神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ



交通事故発生状況

 


青葉区における人身交通事故発生状況
令和2年1月末現在(概数)
人身交通事故発生状況
発生件数 死者 重傷 軽傷 負傷者計
1月対比 2年 37 0 0 40 40
元年 57 0 10 55 65
増減 -20 ±0 -10 -15 -25
累計 2年 37 0 0 40 40
元年 57 0 10 55 65
増減 -20 ±0 -10 -15 -25
高齢者等の事故
発生状況(1月末)
1月 累計


2年 11 11
元年 20 20
増減 -9 -9



2年 2 2
元年 3 3
増減 -1 -1

曜日 日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 総合計
発生件数 1 7 3 11 4 7 4 37
死者 0 0 0 0 0 0 0 0
負傷者 1 7 3 13 5 7 4 40


事故発生多発地区

市ケ尾町7件、荏田町3件、青葉台3件、あざみ野2件、しらとり台2件、美しが丘西2件、下谷本町2件、荏子田2件、若草台1件
事故類型別発生状況

件数
車両相互 正面衝突 1
追突 12
出会い頭 5
右左折時 4
その他 4
車両単独 転倒等 1
人対車両 横断等 8
その他 2
道路別発生状況

一般市道21件、国道246号7件、横浜上麻生4件、環状4号2件、新横浜元石川線1件、横浜生田1件、川崎町田1件
時間帯別発生状況

0時から2時0件、2時から4時0件、4時から6時0件、6時から8時7件、8時から10時2件、10時から12時6件、12時から14時2件、14時から16時3件、16時から18時4件、18時から20時7件、20時から22時4件、22時から24時2件
※路線別発生状況・発生時間帯別発生状況・事故類型別発生状況・事故発生多発地区は1月までの数値です。

▲このぺージの先頭へ戻る


令和元年地域別交通事故発生状況令和2年1月末)

 町名  発生件数  死者数  負傷者数  高齢者事故  自転車事故  二輪車事故
 市ケ尾町 7 0 7 2 0 1
 恩田町 3 0 3 0 0 1
 青葉台 3 0 3 0 2 1
 あざみ野 2 0 2 1 0 1
 しらとり台 2 0 2 2 0 0
 下谷本町 2 0 3 1 0 0
 美しが丘西 2 0 2 0 1 0
 荏子田 2 0 2 1 0 1
 つつじが丘 1 0 2 0 0 0
 みたけ台 1 0 1 0 0 0
 もえぎ野 1 0 1 0 0 0
 元石川町 1 0 1 0 0 0
 大場町 1 0 1 1 1 0
 奈良 1 0 1 1 0 0
 恩田町 1 0 1 0 0 0
 桂台 1 0 1 0 0 1
 桜台 1 0 1 1 1 0
 田奈町 1 0 1 0 0 0
 美しが丘 1 0 1 0 0 1
 若草台 1 0 2 0 0 0
 荏田西 1 0 1 1 0 0
 藤が丘 1 0 1 0 1 0
 新石川 0 0 0 0 0 0
 荏田北 0 0 0 0 0 0
 鴨志田町 0 0 0 0 0 0
 鉄町 0 0 0 0 0 0
 あざみ野南 0 0 0 0 0 0
 奈良町 0 0 0 0 0 0
 すすき野 0 0 0 0 0 0
 柿の木台 0 0 0 0 0 0
 たちばな台 0 0 0 0 0 0
 松風台 0 0 0 0 0 0
 榎が丘 0 0 0 0 0 0
 あかね台 0 0 0 0 0 0
 さつきが丘 0 0 0 0 0 0
 すみよし台 0 0 0 0 0 0
 梅が丘 0 0 0 0 0 0
 黒須田 0 0 0 0 0 0
 みすずが丘 0 0 0 0 0 0
 もみの木台 0 0 0 0 0 0
 千草台 0 0 0 0 0 0
 上谷本町 0 0 0 0 0 0
 寺家町 0 0 0 0 0 0
 緑山 0 0 0 0 0 0
合計 37 0 40 11 6 7

▲このぺージの先頭へ戻る





青葉警察署管内
交通死亡事故発生状況の一例



 1 普通貨物車と歩行者による事故

 2 右折と直進による事故

 3 駐車車両に追突した事故
 

 4 右折車と横断中の歩行者の事故

 5 横断歩道付近横断の歩行者の事故

 6 右折車と直進二輪車による事故


▲このぺージの先頭へ戻る




青葉警察署管内の 小学生の交通事故の特徴

 1月中の青葉警察署管内の小学生が関係する人身交通事故は、自転車と歩行者の安全不確認による事故が1件ありました。(令和2年累計1件)

 自分の身を守るためにも、歩行者は信号を守り、交差点内でも左右をよく確認してから横断歩道を渡りましょう。また、自転車を運転する際は、交通ルール・マナーを守り、安全運転に努めましょう
飛び出し注意


小学生が関係する人身交通事故の一例
 自転車の一時不停止
 飛び出し
 右側通行


お子さんと一緒に通学路を歩いてみましょう

 子どもの目線で通学路を一緒に歩いて、危険な場所や安全確認が必要な場所を見つけ、その理由と安全な通行方法を教えてあげましょう。

交通安全


子どもの目線で!

危険な場所や安全確認が必要な場所を見つけ、その理由と安全な通行方法について教えましょう。



分かりやすい言葉で!

「道路を渡るときは、一度止まって右左を見てから渡ろうね」など具体的な言葉で指導しましょう。



「止まる」「見る」「待つ」!

ひとつのことに注意が向くと、まわりのものが目に入らなくなるので、安全行動が習慣となるように繰り返し指導しましょう。



注意!!  出かける前に叱りつけたり、急がせると子どもが動揺し、事故の原因となることもあります。時間にゆとりを持って、笑顔で送り出しましょう。

▲このぺージの先頭へ戻る


子どもの飛び出しに注意




 神奈川県内では、平成25年から平成29年までの5年間で、歩行中に交通事故で死傷された方の年齢は、

 7歳(小学生1、2年)が最も多く、

その原因のほとんどは、飛び出しによるものです。

 ドライバーの皆さん!
 運転中、子どもを見かけたり、見通しの悪い交差点などを通るときには、いつでも止まることができるように、十分注意して、安全運転に努めましょう。

飛び出し注意

▲このぺージの先頭へ戻る



▲青葉警察署トップページへ
▲交通関係のページへ