県警トピックス


神奈川県警察の広報活動について、いち早くお伝えします。


【平成30年5月】情報発信

仮面女子スペシャル防犯ライブ「子ども安全教室、詐欺撲滅ライブ」

一日署長/窪田美沙さん。立花あんなさん、川村虹花さん、桜のどかさん、桜雪さんは防犯大使となり、幼稚園、小学校で「おおだこポリス子ども安全スクール」を実施。怖くなったらどうしたら良いのかを皆で考えました・

おおだこポリスの歌と踊りを覚えてね!クリックすると防犯チャンネル(外部サイト)にジャンプします

5月22日(火曜日)、生活安全総務課と山手警察署は、横浜市中区のアソカ幼稚園、北方小学校、イオン本牧店において、“おおだこポリス子ども安全スクール”&“サギ撲滅ライブ”を開催しました。

当日は、アイドルグループ「仮面女子」の5人が一日警察署長(窪田美沙)、防犯大使となり、防犯を広く伝えました。

子どもを対象とした安全教室では、“おおだこポリスななか”が登場し、児童や仮面女子メンバーらと、“怖い人と出会ったときの対処方法”を一緒に考えました。

みんなで話し合った結果、「声を出して逃げる」が一番大事となり、会場の子ども達と大きな声の練習をした後、安全標語「おおだこポリスの4つのやくそく」を歌と踊りで復習しました。

ライブの様子

また、大勢のファンに迎えられた イオン本牧店で行われた仮面女子スペシャル“サギ撲滅”ライブでは、東大卒アイドル桜雪さんが筆頭となり、県警の推奨する“サギ撲滅の2本柱”を軸に注意喚起をしました。

来場したファンからは「サギに気をつけるよ!」との声が上がっていました。

このページの先頭に戻る


「厚木市少年少女フェスティバル」防犯啓発活動の実施について

フェスティバルの様子

5月20日(日曜日)、厚木警察署と生活安全総務課は、厚木市主催「少年少女フェスティバル」において、大学生ボランティアと合同で、子ども向け防犯ブースを出展しました。

会場では来場した子ども達に、子ども防犯クイズを出題したり、反射キーホルダー作りのお手伝いをして子ども達に防犯について楽しく学んでもらいました。

また、「サギ撲滅の2本柱」と振り込め詐欺注意喚起の顔出しパネルを展示して、来場者の家族がサギの被害に遭わないように呼びかける啓発活動も実施しました。

このページの先頭に戻る


神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

5月17日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「吹奏楽の響き」と題し、様々なジャンルのメロディーを、吹奏楽ならではのサウンドでお楽しみいただきました。

また、「特殊詐欺の被害防止」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ コンサートマーチ「フライト」 ○ グリーンスリーヴス ○ 小さな世界
○ アース・ウィンド&ファイアー・メドレー ○ サンバ・デ・ラヴズ・ユー

アンコール

○ バーナムとベイリーのお気に入り

5月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


「母の日」サギ撲滅対策キャンペーンの実施について

キャンペーンの様子

5月12日(土曜日)「母の日」を前に、生活安全総務課と横浜水上警察署は、横浜ワールドポーターズにおいて、息子から母親へ詐欺被害防止を呼びかけるキャンペーンを実施しました。

当日特設ステージでは、学生防犯ボランティア「神奈川防犯シーガル隊」による「サギ撲滅2本柱」の説明、一般社団法人シニア消費者見守り倶楽部による「迷惑電話防止機器」の紹介、防犯応援アイドル「ポニカロード」による「サギ撲滅ソング」の披露をしました。

また、迷惑電話防止機器のブース展示を行い、来場者には「花の種」を配布しました。

「神奈川防犯シーガル隊」では、一緒に活動してくれる隊員を随時募集しています。

このページの先頭に戻る


横浜信用金庫本店における防犯キャンペーン

防犯キャンペーンの様子

5月9日(水曜日)、生活安全総務課と加賀町警察署は、5月を「振り込め詐欺撲滅月間」と定めて防犯活動を展開中の横浜信用金庫と連携し、「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」を実施しました。

当日は、キャンペーンに参加される同店舗の新人女性職員2人に一日警察官を委嘱し、関東財務局横浜財務事務所の方々と共に、啓発品を配布しながら、キャッシュカード手渡し型詐欺について、注意喚起を行いました。

また、加賀町警察署長から、横浜信用金庫に対し、振り込め詐欺の被害を未然に防ぐ協力に対する感謝状の贈呈が行われました。

このページの先頭に戻る


崎陽軒・横浜ウォーカー等と連携した合同キャンペーンの実施

合同キャンペーンの様子

平成30年5月11日(金曜日)、生活安全総務課と戸部警察署は、崎陽軒及び横浜ウォーカーと連携した合同キャンペーンを実施しました。

崎陽軒本社前において、一日警察署長に委嘱された崎陽軒キャラクター“ひょうちゃん”は、コラボポスター等の披露の後、列席者らと防犯パトロールや防犯キャンペーンを行い、啓発品を配布しながら注意を呼びかけました。

