県警トピックス


神奈川県警察の広報活動について、いち早くお伝えします。


【令和元年8月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート/サマーコンサート

8月15日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサート及びサマーコンサートを開催しました。

マリーンコンサートでは、「サマーミュージック」と題して夏にぴったりな曲を集め、サマーコンサートでは、「暑い夏!甲子園音楽特集!」と題してアルプススタンドで演奏される野球応援の定番曲を集めてお贈りしました。

また、「第7回アフリカ開発会議に伴う交通規制のお知らせ」「夏期における水難・山岳遭難の防止」「特殊詐欺被害防止」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

◎ マリーンコンサート

指揮:五島楽長

○ リバーダンス オープナー(カラーガード演技) ○ ベイ・ブリーズ ○ テキーラ
○ ティコ ティコ ○ トロンボーンとバンドのための サマータイム
○ 魅惑のラテン・ナンバーより マンボ・イン ○ ディズニー・メドレー2(カラーガード演技)

アンコール

○ スーザス・ホリディ 星条旗よ永遠なれ

◎ サマーコンサート

指揮:五島楽長

○ 栄冠は君に輝く ○ サウスポー ○ パラダイス銀河 ○ サンバ・デ・ジャネイロ
○ ルパン三世のテーマ ○ タッチ ○ アフリカン シンフォニー

アンコール

○ エル・クンバンチェロ

8月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


孫世代のボランティアと連携したサギ撲滅キャンペーンについて

生活安全総務課と横浜水上警察署は、8月6日(火曜日)、横浜ワールドポーターズで、学生防犯ボランティアと連携した「サギ撲滅キャンペーン【お盆は家族で話そうサギ対策】」を実施しました。

振り込め詐欺被害者の孫世代である学生防犯ボランティア「神奈川防犯シーガル隊」が、買い物途中の高齢者の方々に、迷惑電話防止機器を活用した振り込め詐欺対策の紹介や、来場者に対して、「お盆で帰省した際は、家族で振り込め詐欺の手口や対策を共有してもらい、家族の絆で詐欺の被害に遭わないようにしましょう」と呼びかけました。

また防犯ミニライブでは、防犯応援アイドル「ポニカロード」とダンスボーカルグループ「CHERRSEE(チェルシー)」によるサギ撲滅ソング等を披露しました。

サギ撲滅キャンペーンの様子

このページの先頭に戻る


夏休み安全・安心キャンペーンについて
−みんなで守ろう子どもの安全、みんなで防ごう振り込め詐欺−

夏休み安全・安心キャンペーンの様子

令和元年8月2日(金曜日)、生活安全総務課は、夏休みにおける子供の犯罪被害の防止及び振り込め詐欺被害の防止を目的として、神奈川県、防犯ボラティア団体等と連携し、新都市プラザにおいて、「夏休み安全・安心キャンペーン」を実施しました。

キャンペーンでは、一日警察署長に委嘱されたタレントのほのかさんが「夏休み安全・安心宣言」をしたほか、ご当地ヒーロー横浜見聞伝スタージャンやガールズロックユニットCANDY GO!GO!たちと一緒に「おおだこポリス4つのおやくそく」を唱和して、犯罪の被害に遭わないよう呼びかけをしました。

このページの先頭に戻る


【令和元年7月】情報発信

「特殊詐欺被害防止で生活安全部長感謝状を贈呈

7月31日(水曜日)、特殊詐欺抑止に向けた取組を推進し、来店客に対する積極的な声掛け等により、詐欺被害を数多く阻止するなど、県民の財産保護に多大な功労があった金融機関3店舗に対して、感謝の意を表し、生活安全部長から感謝状を贈呈しました。

1つでも多くの詐欺被害を防止するため、引き続きご協力よろしくお願いします。

感謝状贈呈の様子

このページの先頭に戻る


おおだこポリス子ども安全スクールin南日吉学童保育

7月25日(木曜日)生活安全総務課と港北警察署は、横浜市日吉本町地域ケアプラザにおいて、子供安全教室「おおだこポリス子ども安全スクール」を実施しました。

防犯寸劇を披露した後、児童らに不審者の似顔絵を描いてもらったり、警察官が目撃者から犯人の特徴を聞き取りながら似顔絵を描く「捜査用似顔絵」の作成を行い、顔の特徴を人に伝える難しさを実感してもらいました。

最後に、子供安全キャラクター“おおだこポリス”が、大きな声で叫ぶ練習や、防犯いろはカルタ、防犯標語「おおだこポリス4つのおやくそく」の説明や防犯啓発歌の歌と踊り等を行い、児童らの防犯意識の向上を図りました。

子ども安全スクールの様子

このページの先頭に戻る


「ながら見守り合同パトロール」出発式の実施について

合同パトロールの様子

7月20日(土曜日)、生活安全総務課は、通学路等における子供の安全確保のための対策の一環として、若い世代や事業者等の多様な担い手による「ながら見守り」の推進を目的とした「ながら見守り合同パトロール」出発式を実施しました。

