神奈川県 青葉警察署


トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ


あおば安全安心まちづくり


青葉区犯罪発生状況 街頭犯罪
(令和4年10月分月末現在) ※手集計
(合計には、表示されている以外の犯罪を含みます。)

件数順 町名 空き巣ねらい 自転車盗 オートバイ盗 忍び込み 車上ねらい 自動車盗 合計
10月 累計 10月 累計 10月 累計 10月 累計 10月 累計 10月 累計 10月 前月比 本年累計
1 市ケ尾町 0 1 11 2 1 3 0 8 79
2 美しが丘1〜5 4 2 10 1 2 1 1 10 79
3 青葉台1〜2 0 6 25 1 0 0 0 12 73
4 あざみ野1〜4 2 7 0 1 0 1 6 57
5 藤が丘1〜2 1 2 7 1 0 0 1 2 30
6 新石川1〜4 2 10 1 1 1 0 3 29
7 鴨志田町 0 5 10 1 1 0 0 0 7 28
8 荏田西1〜5 0 5 9 0 0 0 0 7 26
9 美しが丘西1〜3 2 4 0 3 1 0 1 21
10 大場町 1 0 1 2 1 0 3 20
11 奈良町 0 1 4 0 0 0 2 17
12 荏田北1〜3 0 2 0 0 1 0 1 14
13 荏田町 0 4 0 1 2 0 0 3 14
14 しらとり台 1 3 0 0 0 0 1 14
15 元石川町 0 0 0 0 0 0 1 14
16 あかね台1〜2 0 1 1 8 1 0 0 2 13
17 奈良1〜5 0 3 2 0 1 0 0 13
18 梅が丘 1 0 0 0 1 2 0 2 11
19 榎が丘 0 2 1 0 0 0 0 11
20 つつじが丘 0 4 1 1 0 0 0 11
21 桂台1〜2 1 1 2 1 1 0 0 0 3 10
22 鉄町 0 0 0 0 1 0 2 10
23 すみよし台 0 1 2 2 0 0 0 1 9
24 荏子田1〜3 2 1 0 0 0 0 0 8
25 田奈町 0 3 0 0 0 0 0 8
26 恩田町 1 2 2 0 0 0 0 2 7
27 桜台 0 2 0 0 0 0 1 7
28 すすき野1〜3 0 1 2 0 0 0 0 0 7
29 千草台 0 1 0 0 0 0 0 7
30 もえぎ野 0 0 0 0 1 0 0 7
31 下谷本町 0 0 0 0 0 1 0 6
32 たちばな台1〜2 0 0 0 0 0 0 0 6
33 柿の木台 1 0 0 1 0 0 1 5
34 あざみ野南1〜4 0 0 1 0 0 0 1 4
35 松風台 0 1 1 0 0 0 0 1 4
36 みたけ台 0 0 0 0 1 0 0 4
37 さつきが丘 0 1 0 0 0 0 0 3
38 若草台 0 1 1 1 1 0 0 0 2 3
39 上谷本町 0 0 0 0 0 0 0 2
40 黒須田 1 0 0 0 0 0 0 2
41 みすずが丘 0 0 1 0 0 0 0 2
42 もみの木台 0 0 0 1 0 0 0 2
43 寺家町 0 0 0 0 0 0 0 1
44 成合町 0 0 0 0 0 0 0 0
45 緑山 0 0 0 0 0 0 0 0
合計 2 21 26 131 3 30 1 16 1 14 0 4 85 698

▲このページの先頭へ戻る
青葉区内の治安状況


振り込め詐欺を見抜くワード!

オレオレ詐欺
 「俺だけど」(その後息子や孫の名前で返事をするとその名前を名乗ります)
 その後、「会社の書類が入ったカバンをなくした」「株、投資で失敗した」「不倫相手を妊娠させて慰謝料を請求されている」等の金銭の援助を求めてきます。
還付金詐欺
 区役所の保険課(その他官公庁を名乗る場合もあります)
 その後、「医療費の戻りがあります。銀行ATМで受け取りの手続きができます。」等と説明し、ATМの前で電話を架けさせ他人の口座に現金を振り込ませます。
架空請求詐欺
 自宅などでパソコンを操作中(スマートフォンの場合もあります)や携帯電話のメールに身に覚えのない請求(実在する企業の名前を使います)
 その後、「ウイルスに感染しました。画面に記載の電話番号に電話してください。」等と表示され、そのまま電話を架けるとコンビニ等で電子マネーを購入するように指示されます。
 また、メールに記載されている電話番号に連絡してしまった場合も同様の指示を受けてしまいます。

電話でお金の話が出たらそれは全部サギ! 振り込めワードに注意!

