リンクアイコン:目次ページへ こちらは、三崎警察署です!
 三崎警察署トップページ
 神奈川県警トップページ
    
リリポちゃん KIDS MISAKI POLICE
聞いてみよう!No6
 三崎警察署には、みんなが見たことがないような『なんだろう?』と思うものは何かありますか。
教えちゃいます!
 はい!実は1億円の絵画(え)が飾ってありますよ・・。とお話したら窃盗団(ドロボー)に狙われそうですが、警察署には全くひみつのものはありませんね。あっ、ちょっと待ってください。みなさんがおそらく一度も見たことがないし、見る機会(きかい)もないのではと思う??ものならひとつありますよ。

みなさんこんにちは!
カメラに向かって3人で”パチリ”!
今回『見る機会がない機械?』
案内してくれるのは
毎日、警察署の窓口で活躍するF職員と
県警マスコットの
ピーガルくんとリリポちゃんです。


三崎署にはときどき、
正面玄関横に大根があります!
これは三浦市交通安全協会と協力して
交通事故をなくす根絶(こんぜつ)と
三浦市特産の大根をかけて
交通事故「大根絶」といういみで
運転免許証の更新(こうしん)などで
来署された方々に自由に
お持ちいただいています!

ここは、警察署の1階にある
交通課の窓口です。
自動車やオートバイの
運転免許証(うんてんめんきょしょう)の
更新手続き(こうしんてつづき)や
講習(こうしゅう)、お祭りとか道路工事などで
道路使用の許可を申請(しんせい)
したりする方など
毎日いろいろな人たちが来るんですよ。

ピーガルくん:
あっこれ!なんですか?

あわてんぼうのピーガルくんは
早速なにやらみどりいろの機械(きかい)を
見つけてのぞいていますね。



リリポちゃん:
ねーねー、中に何があるの?
ピーガルくん!はやくわたしにも見せて・・。

んっ??これなーに?オセロみたいな?

ロボットの顔のようにもみえますねー。

中をのぞくと・・。
あら、不思議な空間が。宇宙船のような感じも。
あれれれ・・
よくみると奥の方になにやらかん字?が。
上下左右とよめるような文字がみえます!
なんだこりゃ???


ジャーン!
みなさん!わかりましたか。こたえは、
視力測定器(しりょくそくていき)でしたあ!
アルファベットのCの文字みたいなのを見て
開いている方向をこたえる方法で
目の視力(しりょく)をはかるんです。
 もし、裸眼(らがん)で見えないときは
メガネやコンタクトレンズをしてもいいんですよ。

さきほどのCの文字みたいなのは
ランドルト環といいます。
19〜20世紀にフランスの眼科医だった
ランドルト氏が考案したそうです。
最近では、「オートレフラクトメーター」という
のぞくと気球が見えて機械がピントを合わせ
目の角膜の屈折度を自動的に測定して
近視、遠視、乱視などの度数が
すぐにわかる機械もあるそうです。

みなさん、この写真の中に今回、
紹介したい「??」なものがありますが
どこにあるかわかりますか?






ああー、あー・・・!
みなさんわたしたちが答えをおしえますね!



左側のカウンターの所にある機械が
『なぞのきかい』でーす!

F職員が指さしている黒っぽい機械です。
飛びそうな気もしますが・・。

機械(きかい)には、
こんな「ボタンスイッチ」がありますよ。


ピーガルくんとリリポちゃんがいて
全体がよくわかりませんが・・。
真ん中にはかりのてんびん
のようなものも見えますね!

下からみるとこんな感じです・・。
わりと大きな感じもする機械ですね。





何やらF職員さんが右手で
ふたつのボタンスイッチを操作していますね。

ピーガルくんとリリポちゃんが
左右にわかれたのがヒントです。
 さてこの機械は
いったい何につかうのでしょうか?

んっ!んっ!
何やら赤色と青色ふたつのスイッチと
左手では黒色のつまみを
回しているようですよ。

リリポちゃん:
みなさーん!
この手元のスイッチ操作と
黒色のつまみ部分が円盤(えんばん)になって
操作しているのが大ヒントでーす。

ピーガル君とリリポちゃん:
わたしたちの重さをはかる体重計??

