神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ



信号は守りましょう 秋の全国交通安全運動


目的

 すべての県民を交通事故から守るために、県民一人一人が交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて交通事故防止の徹底を図ります。

期間

 令和3年9月21日火曜日から9月30日木曜日までの10日間
 交通事故死ゼロを目指す日 9月30日木曜日

スローガン

 「安全は 心と時間の ゆとりから」
 「高齢者 模範を示そう 交通マナー」



子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

   横断歩道等を横断する際は手を上げるなど、運転者に対して横断する意思を明確に伝えましょう。
   歩行者も「信号を守る」、「横断歩道を渡る」、「斜め横断をしない」などの交通ルールを守るほか、横断前には左右を確認するなど正しく安全な道路の横断を実践しましょう。
   高齢運転者は、自身の身体機能の変化や運転技量を認識して、ゆとりある運転に努めましょう。
   運転に不安がある高齢運転者やそのご家族等は、運転免許センターや各警察署の安全運転相談窓口を活用するなど、運転免許の自主返納についても検討しましょう。
   運転者は、横断歩道では歩行者等の有無を確認するため手前で減速し、歩行者等がいる場合には確実に一時停止しましょう。

横断歩道でも安全に渡りましょう


夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上

   夕暮れ時は、人身交通事故が多発する傾向にありますので、スピードを控え、安全確認を確実に行うなど、心にゆとりを持った運転に努めましょう。
   夜間外出時は、反射材を身に付けるほか、明るい色の服装を心掛けましょう。
   運転者は、ヘッドライトの早めの点灯を心掛けるとともに、対向車や先行車がいない場合などは、ハイビームを効果的に活用し危険の早期発見に努めましょう。

夜間は反射材を身に付けましょう


自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底

   「自転車も のれば車の なかまいり」です。「信号を守る」、「一時停止を確実に行う」などの交通ルールを守り、交通マナーを実践しましょう。
   自転車に乗るときは大人もヘルメットを着用しましょう。また、幼児用座席に子供を乗車させる際は確実にシートベルトを装着し、安全に走行するため、定期的な点検整備を行いましょう。
   スマートフォン使用等の「ながら運転」も重大な交通事故の原因となるのでやめましょう。
   自転車で夜間走行する際は、前照灯を点灯するとともに、反射材を効果的に活用しましょう。
   「神奈川県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」で加入が義務付けられている自転車損害賠償責任保険等に確実に加入しましょう。

ながら運転の禁止


飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶

   地域、職場、家庭で、飲酒運転による事故の悲惨さと責任の重大さについて話し合い、飲酒運転を「しない、させない、ゆるさない」という意識を醸成しましょう。
   朝礼、研修会などあらゆる機会を活用し、飲酒運転・妨害運転等による交通事 故の実態及び悪質性・危険性の指導を徹底しましょう。
   車両を運転する人に酒類を提供すること、お酒を飲んで車を運転するおそれのある人に車を貸すこと、飲酒運転する人の車に同乗することは絶対にやめましょう。
   お酒を飲まない人を決め、その人が自動車を運転して仲間などを送り届ける「ハンドルキーパー運動」を推進しましょう。
   妨害運転(いわゆる「あおり運転」)は犯罪です。運転者は、互いに妨害運転をしない、させない「思いやりとゆずり合い」の気持ちを持った運転を心掛けましょう。

あおり運転は犯罪です


二輪車の交通事故防止

   交差点通過時は、減速して対向の右折車両等に注意するとともに、交差点以外の場所でも、危険が生じた場合に安全に回避できるように、ゆとりある運転に努めましょう。
   悪天候時は二輪車の利用を控えましょう。
   万が一のときに備え、ヘルメットの正しい着用はもちろん、プロテクターやエアバッグジャケットを着用しましょう。
   四輪の運転者も、二輪車は車体が小さいことから実際よりも「遠くを走行している、速度が遅く感じる」といった特性に配意した運転を心掛けましょう。

対抗右折に注意



▲青葉警察署トップページへ
▲交通のページへ
▲神奈川県警トップページへ