する警察職員があった場合には、再び任用されることがあります。

  • (2)4条任期付職員(3名)

    地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律(平成14年法律第48号)第4条に基づき、3年の任期を定めて採用される職員です。

    任期中は、警察本部総務部会計課又は警務部警務課を本務所属とし、各所属からの派遣要請に基づき期間を区切って(原則として、1月以上1年未満)派遣され、業務を行います。各所属からの派遣要請がない場合は、本務所属である警察本部総務部会計課又は警務部警務課で業務を行います。

このページの先頭へもどる

2  主な職務内容

警察本部や警察署等において、文書の発送、収受、警察職員の福利厚生、遺失物の取扱等の事務に従事します。

このページの先頭へもどる

3  受験資格

  • (1)高等学校卒業程度又は中学校卒業後、民間企業等に常勤職員としての勤務経験を3年以上有すること。
  • (2)下記のいずれかに該当する人は申込みできません。
    • ア  日本の国籍を有しない人
    • イ  地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条の規定に該当する人

      (ア)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

      (イ)神奈川県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

      (ウ)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

    • ウ  民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)による改正前の民法(明治29年法律第89号)の規定による準禁治産の宣告を受けている人(心身耗弱を原因とするものを除く。)
  • ※  受験資格がないこと又は申込書等の記載事項が事実と異なることが明らかになった場合、選考の途中ではその後の選考を受験することはできず、合格発表後は合格を取り消します。

このページの先頭へもどる

4  選考方法

第1次選考

  • 選考種目  論文考査
    内容         思考力、構成力等についての筆記試験

第2次選考

  • 選考種目  適性検査
    内容         職務遂行上必要な素質及び適性についての検査
  • 選考種目  面接考査
    内容         人柄・性向等についての個別面接考査

※  第2次選考は、第1次選考に合格された方のみに対して実施します。

※  適性検査実施時に面接の参考とするため、性格等について、質問紙法による検査を実施します。

このページの先頭へもどる

5  第1次選考

論文考査

題目  あなたの強みは何か。そう思うようになった具体的経験と、その強みを警察職員として働く上でどのように生かしていけると考えるか、述べなさい。
(800字以内)

※  別途指定する論文原稿用紙を使用して作成し、申込書等の提出書類と併せて、令和6年4月19日(金曜日)までに、神奈川県警察本部警務課採用センター任用班宛てに郵送してください(詳細は、12  申込手続を参照してください。)。

このページの先頭へもどる

6  第2次選考

  • (1)実施日

    令和6年6月19日(水曜日)から同月30日(日曜日)のうち、いずれか1日

  • (2)実施場所

    横浜市内

    詳細は、第1次選考合格者に対して通知します。

※  集合時間等については、第1次選考に合格された方のみに文書で通知します。

※  実施日・実施場所等は変更する場合があります。

※  受験者側の理由による選考実施日・場所等の変更は受け付けません。
指定した日時に第2次選考を受験しなかった場合は、選考を辞退したものとみなします。

このページの先頭へもどる

7  合格発表及び選考結果の開示

第1次選考

  • 合格発表       令和6年5月下旬に発送予定です。
  • 開示対象者   不合格者
  • 開示内容       得点
  • 開示方法等   合否結果とともに郵送にて文書で通知します。

第2次選考(最終結果)

  • 合格発表       令和6年7月下旬に発送予定です。
  • 開示対象者   第2次選考の受験者
  • 開示内容       適否  得点
  • 開示方法等   合否結果とともに郵送にて文書で通知します。

※  選考結果は合否にかかわらず文書で通知します。

※  適性検査の適否については、面接考査の合格最低基準を満たさなかった場合には判定対象外となるため、最終結果の開示内容には含まれません。

※  選考結果の通知書は、採用時の本人確認等に使用しますので、大切に保管してください。

このページの先頭へもどる

8  合格から採用まで

  • (1)合格者は、最終結果発表日以後の指定する日に採用候補者名簿に登録されます。
  • (2)採用候補者名簿に登載されると、警察職員の育児休業等の取得状況に応じ、順次任用されます(採用は不定期であり、すぐに任用されない場合があるほか、登載されても必ず任用されるとは限りません。)。
  • (3)任用に当っては、事前に、勤務条件や勤務地を確認するために連絡をします。
  • (4)任用決定後に、健康診断の受診や各種書類の提出などの手続をしていただきます。
  • (5)採用候補者名簿に登載されると、警察職員の産前・産後休暇期間(16週程度)に勤務が可能な場合は、臨時的任用職員(※)として任用することがあります。

    なお、臨時的任用職員としての任用については、申込書で同意いただいた方のみが対象になります。

※【臨時的任用職員】

地方公務員法第22条の3等に基づき任用される職で、最大で1年を超えない範囲で任用されます。任期が定められていること以外は、勤務条件(給与、勤務時間、休暇、服務等)について、原則として任期の定めのない常勤職員と同様の取扱となります。

注)育児休業、配偶者同行休業及び育児短時間勤務を利用することはできません。

<参考 採用までの流れ>

任用までの流れ:採用選考受験→合格通知受領→名簿登載→配置先等連絡調整→任用手続→任用開始

このページの先頭へもどる

9  給与

給与の月額は、令和6年4月1日現在、新規に高等学校を卒業した人の例で、月額約187,000円(地域手当含む。)です。高等学校卒業後に学歴又は職歴がある方は、この額に一定の基準で算出された額が加算されます。

任期の定めのない常勤職員と同様に、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当等がそれぞれの支給条件に応じて支給されます。

任用時の給与月額については、今後の給与改定等により、変動する場合があります。

このページの先頭へもどる

10  勤務時間、休暇等

  • (1)勤務時間

    原則として、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分(休憩時間は正午から午後1時)までです。

    配置される所属の情勢に応じては、土日祝日勤務もあります。

    (業務内容によっては、超過勤務が発生する場合もあります。)

  • (2)休暇

    任期の定めのない常勤職員と同様に休暇が取得できます。

    主なものとして、年次休暇、療養休暇、忌引休暇、夏季休暇等があります。

  • (3)その他

    育児休業、配偶者同行休業及び育児短時間勤務を取得することはできません。

このページの先頭へもどる

11  社会保険等

地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号)が適用されます。

このページの先頭へもどる

12  申込手続

このページの先頭へもどる

13  問合せ先

神奈川県警察本部警務課採用センター任用班

郵便番号231-8403  横浜市中区海岸通2丁目4番地
電話  045-211-1212(内線2664)
受付時間  平日の午前8時30分~午後5時15分
土日祝日及び平日の上記時間以外は対応できません。

このページの先頭へもどる

情報発信元

神奈川県警察本部 警務部警務課採用センター

電話:045-211-1212(代表)