県警トピックス


神奈川県警察の広報活動について、いち早くお伝えします。


【平成30年2月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

2月15日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「Hot & Warm Music」と題し、厳しい寒さが続き、すぐそこまで来ている春が恋しい季節に、心が熱く、温まるような曲を中心にお届けしました。

また、「高齢者交通安全」の警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ ストライク・アップ・ザ・バンド
○ LOVE LOVE LOVE
○ 塔の上のラプンツェル・メドレー

指揮:伊東副楽長

○ 大都会
○ ラッサス・トロンボーン
○ 美空ひばりヒットメドレー

アンコール

指揮:五島楽長

○76本のトロンボーン

2月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


特殊詐欺被害防止で生活安全部長感謝状を贈呈

2月7日、平成29年下半期中、振り込め詐欺の被害を多数防いでいただいた15金融機関35支店及び小机駅の皆様に、その取組に感謝の意を表して、生活安全部長から感謝状を贈呈しました。

いずれもお忙しい業務の中、お客様に積極的に声掛けをしていただき、特に、JR小机駅の皆様にありましては、困っている人にお声掛けをして被害を阻止していただきました。

県警察では金融機関の皆様に、振り込め詐欺の被害を1件でも防ぐため、高額の現金取引のお客様には積極的な声掛けをするようお願いしていますので、ご理解とご協力をお願いします!!

感謝状贈呈式の様子

このページの先頭に戻る


駅構内における暴力行為及び痴漢防止キャンペーンの実施について

痴漢防止キャンペーンの様子

平成30年2月7日(水曜日)、生活安全総務課・鉄道警察隊・戸部警察署は、横浜駅において、国土交通省や鉄道事業関係者らと共に「駅構内における暴力行為及び痴漢防止キャンペーン」を実施しました。

当日は、ゲストとして、シーサイドラインプロモーションガール「リアル柴口このみ」こと「幸野ゆりあ」さんを迎え、駅構内等での暴力行為に対するパトロールや、痴漢行為に対する防犯啓発品(痴漢撃退シール)の配布による注意喚起を行いました。

また、キャンペーンには、県警察マスコットキャラクターの「ピーガルくん」や横浜市内を走る全ての鉄道会社のキャラクター(ハマの電ちゃん、のるるん、けいきゅん、そうにゃん、はまりん、キラキラ シーたん)らも駆けつけ、注意喚起を行いました。

このページの先頭に戻る


弘明寺商店街におけるサギ撲滅キャンペーンの実施について

キャンペーンの様子

平成30年2月2日(金曜日)、生活安全総務課と南警察署は、横浜市南区所在の横浜弘明寺商店街において、「サギ撲滅キャンペーン」を実施しました。

当日は、南区マスコットキャラクター「みなっち」、県警察マスコットキャラクター「ピーガルくん」や県警察防犯ヒーロー「振り込まセンジャー」も駆けつけてくれました。

南警察署長の挨拶の後、節分にちなみ、近隣幼稚園児を中心に、振り込めサギ犯人を鬼に見立てた的に向かって、「サギは外!福は内!」という掛け声とともに、豆まきを実施しました。

豆まきに参加した男の子は「サギをする悪い鬼に豆を投げました!おばあちゃんがサギにあわないように、今日のことをいっぱい話します!」と元気よく話してくれました。

このページの先頭に戻る


【平成30年1月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

1月18日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「New Year Marine Concert!」と題して、新年の幕開けにふさわしいプログラムをお届けしました。

また、「特殊詐欺の被害防止」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ 双頭の鷲の旗の下に
○ 歌劇「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ〜ソロトランペットと吹奏楽のための
○ フライ・ハイ ○ 時代劇スペシャル ○ まつり ○ 行進曲「威風堂々」第一番

アンコール

○ラデツキー行進曲

1月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


万引きは犯罪だ!

平成30年1月14日(日曜日)、生活安全総務課は、防犯ボランティア(防犯応援アイドル)としても活躍中の馬車道発横浜アイドル「ポニカロード」とともに、横浜市神奈川区に所在する横浜ベイクォーターにおいて、万引き撲滅ポスター披露式を開催しました。

ポスター披露式の様子

披露式では、ポニカロードによるポスター披露、ライブ、ベイクォーター内の館内パトロール、ベイクォーター内店舗に対するポスター交付が行われ、神奈川県警察音楽隊による演奏も行われました。

披露式を見ていた男性は、「物を盗むという行為の中でも、万引きは軽い気持ちでやってしまいがちだということがわかりました。もし万引きをしている人を見かけることがあったら必ず警察に通報します。犯罪者になる人が一人でも減ってもらいたいですね。」と言っていました。

ポスターを貼って万引き撲滅!