 特殊詐欺発生件数
10月分 オレオレ キャッシュカード詐欺盗 預貯金 還付金詐欺 その他 総数 被害金額
青葉区内 3件 0件 1件 3件 0件 7件 約1,000万円
年間合計 21件 2件 2件 36件 0件 61件 約1億1,500万円
県内 77件 30件 9件 76件 10件 202件 約3億円
年間合計 621件 198件 122件 535件 81件 1,557件 約30億円
(暫定値)

特殊詐欺撲滅の2本柱

こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!
「急にお金が必要!用意して!」
「キャッシュカードを預かります。」
「ATМで医療費を還付します。」
留守番電話設定のお願い!
「犯人は留守番電話を嫌います。」
「常に留守番電話設定を!」
「留守番電話が作動する前に取らないで。」
「迷惑電話防止機能付機器の購入検討を!」


今月のテーマ 「訪問販売」について

悪質業者による訪問販売
 ご自宅に訪問してきた業者から
 「屋根の修理が必要です」「無料点検する」
と言われ、工事や点検を依頼したところ、点検中に故意に壊されたり、多額の修理費用を請求されるといったトラブルが発生しています。

特徴
 事前の連絡がなく、突然自宅に訪問してくる
 「無料点検」と説明してくる
 工事をしないとすぐに屋根が崩れるなどと、必要以上に危険だと言って不安を煽る
 見積時など最初のうちは安い金額を提示するが、後に高額の工事が必要だと勧誘する
といったものがあります。

これらの対策として
 突然訪問してきた業者に安易に点検させない
 点検時に修理と勧められても、その場では契約せず、信用できる人に相談する
 複数の業者から見積りを取るようにする
 断っても立ち去らない場合は、警察に通報する
などの対応をするようにしてください。

 悪質業者からの被害に遭わないために、不審な業者が訪問してきたら、しっかり断るようにしましょう。
 また、工事終了後であっても訪問販売などはクーリング・オフできる場合もありますので、消費生活センターなどに相談しましょう。


今月の犯罪被害に遭わないためのポイント

 先月に引き続き、自転車盗の被害が多発しています。
 被害に遭っている自転車は、ほとんどが無施錠で駐輪中に盗まれています。
 短時間自転車から離れる場合でも、確実な施錠を行ってください。

 一人ひとりが防犯意識を高めることが重要です。


みんなで不審者から子どもを守りましょう!

 青葉区内において「子どもが不審者に声を掛けられたり、下半身を見せられる事案」が発生しています。
 特に小学生・中学生を狙った犯行が増加傾向にあるので、お子さんやお孫さんを誘拐や性犯罪等から守るため「お・お・だ・こ」ポリスの4つのお約束を教えてあげてください。
 また、お子さんたちには防犯ブザーやホイッスル等を携帯させ、有事の際に活用できるよう使用方法等を練習しておきましょう!

おおだこポリス 4つのおやくそく
お お だ こ
おうちのひとに
いってきます!
おともだちと
あそぼうね!
だまされて
ついていかない!
こわくなったら
おおごえで!

▲このページの先頭へ戻る

年末年始特別警戒


 令和4年12月15日木曜日から令和5年1月3日火曜日までの20日間、「年末年始特別警戒」を実施します。
 この時期は、深夜商業施設をねらった強盗事件のほか、侵入盗等の各種犯罪が発生するおそれがあります。
 県警察では、これら犯罪の予防や警戒活動を強力に推進するため、「年末年始を安全に」をスローガンに掲げ、防犯ボランティア団体の皆様等と連携し、年末年始特別警戒を実施します。
 一人一人が高い防犯意識を持ち、犯罪の被害に遭わないように十分注意して、明るい笑顔で新年を迎えましょう。