ひょうちゃんと写真を撮った女性は、「『シウマイ』の4文字は秀逸ですね。『うその話にだまされない』ように気をつけます。」と話していました。

今日の気持ちをシウマイの4文字に込めました。「シ」しっかり鍵かけ確認しよう!「ウ」うその話にだまされない!「マ」まっ暗な道は通らない!「イ」いっぱい対策!安全安心な生活を! 食の安全と街の安全を守ります!!平成30年5月11日一日戸部警察署長ひょうちゃん

このページの先頭に戻る


感謝状贈呈式及び防犯教室の実施について

5月7日(月曜日)、生活安全総務課は、児童の犯罪被害防止を目的とした「子供防犯クイズ」の作画に協力して頂いた、相模女子大学学芸学部生活デザイン学科の磯貝夏海さん、齋藤美月さんに感謝状を贈呈しました。

贈呈式後は近隣の相模原市立谷口台小学校で、相模原南警察署・相模原南少年補導員連絡会と連携して、同クイズ等を使った防犯教室を行いました。

相模女子大学の皆様、御協力本当にありがとうございました。

感謝状贈呈式の様子

中央左:磯貝夏海さん(低学年向けクイズ作画)  中央右:齋藤美月さん(高学年向けクイズ作画)

作成していただいた絵(一部抜粋)

谷口台小学校のみんなとお勉強しました

このページの先頭に戻る


【平成30年4月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

4月19日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「ミュージック・シャワー!!」と題し、様々なジャンルから音楽のシャワーを全身に浴びていただける様な曲を集めてお届けしました。

また、「春の行楽期における山岳遭難の防止」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ カーテン・アップ! ○ ラヴェンダーの咲く庭で ○ 「西郷どん」メインテーマ
○ Mr.インクレディブル ○ イマジン ○ 片目の水夫の伝説

アンコール

○ マーチ「後甲板にて」

4月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


学生防犯ボランティア「神奈川防犯シーガル隊」による防犯キャンペーン及び船舶防犯広報の実施について

船舶防犯広報の様子

4月14日(土曜日)、横浜水上警察署と生活安全総務課は、学生防犯ボランティア「神奈川防犯シーガル隊」と合同で、山下公園で開催された世界トライアスロン横浜大会プレイベント「Green Triathlon」において、防犯キャンペーンと、警察船舶からの防犯広報を実施しました。

防犯キャンペーンでは、来場者に対して、振り込め詐欺の被害に遭わないように「留守番電話設定のお願い」や、子どもに対しては、紙芝居形式の「子ども安全クイズ」を行いました。

午後からは警察用船舶「しょうなん」に乗船して、山下公園等の来場者に対して、船舶マイクから、キャッシュカード手渡しによる振り込め詐欺の注意喚起や、置引き等の盗難被害防止を呼びかける防犯広報パトロールをしました。

神奈川防犯シーガル隊」では、一緒に活動してくれる隊員を随時募集しています。

このページの先頭に戻る


「地域安全に関する協定」

4月9日(月曜日)、綜合警備保障株式会社、神奈川県及び県警察の三者で「地域安全に関する協定」を締結しました。

協定締結の趣旨は、官民連携した特殊詐欺撲滅の機運を高める広報啓発活動や被害防止に資する施策を推進し、「安全で安心なまちかながわ」の実現に努めることを目的に

  • 特殊詐欺等の未然防止に関する啓発活動
  • 特殊詐欺等の未然防止に関する情報発信、広報活動
  • 特殊詐欺等に関する情報を認知し、又は高齢者等で保護を要する者を発見した際の積極的な警察への通報
  • その他、安全・安心まちづくりに関する事項
に関し、相互に協力するものです。

県警察では、今後も県民の皆様と一体となって犯罪抑止に努めてまいります!

協定締結式の様子

このページの先頭に戻る


都筑さくら祭りにおける防犯キャンペーン等の実施について

都筑さくら祭りにおける防犯キャンペーンの様子

平成30年4月7日(土曜日)、生活安全総務課と都筑警察署は、横浜市都筑区に所在する山田富士公園において、防犯キャンペーン等を実施しました。

当日は、防犯ボランティア「神奈川防犯シーガル隊」、県警ヒーロー最強防犯タッグ「センジャ―ズ」による、生活安全総務課ブースでの啓発品の配布のほか、横浜見聞伝スター☆ジャンによる「振り込め詐欺防止ショー」、最強の地下アイドル仮面女子による「おおだこポリス子ども安全スクール」、お笑い防犯軍団ツナコメによる防犯漫才、戸塚密着型シンガーソングライターkaho*による防犯ライブ、ドナルド・マクドナルドによる防犯教室等を行いました。

会場に訪れた親子連れのお母さんは「子供たちもイベントをとても楽しんでいますし、『こわくなったら大声を出す』ことが大事な『子どもの安全』や、『キャッシュカードを絶対に手渡してはいけない』という『振り込め詐欺』のことなど、防犯に役立つことをたくさん学べたので、来てよかったです。今回、教えてもらったことを家族や友達にも教えます。」と話していました。

おおだこポリスの歌と踊りを覚えてね!Youtubeで見てみよう!

