神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ



特殊詐欺被害防止



電話でお金を要求する

息子はサギ


 カバンを忘れた、今すぐ現金が必要だ、などのキーワードが出たら詐欺を疑いましょう

 犯人たちは、息子や孫を装い、「会社の小切手が入ったカバンを電車(バス・レストランなど)に置き忘れた、今すぐお金が必要だ!」とだまし、代わりの者が現金を受け取りに行く犯行が増えています。
 電話でお金の話が出たら詐欺と疑い、まずは相談を!


▲このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止



 ◎県内で増加している主な手口


キャッシュカードをすり替える手口

 「あなたのキャッシュカードが不正に利用されている。」
 「詐欺グループを捕まえたらあなたの口座から現金が引き出されている。」
などと申し向け、その後、銀行協会等の職員をかたって自宅に赴き、用意した封筒にキャッシュカードを入れさせ
 「封をして保管してください。」
 「封印をするので印鑑が必要です。」
などと言って、被害者が印鑑を取りに行った隙に、あらかじめ用意していたポイントカード等とキャッシュカードをすり替えたり、封筒ごとすり替えるもの。
 銀行協会等の職員が自宅に赴き、キャッシュカードの保管をお願いすることはありません。



▲このページの先頭へ戻る

キャッシュカードを直接だまし取る手口


 この手口は、実在するデパートや百貨店の従業員を装う犯人が電話で
「あなたのクレジットカードを使って買い物しようとしている人がいる。」
などと連絡してきて、被害者が「身に覚えがない」などと伝えると
「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」
「警察に通報します。」
などとだましてきます。

 その後、警察官を装う犯人から
「あなたの口座の預金が危ないので、キャッシュカードを取り換えた方がよい。」
などと話し、「手続に必要」などといって暗証番号を聞き出された後に、警察官や銀行協会職員等を装う犯人が直接キャッシュカードを受け取りに来て、預金を引き出されてしまうものです。
 面識のない方には、絶対に暗証番号を伝えたり、キャッシュカードを渡さないでください。



▲このページの先頭へ戻る

還付金詐欺
 
 還付金詐欺は、役所の職員をかたり
 「医療費・保険料の還付金があります。」、
 「今日が手続の期限です。」、
 「急いで近くのATMに行ってください。」
などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。
 役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

還付金等詐欺

▲このページの先頭へ戻る

架空料金請求詐欺


 サイト管理会社等をかたり、「有料サイト登録解除料金」や「有料サイト閲覧未納料金」等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストア等で電子マネーを購入させ、シリアル番号等を携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取る手口が多発しています。

 また、県内には、法務省や地方裁判所、民事訴訟管理センター等を装い、契約不履行や料金未納によって、訴訟が行われているとの内容の葉書や封書が多数届いています。

 葉書の内容を不安に思い、記載している「お問合せ窓口」に連絡すると
 「弁護士の紹介」や「裁判回避のための費用」
等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストアで電子マネーを購入させ、シリアル番号等を携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取られます。
 このような、葉書や封書、メールが届いたら、直ぐに警察に相談してください。

架空請求詐欺


▲このページの先頭へ戻る

特殊詐欺の被害に遭わないために
 

サギ撲滅の2本柱

こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!
「急にお金が必要!用意して!」
「キャッシュカードを預かります。」
「ATMで医療費を還付します。」

留守番電話設定のお願い!
「犯人は留守番電話を嫌います。」
「常に留守番電話設定を!」
「留守番電話が作動する前に取らないで!」
「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」



 他人事意識の払拭

 何よりも「自分だけは大丈夫」と思いこまないことです。
 振り込め詐欺の被害に遭う可能性は誰にでもあります。
 日頃から家族間で、「合言葉を決めておく!」「絶対に電話でお金の話をしない!」
などの対策を話し合っておくことが大切です。