 ◎ 特殊詐欺被害防止活動の強化

 オレオレ詐欺などの特殊詐欺は、言葉巧みにだますので、どなたでも被害に遭う危険性があります。詐欺の被害に遭わないためには、何よりも「自分だけは大丈夫」と思い込まないことです。日頃から家族間で「合言葉を決めておく」「絶対に電話でお金の話をしない」などの対策を話し合っておくことも大切です。
 また、駅やコンビニエンスストア、ATMで慌てた様子で電話をしているご高齢の方を見かけましたら、お声掛けと警察への通報をお願いします。

被害に遭わないための対策
 必要以上の現金は自宅に保管せず、自宅に現金があることを他人に教えない。
 電話で暗証番号のことを聞かれても絶対に教えない。
 家族で合言葉を決めておく。
 犯人からの電話に出ないための対策をとる。
 固定電話は、常時、留守番電話に設定し、犯人からの電話に出ないことが被害防止に効果的です。
 呼出音が鳴る前に、相手に対し、「この電話は特殊詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容を自動録音します。」などと告げる迷惑電話防止機能を有する機器を設置すると、犯人が録音されることを嫌うので効果的です。
 迷惑電話防止機能を有する機器については、市町村が無償貸出や購入費の補助を実施している場合があります。お住まいの市町村に確認してください。
防犯機能付電話を使いましょう

「STOP!ATMでの携帯電話!」運動、推進中!
 還付金詐欺が急増しています。役所の職員をかたり
 「医療費の払戻しがあります。」「税金の還付があります。」
などと言い、無人ATMに誘導して、操作させ、他人の口座に預貯金を振り込ませる還付金詐欺が発生しています。
 「医療費や保険料は、ATMでは戻りません!」

 県警察では、還付金詐欺の被害防止対策として、
 「ATMでの携帯電話の通話はしない、させない」
取組を推進しています。
 もし、高齢の方が携帯電話で通話しながらATMを操作していたら、還付金詐欺を疑い、お声掛けと警察への通報をお願いします。
ストップ、ATMでの携帯電話

▲このページの先頭へ戻る


深夜商業施設に対する警戒活動の強化

 年末年始は、コンビニエンスストアや飲食店等の深夜商業施設をねらった強盗事件の発生が懸念されます。
 特に、コンビニエンスストア等の深夜商業施設は、深夜に一人で勤務している店舗がねらわれる傾向にあります。
 店舗責任者は、従業員に対し、店舗内外を警戒して不審者の早期発見に努めるなど、「自主防犯」を心掛け、被害に遭わないように指導してください。
 また、防犯カメラは、撮影範囲に死角がないように複数台設置するほか、もしもの時に画像が確認できるよう取扱いに習熟しておきましょう。さらに、防犯カメラの設置を明示することで防犯効果が高まります。
防犯カメラの設置

コンビニエンスストア等の深夜商業施設の皆様へ
 従業員の安全を守るためにも、深夜時間帯は原則複数人による勤務にしましょう。
 強盗を企んでいる者に「顔を見られた」という印象を与えるため、来店客に対しては、必ず顔を見て接客しましょう。
 非常通報装置の操作要領や110番通報要領について習熟するため、防犯訓練を積極的に行いましょう。
 不審者をいち早く発見するため、駐車場等店舗周辺の防犯カメラや照明設備を整備しましょう。
 自動釣り銭機付きレジの導入を検討しましょう。
 レジ内の現金は少額にしましょう。

▲このページの先頭へ戻る


 ◎ 子供と女性の犯罪被害防止

 年末年始は、冬休みの子供たちをねらった声掛け事案や、深夜に一人で帰宅する女性をねらった性犯罪等の発生が懸念されます。
 犯罪の被害に遭わないためにも、地域で子供の安全を見守るとともに、一人一人が警戒心を持って、被害に遭わないように注意しましょう。

子供たちを犯罪被害から守るために
 子供に、自分自身の身を守るための防犯標語「おおだこポリス4つのおやくそく」を教えてあげてください。
 「こども警察手帳」を活用して、子供の自主防犯意識を高めてあげてください。
 「こども警察手帳」は、県警ホームページからダウンロードできますので、是非ご活用ください。
二次元バーコード こどもけいさつてちょう
 通学路等に防犯カメラを設置することで、地域の防犯力が高まります。子供たちが安心して通える通学路をつくりましょう。
 県警察では、防犯設備に関して高い知識を有する民間の方と連携して、防犯カメラ設置に関する相談や防犯診断等の防犯上のアドバイスを行っています。希望される方は、お近くの警察署生活安全課までお問い合わせください。

おおだこポリス 4つのおやくそく

 
お お

おうちの人にいってきます!