出発式には、ランニングを通じたパトロールを行う「パトランJAPAN」メンバーや、大学生を中心とした学生防犯ボランティア団体「神奈川防犯シーガル隊」をはじめ、お笑い防犯軍団ツナコメから漫才コンビ「世界事情」、防犯応援アイドル「ポニカロード」、NPO法人横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C横浜)など、多くの方のご参加を頂きました。

出発式後は、参加者一同で山下公園、新港地区においてパトロールランニングを行いました。

このページの先頭に戻る


神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

7月18日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは「海を感じる音楽会」と題し、横浜港開港160年にあたる本年、海にまつわる曲を集めてお贈りしました。

また、「第7回アフリカ開発会議に伴う交通規制のお知らせ」「夏期における水難・山岳遭難の防止」「特殊詐欺被害防止」「ふれあい警察展の開催」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ マーチ「後甲板にて」 ○ ケンタッキーの我が家 ○ バンドでつづる「日本の歌」より 浜辺の歌
○ リトル・マーメイド・メドレー ○ 交響組曲パイレーツ・オブ・カリビアン

アンコール

○ マーチ「海を越える握手」

7月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


おおだこポリス子ども安全スクールin平安小学校

子ども安全スクールin平安小学校の様子

7月3日(水曜日)生活安全総務課と鶴見警察署は、横浜市立平安小学校において、子供安全教室「おおだこポリス子ども安全スクール」を開催しました。

うさぎのぴょん子ちゃんは、知らない人にお菓子を貰い、ついて行ってしまうと、児童らは「だめだよ!!」と大きな声を出して止めていました。

また、子供安全キャラクター“おおだこポリス”が、防犯標語「おおだこポリス4つのおやくそく」を説明をすると、児童らは真剣に話を聞いてくれました。

また、代表の児童らによるロールプレイングを実施したところ、不審者役に声をかけられた児童は、大きな声で叫ぶことが出来ました。

最後に、児童全員で「おおだこポリス4つのおやくそく」の歌と踊りを行い、防犯標語の再確認を行いました。

このページの先頭に戻る


【令和元年6月】情報発信

おおだこポリス子ども安全スクールin西有馬小学校

子ども安全スクールin西有馬小学校の様子

6月25日(火曜日)生活安全総務課と宮前警察署は、川崎市立西有馬小学校において、子供安全教室「おおだこポリス子ども安全スクール」を行いました。

児童らに、危険箇所についての説明や、普段から児童が安全に学校へ通えるよう、見守りを行っているボランティア団体の方々を紹介しました。

代表児童らによる不審者が現れた際のロールプレイングでは、防犯ブザーを鳴らすなど適切に対応することが出来ました。

また、児童らに普段から元気で大きな声で挨拶をするように呼び掛けるとともに、大声で「助けて!」と叫ぶ練習を行い、怖い思いをしたときは、「子ども110番の家やコンビニエンスストア等、常に人がいる方へ逃げて助けを求めるように!」等を呼びかけました。

最後に、児童らと共に防犯標語「おおだこポリス4つのおやくそく」について学び、踊りながら楽しく復習しました。

このページの先頭に戻る


神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

6月20日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは「シネマ・ミュージック・コレクション!」と題し、名作から最新作までの映画音楽を、迫力ある吹奏楽サウンドでお届けしました。

また、「第7回アフリカ開発会議に伴う交通規制のお知らせ」「二輪車の交通事故防止対策の推進」「特殊詐欺被害防止」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ 20世紀FOXファンファーレ〜レイダース・マーチ ○ 「アナと雪の女王」よりハイライト
○ スパイ大作戦のテーマ ○ 酒とバラの日々
○ QUEEN ボヘミアン・ラプソディー ○ 三日月の舞

アンコール

○ 前前前世

6月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


チカン撲滅キャンペーンの実施について

チカン撲滅キャンペーンの様子

6月10日(月曜日)生活安全総務課、鉄道警察隊及び青葉警察署では、痴漢対策強化月間中(6月1日〜15日)の取組として、東京急行電鉄株式会社と共に田園都市線たまプラーザ駅において「チカン撲滅キャンペーン」を実施しました。

日頃から地域貢献活動を行う、神奈川県立元石川高等学校の学生グループ「More」を一日女性警察官として委嘱し、駅員らと共に駅構内のパトロールや利用客へ痴漢の被害に遭わないための対策として「チカン抑止シール(製作・神奈川県シール印刷協働組合)」の配布による広報啓発と注意喚起の呼びかけを行いました。

一日女性警察官として活動した「More」のメンバーは「警察官として活動することは、とても緊張しました。少しでも被害に苦しむ人がいなくなるといいなと思います。」等と話しました。

このページの先頭に戻る


日本ロックセキュリティ協同組合と連携した防犯キャンペーン
 【6月9日は我が家のカギを見直すロックの日】

防犯キャンペーンの様子

生活安全総務課と厚木警察署は、6月9日(日曜日)本厚木駅北口広場で、日本ロックセキュリティ協同組合と連携した防犯キャンペーン「6月9日は我が家のカギを見直すロックの日」を実施しました。

当日は、神奈川防犯連絡会で俳優の金田賢一様にも参加していただき、空き巣などの侵入盗への注意喚起と建物錠等への防犯対策を呼びかけました。

このページの先頭に戻る