特殊詐欺被害防止


 迷惑電話防止機能付き電話機等への変更

 特殊詐欺の被害に遭わないために最も効果的なのは、犯人からの電話に出ないことです。
 電話を着信した際、呼出音が鳴る前に、相手に対し 「この電話は特殊詐欺等の犯罪防止のため、通話内容を録音します。」旨を告げるなど、犯人が最も嫌う機能を有した電話機への変更が効果的です。
 迷惑電話防止機能付き電話機への変更を御検討ください。

 キャッシュカードは絶対に渡さない

 暗証番号は絶対に教えない


▲このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害者の声
 

新聞やテレビで、オレオレ詐欺のことは知っていた。普段からだまされないように気を付けていたが、電話に出たときに息子の名前を言われたのですっかり息子だと思ってしまった。
(70歳代女性) 

金融機関の窓口で、お金の使い道を尋ねられたが、息子の失態を話すのが嫌で別の使途を説明してしまった。特殊詐欺の手口の説明を受けた際に、真剣に耳を傾けていれば、特殊詐欺だと気がついたかもしれない。
 妻に相談したり、息子の携帯に電話をして確認するべきだった。
(80歳代男性) 

特殊詐欺のことは、新聞やテレビで知っていた。
 自分のところには、電話は掛かってこない、掛かってきてもすぐに特殊詐欺だと分かる、自分が被害に遭うはずがないと思い込んでいた。
 区役所職員をかたる犯人に「今日が締切り、すぐに手続きをしなければ還付金が貰えない」と丁寧な口調で言われたので信用してしまった。
 ATMの操作方法をある程度理解していれば、だまされなかったかもしれない、悔しい。
(70歳代女性) 


▲このページの先頭へ戻る


特殊詐欺に関する情報提供をお願いします
 


息子や親族になりすました者、金融機関等の職員を名乗る者等から「今日中にお金が必要だ。」「キャッシュカードを交換する必要があるので古いものを回収しに行く。」などという電話がかかってきたときは110番をしてください。被害拡大防止対策に役立てるほか、「だまされた振り作戦」を実施して犯人を捕まえることができます。

現金やキャッシュカード等を直接だまし取りにくる犯人は、昼間の時間帯にスーツ姿で住宅街をウロウロしたり、携帯電話で頻繁に会話しながら歩いている場合があります。不審な者を見かけたら、110番してください。



特殊詐欺に関する情報は、最寄りの警察署又は下記のホットラインまで

【特殊詐欺情報専用ホットライン】
受付時間 平日のみ 午前8時30分から午後5時15分
電話 045-651-7970



▲このページの先頭へ戻る

留守番電話大作戦

特殊詐欺にはだまされない、私は大丈夫という人ほどだまされやすい、在宅時でも留守番電話にしておけば振り込め詐欺の犯人と話をしなくてすむため、被害に遭わずに安心です

▲このページの先頭へ戻る

還付金詐欺が激増中!
市(区)役所や社会保険庁などの公的機関職員をかたる
「還付金詐欺」が激増しています。


犯人は、医療費や税金の払い戻しと称し、
●期限が過ぎていますが、今日中であれば手続きできます。
●電子認証ですから、ATMで簡単に手続きできます。
●最寄りの無人ATMに行って、着いたら電話してください。
このような説明をしてきます!

※ATMで簡単にお金は戻ってきません!

携帯電話で通話しながらATM操作をしている人がいたら、声をかけてください。 還付金詐欺に注意


▲このページの先頭へ戻る

銀行等を装うニセメールに注意!
 銀行やクレジットカード会社、オンラインショップ等からのメールを装い、個人情報やID・パスワード等を盗み取ろうとする偽メールが出回っています。
手口の例
 「○○銀行ご利用のお客様へ」といった不特定多数を対象とした文章で始まるメールを送りつけ、暗証番号等の入力を促し、その情報を盗み取ろうとします。
 銀行等からメールが届いた場合、内容をよく読んだ上、必ずその送信元企業等の正式なホームページ等にある電話番号に直接電話するなどして記載内容の確認をしましょう。
個人情報を盗もうとする絵です
▲このページの先頭へ戻る



▲青葉警察署トップページへ
▲防犯関係のページへ
▲神奈川県警トップページへ