おおだこポリス 

おともだちとあそぼうね!

おおだこポリス
だ こ

 だまされてついていかない!

おおだこポリス

こわくなったら大声で!

おおだこポリス 

 

性犯罪等の被害に遭わないために
 夜間は、遠回りでも、明るく人通りの多い道を利用しましょう。
 イヤホンで音楽を聴いたり、携帯電話を使いながら歩くと、周囲への警戒心が薄れるのでやめましょう。
 夜間帯の一人歩きはできるだけ避けましょう。
 万が一の場合に備え、防犯ブザーなどの防犯機器を身に付けましょう。
 エレベーター等の密室では、乗る前に周囲に不審者がいないか確認しましょう。  もし、知らない人と二人きりになったら、壁を背にして、いつでも非常ボタンが押せる位置に立ちましょう。
 家に入る時には、周囲に見知らぬ人がいないか確認しましょう。

「ピーガルくん子ども安全メール」のご登録を
 子供や女性に対する犯罪等の発生情報をメール配信しています。
 登録は二次元コードから登録いただくか、県警察ホームページ
(https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesd5010.htm)
をご覧ください。
ピーガルくん子ども安全メール二次元コード


▲このページの先頭へ戻る


 ◎ 侵入盗の被害防止活動の強化

 年末年始は、帰省やお出掛け等で自宅を空ける機会が多くなります。
 また、戸建住宅やアパート、マンション等の集合住宅で、家人が在宅していても侵入盗の被害に遭うケースがあります。日頃から「自分の財産は自分で守る。」といった防犯意識を高め、侵入盗の被害に遭わないようにしましょう。

   ○ 侵入犯罪防止のポイント




 ゴミ出し等、少しの外出でも必ず戸締りをしましょう。
戸締りの徹底
 浴室やトイレの高窓等の戸締りを確認しましょう。
 上階のベランダや小窓であっても、カギは必ず掛けましょう。
 外出前や就寝前に、もう一度戸締りを確認する癖をつけましょう

   ○ 具体的な対策
 フェンスをメッシュタイプにして周囲からの見通しを確保しましょう。
 植木の刈り込みをこまめに行い不審者が身を隠す場所をなくしましょう。






 センサーの検知範囲に人が入ると照明が点灯するセンサーライトを設置し、暗がりを解消しましょう。
侵入犯罪被害防止
 防犯カメラを設置しましょう。
 犬を飼ったり建物の周囲に防犯砂利(歩くと大きな音が出る特殊な砂利)を敷きつめるなど、不審者が容易に建物に近づけないようにすることも有効です。
 建物の周囲に侵入の足場となるような物(ゴミ箱、脚立等)を置かないようにしましょう。

   ○ 玄関・勝手口は
 カギや扉の破壊が困難なものと交換しましょう。
 既存のガラスに防犯ガラスフィルムを貼付し、防犯性能を高めましょう。
 留守であることが悟られないよう、郵便受けには新聞や郵便物を溜めないようにしましょう。

   ○ 窓・サッシは
 ガラスの破壊が困難なもの(防犯合わせガラス)を使用しましょう。
 既存のガラスに防犯ガラスフィルムを貼付し、防犯性能を高めましょう。
 腰高窓等には面格子を設置しましょう。
 クレセント錠のほか、補助錠を取り付けましょう。
 ※ 補助錠は、サッシの上下に設置すると効果的です
 窓用防犯ブザー(窓ガラスを破壊しようとすると、その振動で警戒音が鳴る。)を設置しましょう

▲このページの先頭へ戻る



マイナンバー、こんな電話は要注意
 なりすましにご用心 ●あなたのマイナンバーが漏れています!

●マイナンバーを貸してください!

●マイナンバーの手続きをしてください!
と言って
お金、キャッシュカード、暗証番号、口座番号、家族構成などの話がでたら、

要注意!!


