小田原警察署ホームページ
  警務課会計課生活安全課地域課刑事課交通課警備課
トップページ
トピックス
小田原警察署の沿革
アクセス
各種手続き
警察署案内
交番・駐在所
警察署協議会
検挙情報
サイトマップ
 トップページ交通課

マーク 小田原警察署 交通課

 高齢ドライバーの皆さんへ
 令和4年5月13日から、高齢運転者の免許更新の制度が変更となりました。
令和4年5月13日から、認知機能検査と高齢者講習の内容の変更及び手数料の改定が行われます。また、有効期間満了日に満75歳以上で、一定の違反行為がある方は運転技能検査の受検が必要になります。

【免許更新の流れ】
免許更新の流れ

一定の違反行為とは。1、信号無視。2、通行区分違反。3、通行帯違反等。4、速度超過。5、横断等禁止違反。6、踏切不停止等・遮断踏切立入。7、交差点右左折方法違反等。8、交差点安全進行義務違反等。9、横断歩行者等妨害等。10、安全運転義務違反。11、携帯電話使用等。


【手数料】
手数料 料金表


【運転技能検査について】

有効期間満了時点の年齢が75歳以上で、普通免許等を保有し、過去3年以内に対象となる一定の違反行為がある方は、運転免許証の更新の際に、運転技能検査の受検が必要です。

・検査内容
 普通自動車を運転し、次の課題を行います。
 1.指示速度による走行
 2.一時停止
 3.右折・左折
 4.信号通過
 5.段差乗り上げ

<注意事項>
 1.免許証の有効期間満了が令和4年11月14日以降の方が対象となります。
 2.運転技能検査に合格しないと免許証の更新ができません。
 3.運転免許証の有効期間満了日までであれば、何度でも受験可能です。
 4.二輪・原付・小特・大特免許のみをお持ちの方は、運転技能検査の対象になりません。


・検査場所

 運転免許センター

【新認知機能検査について】
75歳以上の方は、運転免許証の更新の際に、認知機能検査の受検が必要です。

・検査内容
 1.手がかり再生、時間の見当識の2項目です。(※時間描画はなくなります)
 2.認知機能検査により、「認知症のおそれあり」または「認知症のおそれなし」と判定されます。
※医師の診断書等を提出した場合は、認知機能検査が免除される場合があります。

・検査場所
 運転免許センターまたは県内自動車教習所


【新高齢者講習について】
70歳以上の方は、運転免許証の更新の際に、高齢者講習の受講が必要です。

・講習内容
 1.座学、運転適性検査による指導、実車指導を含めた2時間の講習です。
 2.二輪・原付・小特・大特免許のみを保有している方、または運転技能検査を受検する方は、実車による指導がないため、1時間の講習になります。

・受講時間
 2時間・・・70歳以上で普通車が運転できる免許(普通免許等)をお持ちの方(運転技能検査の対象ではない方)
 1時間・・・70歳以上で普通免許等をお持ちでない方(二輪・原付・小特・大特のみ)(75歳以上で運転技能検査対象の方)

・検査場所
 運転免許センターまたは県内自動車教習所


 ※詳しくは、神奈川県警察本部のホームページを参照ください。


歩行者・自転車の夜の交通安全
「反射材をつけましょう!」


 【夜、歩いて出かけるとき】
○玄関を出る前に反射材を着用する。
○車の運転者に反射材が光ってよく見えるように渡る前に体を動かす。
○反射材をつけていても、左右から車が近づいてきているときや曲がってくる車がいるときは、やり過ごす。

 【夜、自転車を利用するとき】
○暗くなり始めたら、早めにライトを点灯する。
○自転車の側面に反射材をつける。

イラスト 反射材の効果 イラスト 反射材の着用


【夜間における車両の運転手から確認できる距離】
黒い服 30メートル
白い服 50メートル
反射材を着用 100メートル

【反射材の種類】
キーホルダー 自転車用
反射材キーホルダー

かばんなどに取り付けます。
反射材自転車用

空気栓に取り付けるキャップです。
リストバンド シール
反射材リストバンド

腕に巻きつけることができます。
反射材シール

かばんや持ち物に貼ります。
反射材の着用は体の前後だけでなく側面にも!
○反射材をつける位置が路面に近いと、車のライトに照らし出されやすく、着用効果がアップします!


画像 白バイ隊員
このページのトップへ
交通課のトップページへ
  〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪350番地の1 電話 0465(32)0110
Copyright©2014 Odawara Police Station All rights reserved.