The Isehara Police Station
 伊勢原警察署
トップページ サイトマップ ダウンロード 各種統計
トップページ抑止対策
安全・安心まちづくり
 
 伊勢原警察署管内の令和3年「刑法犯認知件数」は296件(前年比−90件)で減少しています。
 各種対策や警戒の強化、各種団体との連携により、治安回復への兆しが見えているものの、市民の皆さんが感じる、体感治安に関してはまだまだ回復していないとのご意見も頂いていることから、伊勢原警察署では、刑法犯認知件数を減少させていくことはもとより、体感治安の回復も目指し、3つの抑止対策に取組んでまいります。

安全・安心まちづくり
3つの抑止対策
特殊詐欺抑止対策
工事場ねらい抑止対策
子ども・女性を対象とした犯罪抑止対策

特殊詐欺抑止対策
 伊勢原警察署管内において令和3年中に発生した特殊詐欺事件は9件で、約1,478万円の被害が発生し、昨年より発生件数及び被害額ともに減少しました。
 警察おいても、様々な角度から手口傾向を分析し、抑止対策に取組んでいきます。
前兆電話など入電時における早期な広報活動
制服警察官の金融機関に対する立ち寄り警戒
騙されたふり作戦における、各種連携
自治会等における防犯教室などの開催
伊勢原市役所との連携
「くらし安全メール」の配信
振り込め詐欺のページはこちら
特殊詐欺抑止対策

工事場ねらい抑止対策
 伊勢原警察署管内において令和3年中に発生した工事場ねらい事件は22件(前年比+4件)で、昨年より発生件数が増加している状況となっているため、抑止対策に取組んでいきます。
曜日、時間帯を重点とした警戒
制服警察官による警戒活動の強化
発生場所やその周辺における検問の実施
幹線道路、市境付近の警戒
発生多発地区における防犯診断の実施
事件発生時間帯における徹底した職務質問と所持品検査
ボランティア、自治会などへの的確な情報提供
「くらし安全メール」の配信
工事場ねらい抑止対策

子ども・女性を対象とした犯罪抑止対策
 伊勢原警察署管内において令和3年中に発生した子ども・女性を対象とした犯罪等は、昨年より増加しています。
 子どもや女性を対象とする性犯罪等は、一たび発生すれば、被害者等の心身に深い傷を残し、地域住民に著しい不安感を生じさせ、社会全体に大きな衝撃を与えるものであります。
 こうした性犯罪等の前兆とみられる声かけ、つきまとい等の事案が発生した場合に行為者を特定し、重大な結果になる前の段階で、検挙、警告等の措置を講ずる先制・予防的な警察活動を強化し、抑止対策に取組んでいきます。
情報の収集及び分析
制服警察官による警戒活動の強化
発生多発地区における防犯診断の実施
前兆事案に対する的確な措置対策
事件発生時間帯における徹底した職務質問と所持品検査
他機関と連携した情報の収集
 
伊勢原警察署サイトマップへ
伊勢原警察署トップページへ戻る