このページの先頭に戻る


入学式における見守り活動とおおだこポリス子ども安全スクールの実施について

入学式における見守り活動とおおだこポリス子ども安全スクールの様子

4月5日(木曜日)生活安全総務課と港北警察署は、横浜市立師岡小学校において、入学式にあわせ「おおだこポリス子ども安全スクール」を開催しました。

保護者と登校する新1年生に対し、学校の入り口付近で、県警マスコットキャラクターの「ピーガルくん」や、港北警察署のマスコットキャラクター「ぽのちゃん」らが、見守り活動を実施し、子ども達は大きな声で「おはよう」とあいさつが出来ました。

入学式では、子供安全キャラクター“おおだこポリス”による子供安全教室「おおだこポリス子ども安全スクール」が行われ、おおだこポリスの「こわくなったら大声で叫べ!」の呼びかけで、大きな声を出すこともできました。

最後に、約200人の子ども達と共に「おおだこポリス4つのおやくそく」(安全対策の歌と踊り)を音楽に合わせて踊るなど、楽しく安全について学習しました。

おおだこポリス4つのおやくそくってなんだっけ?

このページの先頭に戻る


【平成30年3月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

3月15日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「春風に乗せて」と題し、春の訪れを感じさせるような心温まる旋律や、爽やかで元気の出る曲を集めてお届けしました。

また、「神奈川県警察官採用案内」「特殊詐欺の被害防止」の警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:五島楽長

○ マーチ・エイプリル・メイ ○ 鷲の舞うところ ○ 「さくら」のテーマ
○ キャンディーズ・メドレー ○ タイム・トゥ・セイ・グッバイ ○ カーペンターズ・フォーエバー

アンコール

○ オーメンズ・オブ・ラブ

3月のマリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


サギ撲滅キャンペーン「リングでソング♪」を実施

リングでソングの様子

3月11日(日曜日)、生活安全総務課・山手警察署は、ノア・グローバルエンタテインメント株式会社と連携して、横浜文化体育館において開催されたプロレス試合「GREAT VOYAGE2018inYokohama」のリング上において、“サギ撲滅キャンペーン/リングでソング”を実施しました。

当日は、ボランティア活動もするアイドル「防犯応援アイドル/ポニカロード」が、防犯ヒーロー・振り込まセンジャーらとリング上で防犯ソングの披露や防犯講話を行い、“キャッシュカード手渡し型の詐欺”、“還付金詐欺”に関する注意喚起を行いました。

■ キャッシュカードをだまし取る手口の詐欺事件が急増中 ■

電話でお金の話、電話でキャッシュカードの話はしないで!

電話相手が、「キャッシュカードが不正に利用されています・・・」と言ってきたら要注意!

自分だけ気をつけるのではなく、
家族や友人にも注意の輪を広げてください。

※ 詐欺撲滅ソングは、県警YouTube「防犯チャンネル」で確認できます!

このページの先頭に戻る


サギ撲滅キャンペーンの実施について(関内駅前)

キャンペーンの様子

3月7日(水曜日)、生活安全総務課・加賀町警察署は、ノア・グローバルエンタテインメント株式会社、横浜銀行横浜市庁支店と連携して、関内駅前においてサギ撲滅キャンペーン「チャンピオンが注意喚起!サギは俺が撲滅する!」を実施しました。

当日は、プロレスリング・ノアに所属する“拳王”選手(第30代GHCヘビー級チャンピオン)が振り込め詐欺撲滅大使となり、「弱い者をダマすなんて、本当に許さない!一人でも多くの人に被害防止を訴える!サギは、俺が撲滅する!」と力強く表明した後、防犯ボランティアの皆様と共に、通行人や銀行利用者らに対して防犯啓発品を配布しながら、注意喚起を行いました。

啓発品を手にした女性は、「私の実家にも“キャッシュカードが不正に利用された”と連絡があり、母が慌てていました。私がいたので、電話を切ることが出来ました。サギが増えているのは知っていましたが、身近にこんなことがあると怖いですね。家族みんなで注意するようにします。」と話していました。

このページの先頭に戻る