【ポスターはこちらをクリックしてダウンロード(PDF493KB)】    テキストファイル(1KB)

このページの先頭に戻る


【平成29年12月】情報発信

年末年始特別警戒「安全・安心キャンペーン」の実施について

キャンペーンの様子

12月22日(金曜日)生活安全総務課と神奈川県は、戸部警察署等と共に、横浜駅周辺において「年末年始安全・安心キャンペーン」を実施しました。

当日は、斉藤警察本部長、黒岩知事、横浜DeNAベイスターズの山ア康晃選手が先頭となり、警察官や警戒中の防犯ボランティア団体の方々を激励しました。

戸部警察署の一日警察署長として協力いただいた山ア選手は、式典会場を埋め尽くす大勢のファンによる“ヤスアキジャンプ(署長出迎えver.)”に迎えられ、「“守りきる”ことはとても大事です。安全は、一人で守るものではありません。家族、友人が常に声を掛けあい、チームワークで守りきりましょう。」と力強い決意表明を行いました。

【 決意表明 】
ひとつキャッシュカードを ダマし取られないよう 注意の輪を広げ
サギから県民を 守りきります。
ひとつ犯罪被害から 子どもの夢を 守りきります。
ひとつ年末年始の安全を 守りきります。

 安全は、一人で守るものではありません。
 家族、友人が常に声を掛けあい、チームワークで守りきりましょう。
 私は、今後もあらゆる機会を通じて、サギを始めとした犯罪撲滅に協力することを表明します。

平成29年12月22日
一日戸部警察署長 山ア康晃

このページの先頭に戻る


神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート/ウィンターコンサート

12月21日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」において、12時10分からマリーンコンサートを、15時からウィンターコンサートを開催しました。

マリーンコンサートでは「Marine Concert 2017 Best Selection!!」と題して、本年お贈りしたマリーンコンサートの中から、選りすぐりの曲で1年を振り返り、ウィンターコンサートでは「音楽のプレゼント」と題して、今年一年の感謝をこめて、音楽隊から音楽のプレゼントをお届けしました。

また、マリーンコンサートでは「飲酒運転の根絶」について、ウィンターコンサートでは「年末年始特別警戒 年末年始を安全に」についての警察広報を行いました。

(マリーンコンサート演奏曲目)

指揮:五島楽長

○フィエスタ! ○アメージング・グレース ○天虎〜虎の女
○マンテカ ○美女と野獣 ○サンバ・エキスプレス

アンコール

○すてきなホリデイ

(ウィンターコンサート演奏曲目)

指揮:五島楽長

○喜歌劇「軽騎兵」序曲 ○「くるみ割り人形」より3つのダンス・メドレー
○粉雪 ○そりすべり ○クリスマス・フェスティバル

アンコール

○NSBミレニアムツァラトゥストラかく語りき〜喜びの歌

12月のコンサートの様子


このページの先頭に戻る


サギ撲滅キャンペーン「サギ被害なしでハッピー」を実施

キャンペーンの様子

12月15日(金曜日)生活安全総務課と山手警察署は、女子プロレス団体アイスリボンと連携し、サギ撲滅キャンペーン「サギ被害なしでハッピー」を実施しました。

当日は、女子プロレス団体アイスリボンに所属する“藤本つかさ”さんを一日女性警察官(詐欺撲滅大使)に任命し、応援に駆けつけた“世羅りさ”、“雪妃真矢”両選手と共に金融機関やコンビニエンスストアへの防犯パトロールを実施したほか、イオン本牧店のイベント広場では、お笑い防犯軍団「ツナコメ」の会計担当・蛾野正洋(モノマネ芸人)や、防犯応援アイドル「ポニカロード」がサギ撲滅ステージを実施しました。

この日のために特別な訓練を受けてきたと断言するモノマネ芸人・蛾野正洋は、世羅&雪妃ペアに「サギ犯人を見分ける力をつけろ!本物?ニセモノ?ガッテムゲーム」を挑みましたが、見事にニセモノと見破られ、プロレス技を掛けられていました。

藤本つかささんから啓発品を手渡された子供は、「おばあちゃんに“キャッシュカードを手渡しちゃダメ”だよって伝えます。」と、大きな声で約束していました。

このページの先頭に戻る


年末年始を安全に!「本当に役立つ防犯対策セミナー」を実施

防犯対策セミナーの様子

12月3日(日曜日)生活安全総務課は、株式会社ぱど、東急セキュリティ株式会社、お笑い防犯軍団「ツナコメ」と協力し、「本当に役立つ防犯対策セミナー」を実施しました。

当日は、“本当に役立つ防犯対策”と称し、企業側の講師による防犯講話のほか、警察官による窓からの侵入対策や、サギ撲滅対策のほか、防犯ボランティアとしても活躍中のお笑い芸人5組が、キャッシュカード手渡し型の“サギ”や、子ども安全対策など「防犯」を題材としたネタを披露し、来場者に「笑い」と「防犯」を伝えていました。

来場した男性は、「お笑いコンビ/松下ひものさんがとても面白かったです。キャッシュカードを騙し取られてしまう“サギ”が多いと聞きました。事実は小説より奇なりですね。今日のセミナーの話を家族の話題にして、皆で気をつけたいと思います。」と話し、お笑いコンビ/松下ひものの松下さんは、「優勝目指して頑張りました。一人でも多くの人に“サギ”の危険性を伝えたいです。」と話していました。

キャッシュカードを騙し取る手口のサギ事件が急増しています。家族が集まりやすいこの時期に「キャッシュカードて私ダメ!」との合言葉を広めましょう。空き巣等の侵入盗は、窓やドアを狙っています。外出の際は、戸締りを確認しましょう。

このページの先頭に戻る