神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ



少年非行防止


少年の非行・犯罪被害防止



「深夜はいかい・喫煙・飲酒」は、非行・犯罪被害と隣り合わせ!

深夜はいかいをきっかけに無断外泊や家出へとつながり、不良グループに誘われるがまま引き込まれた結果、遊ぶお金に困り、万引きや恐喝などの非行に走ったり、凶悪犯罪に加担してしまったり、犯罪の被害に遭ったりする危険性が高くなります。

少年の飲酒・喫煙は、成長期の身体に悪影響を及ぼし健康な発育を阻害します。

飲酒や喫煙を繰り返すうちに、遵法意識や罪悪感が薄れ、薬物乱用などに走る危険性が高くなります。

保護者は、子どもの無断外泊や飲酒・喫煙から目を背けたり、大したことはないと許したりせず、きちんと注意し、子どもが納得するようによく話し合いましょう。


SNSがもたらす危険性!安易に考えず、利用方法を決めて子供を守ろう!
SNSは、人と人をつなぐコミュニケーションツールとして、学校や会社、友人関係で幅広く利用されています。

その特性から、面識のない人とSNSを通じて、
「簡単に稼げる」などのメッセージから遊興費欲しさに特殊詐欺に加担する
興味本位で大麻などの薬物を入手して使用する
 援助交際やなりすましなどによって、自画撮り被害や児童買春等の被害に遭ったりする
など犯罪に巻き込まれるケースがあります。

多くの被害事例で共通していることは、親の知らないところでSNSを介して犯罪被害に遭っているということです。子どもに対して、SNSの正しい利用方法を教えるとともに、利用場所・時間帯をよく話し合って決めることが大切です。家族でルールを作り、フィルタリングアプリを入れるなどして子どもを守りましょう。

  

子どもたちを非行から守るためには
子どもの声にしっかりと耳を傾け、サインを見逃さない。
 非行に走る前、子どもたちは、言い訳や嘘が多くなったり、家族と一緒にいることを避けるなど、必ず何らかのサインを発しています。日常の忙しさに追われ子どもだけで食事をさせたり、話しかけられても生返事では子どもが送っているサインを見落としてしまいます。
 子どもに対して
日頃から話をじっくり聞き、深い関心を払う
といった姿勢で接することが重要です。子どもと向き合い、心を通わせましょう。

間違った行いは本気で叱り、その場で正す。
 犯罪には至らなくても、悪いと知りつつ軽い気持ちでやったことが親から見逃されると、罪悪感が薄れ、繰り返してしまうおそれがあるため、

早期に「悪いことは、悪い!」とはっきり伝える
子どもが心から反省し、二度としないと決意をするように促す
ことが大切です。
 感情にまかせて怒ることとしつけとして叱ることは違います。感情にまかせて子どもの心や身体を傷つけるような叱り方は、児童虐待につながる可能性もあるので、注意しましょう。

  


有害環境の浄化について

「JKビジネス」はNO! 危険が潜んでいる「JKビジネス」
近年、女子高校生等によるマッサージや会話、ゲームを楽しませるなどの接客サービスを売り物とする営業が見られ、「JKビジネス」と呼ばれています。
 一見すると問題のないアルバイトに見える場合でも、1対1の接客は、精神的に未熟な子供にとって相手からの要求を断れなかったり騙されたりして店外に連れ出され、大きな被害に発展するリスクがあり、とても危険です
「JKビジネス」に係る各種トラブルに遭った際には、警察相談ダイヤル「♯9110」や近くの警察署、交番等に相談しましょう。

少年を取り巻く有害環境の改善に努めましょう!
 警察では、少年補導員や少年指導委員等のボランティアの方々の御協力を得て
繁華街等における街頭補導活動
 カラオケボックスやインターネットカフェ等、深夜営業店に対する利用者の年齢確認と深夜における少年の入店禁止措置の徹底に関する指導
 酒・たばこの小売販売業者に対する販売時の年齢確認や商品の陳列方法についての指導
等を行っています。
 今後とも、将来を担う少年が健やかに育つよう、少年を取り巻く有害環境の改善に御協力をお願いします。



▲このページの先頭へ戻る


 少年相談窓口のご利用を

 少年自身の不安や心配ごと、子供のことで不安や心配ごとを抱えている保護者の皆さんは少年相談窓口へ
 少年自身がいじめや犯罪被害等で困っていたり、保護者が子供の非行問題やいじめ、犯罪被害等で困っていることがありましたら、一人で悩まずに、最寄りの警察署やユーステレホンコーナー等にご相談ください。
 少年本人だけでなく、保護者や学校関係者等からの相談を受け付けています

 子どもの非行問題やいじめ、犯罪被害等で困っていることがありましたら、一人で悩まずに最寄りの警察署やユーステレホンコーナー等に御相談ください。
 子どもや保護者、学校関係者等からの相談を受け付けています。

神奈川県警察少年相談・保護センター


ユーステレホンコーナー

電話 0120-45-7867(フリーダイヤル)
電話 045-641-0045
受付時間 平日(月曜日から金曜日)8時30分から17時15分
【祝日、年末年始を除く】

 専門の相談員が少年の非行問題やいじめ、犯罪被害等に関する相談を受け、その立ち直りを支援しています。

 ※対象は20歳未満の少年です。


特殊サギ救出テレホン「SOS」

電話 045-641-5014
受付時間 平日(月曜日から金曜日)8時30分から17時15分
【祝日、年末年始を除く】

 特殊詐欺に関し「詐欺グループから抜けたい」、「先輩から勧誘されて困っている」等の悩みを抱えた少年や「子どもを特殊詐欺の組織から足抜けさせたい」等の保護者等からの相談を、専門の相談員が電話で受け付けています。

 ※対象は20歳未満の少年です。

▲このページの先頭へ戻る

 



▲青葉警察署トップページへ
▲防犯関係のページへ
▲神奈川県警トップページへ