 ご自宅や職場などにマイナンバー制度に便乗したと思われる電話、メール、手紙、訪問等があった際には、
マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178
平日 午前9時30分から午後10時まで
土日祝日(年末年始を除く) 午前9時30分から午後5時30分まで

または、最寄りの警察にご相談ください。


▲このページの先頭へ戻る

自転車盗多発中!


  あなたの大切な自転車を盗難から防ぐための4か条





 短時間でも鍵を掛ける習慣をつけましょう!
 U字ロック、ワイヤー錠など2重のロックをしましょう!
 防犯登録をしましょう!
 自宅やマンションの駐車場でも必ず鍵を掛けましょう!

自転車盗被害防止

  防犯登録の促進

   自転車には「防犯登録」をすることが法律で義務付けられています。
 万が一、盗難の被害に遭っても、防犯登録の番号から所有者が判明し、返還される可能性が高くなるので、必ず防犯登録をしましょう。また、登録の控えは必ず保管しておきましょう。

▲このページの先頭へ戻る

空き巣被害防止

 空き巣ねらいを防ぐためにチェックしましょう


 
 チェック1

 戸、ドア、窓に2つ以上鍵をつけていますか?

 泥棒の約7割は開錠に5分以上かかると侵入をあきらめ、10分以上ならほぼ全員が退散します。
戸・ドアや窓には、主錠だけでなく、補助錠も取りつけましょう。
錠前などの建物部品は防犯性能が高い「CPマーク」があるものが安全・安心です。

2つ以上の鍵をかけましょう

家の周りには物を置かないようにしましょう 
 チェック2

 
家の周りに自転車などを置いていませんか?

 泥棒は身近にあるものを足場にして上階の窓からも侵入します。
自転車のほか、ポリバケツ、物入れ、古新聞・雑誌の束など家の周囲に置かないこと。
雨どいやひさしの設置状況、立ち木の配置などにも注意しましょう。

 
 チェック3

 ゴミ出しのとき、戸締りをしていますか?

 ゴミ出しついでに立ち話、子供の幼稚園の送迎バス待ちなども危険な時間です。
ちょっとの留守でも油断せず、必ず施錠しましょう。
また、浴室やトイレの窓などは施錠を忘れがち。確認を習慣づけることが大切です。

ゴミ出しのときも戸締りを

夜には明かりを
 チェック4

 
帰宅が夜になるとき、明かりをつけて出かけますか?

 夜、室内に明かりがついていないのは留守宅のしるし。空き巣ねらいの格好の標的です。
昼にカーテンを閉めている家、雨が降っても洗濯物を取り込まない家も危険。
長期不在のときは新聞の配達を一時休止し、お隣・ご近所にも一声かけて目配りをお願いしましょう。


 
 チェック5

 留守をするとき、置き鍵をしていませんか?

 郵便受けの中や植木鉢の下は合鍵の隠し場所として、泥棒にとっては常識中の常識です。
合い鍵は家族一人ひとりが持ち、それぞれがしっかり管理するのが原則です。
どうしても置き鍵をする場合は、家族にしか絶対わからない場所に隠しましょう。

置き鍵はしない


▲このページの先頭へ戻る
 

   ボランティアサポート活動の推進

 安全で安心して暮らせる地域社会の実現には、地域住民、企業、行政、警察等が連携した地域安全活動が不可欠です。
 地域住民等の皆様による地域安全活動の活性化は、人々の間に連帯感が根付くなど、地域コミュニティの絆の強化につながり、犯罪の起きにくいまち、交通事故のないまちの実現になくてはならないものです。
 神奈川県警では、地域に根ざした活動を行っているボランティアの皆さんのニーズに合った支援を展開し、官民連携した地域安全活動を推進することにより、安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指しています。


 地域住民の方々で、「ボランティア活動をやってみたい」「効果的な活動を教えてほしい」など、ボランティア活動に関する要望やお問い合わせは、ボランティアサポートダイヤル 045-662-5511までお寄せください。
 受付時間は平日の午前8時30分から午後5時15分までです。
ボランティアサポート活動

▲このページの先頭へ戻る

▲青葉警察署トップページへ
▲防犯関係のページへ
▲神奈川県警トップページへ