神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ


水難の防止



水難に遭わないために


ストップ水難事故! 川で遊ぶのは楽しいけど、急に増水するなど危険な一面があります。天気や川の情報、看板や川の状況、ライフジャケット、地元の人からの情報をチェックしましょう。空が暗くなってきた、水が濁ってきた、雨が降ってきた、山鳴りがしたなどしたら、すぐ避難!


 夏は、海や河川、山など、アウトドアでのレジャーを楽しむ機会が増える季節です。
 自然に触れるレジャーは、楽しみが多い反面、自然ならではの危険もあります。
 アウトドアでの事故を防ぐため、自然を甘くみず、危険をきちんと認識し、計画を立てて行動しましょう。

 


海での水難を防ぐための注意点

海水浴の際は、危険な場所に近づかない。
 海は、深さなどによって水温の変化が大きい場所や岸に近いところでも沖へ流れるとても速い潮の流れ(離岸流)などがあります。こうした危険な場所は、「危険」、「遊泳禁止」などと案内されていることが多いので、海岸や海水浴場の掲示や標識などをよく確認するとともに、「遊泳区域」とされているところでも、流れの方向や強弱、水深、自分の体力などを十分に考えて安全に泳ぎましょう。
 また、魚とりや釣りをする場合は、ライフジャケットやスパイクブーツなどを正しく着用し、危険な場所を避け、近づかないようにしましょう。

健康状態が悪いときやお酒を飲んだときは泳がない。
 体調が優れないときや睡眠不足などで疲れているときは、水泳や釣りなどは控えましょう。体に負担がかかり、事故につながる危険が高くなります。
 また、飲酒後や飲酒しながらの水泳や釣りも事故につながりやすく危険ですので、絶対にやめましょう。

悪天候のときには海に行かない。
 天候の変化に注意し、海が荒れているときや荒れることが予想されるときは、海に行かないようにしましょう。

子供だけで遊ばせない。
 水深が浅い場所でも、ほんのちょっと目を離した隙に子供が転倒して溺れたり、波にさらわれたりすることがあります。子供が水遊びする際は、必ず大人が付き添い、目を離さないようにしましょう。

ライフジャケットを着用する。
 釣りやボート遊びをするときなどは、必ずライフジャケットを着用しましょう。
 万が一、事故が起こったときの連絡手段として、携帯電話を防水パックに入れるなどして携行しましょう。

危険な場所に近づかないようにしましょう


河川、湖等での水難を防ぐ注意点

危険を示す掲示板や標識がある場所では遊ばないようにしましょう。また、それ以外の場所でも急に水深が深くなったり流れが速くなったりすることがあるので、十分注意しましょう。

雨やダムの放水などで急に増水することがありますので、ダム放流の放送やサイレン、パトロール員などの指示に従い、速やかに安全な場所に避難しましょう。

危険な場所で遊ばないようにしましょう


水上バイクなどのプレジャーボートを楽しむ方へ

ライフジャケットを必ず着用しましょう。

無免許や飲酒などによる操船は絶対にやめましょう。

他人への迷惑行為はやめましょう。


SUP(スタンドアップパドルボード)を楽しむ方へ

天候、潮の流れ、風向き、風の強さなどに十分注意しましょう。

講習会を受講するなど、正しい知識を身につけましょう。

ライフジャケットを着用しましょう。

万が一の通信手段として、携帯電話を携行しましょう。

ライフジャケットを着用しましょう


▲青葉警察署トップページへ
▲警備関係のページへ
▲神奈川県警トップページへ