H署員も登場!
そんなわけないでしょ。




F職員:
2つめのヒントです!
この機械はこうやってつかうんですよ。

ピーガル君とリリポちゃん:
ははーん、わかりました!
けいさつかんだから・・。
目ぢからを測る機械ですか?
悪いことを見破るするどい目つきとか。

H署員:
ちがいますよ。
こうやってつかうんですよ
片方の目をかくしていますね!
なんのためでしょう?
ピーガルくん:
ハーイ?わかりましたよ!
うーんと・・
右から左へボールが転がってきて
目でみて速さをはかる
動体視力(どうたいしりょく)
測定器(そくていき)でしょ。

F職員:
ちがいまーす
このメーターみたいなものも
ヒントのひとつですよ。

クルクルまわるわけではありません。






H署員:
どう?ピーガルくんも試してみる?

ピーガルくん:
なんだろう?とおくまで見えないし・・。
あれっ?なんか真ん中に色のついた
ボールみたいなのがみえるんだけど。



F職員:
じゃあ正解をおしえますね。
じつはこの機械は
「視野測定器」(しやそくていき)といいます。
目のみえる範囲(はんい)を測定するんですよ。
どちらかの目がびょうきやケガで
視力を失っても片方の目の視力が
規定以上あって150度以上視野が
みえていれば運転できるので
その検査をする機械なんですよ。

上の写真の
みどり色とあか色のボタンを押して、
さっきピーガルくんが
機械の真ん中で見つけた
ボールみたいなものをみてもらうの。
そしてこの円盤みたいなものにみえる
角度(かくど)が表示されていて
確認(かくにん)ができます。
みえる範囲のことを視野(しや)というんですよ。

検査を受ける方に、
真ん中のグレーの色のところにあごをのせて
前を見てもらいます。
つぎに、たて、よこの棒の先についている
丸い形のきいろやしろ、あか、みどりの
色のボールが右側方向や左側方向にう
ごいていくのをみてもらい
あかい色のボタンスイッチを押してもらいます。

ピーガル君とリリポちゃん:
くるまのうんてんをするには
くるまの大きさや種類ごとに
免許証の検査の基準(けんさのきじゅん)
があるんですよ。
からだの不調が原因で交通事故が
おこらないように法律できちんと
きめられているんです。
その基準はうんてんめんきょを
取得(しゅとく)するときや更新(こうしん)
手続きのときなど日本全国どこに行っても
おなじなんですよ。

検査を受ける方の方向から
機械をみるとこんな感じです。










みなさんにご紹介した機械ですが、
じつは、ほとんどつかわれることはありません。
三崎警察署にあるこの機械の製造年月日は、
昭和63年ですので西暦では1988年製です。





F職員:
けいさつしょでは、免許の窓口で
受付や検査をしたりするしごと
をしていますので
毎日たくさんの方々にお会いしています。
もし免許証の更新でお父さんやお母さんたちと
いっしょに来たときはホームページみたよーと
声をかけてくださいね!
ピーガルくんとリリポちゃんたちと
たのしみにしています!

聞いてみよう!No5
 県警のマスコットピーガルくんとリリポちゃんの2人が『おおだこ?』につかまり行方不明になったらしい??との・・噂(うわさ)を聞きました。何か大事件!?がかくされているのではないかと・・。
教えちゃいます!
 その事件のことですか・・捜査上のひみつなので一切お話できません。(捜査幹部談)でも・・ちょっとお待ちください!『おおだこ』のことなら・・署長だったらなにか知っているかも?。三浦市は三崎のマグロでも有名なんですが、ピーガルくんとリリポちゃんを知っていただくいい機会ですので特別に、おはなしちゃいますかね!署長のわたくしが現場レポートしまーす。

カメラに向かってハイ!ポーズ
左側がピーガルくん、右側がリリポちゃんです。
2人とも、とっても仲良しで
イベントがあるときは
いつも一緒に活躍することが多いですよ。
けんかはしたことがありません。
そんな2人がまさかの大事件に・・。
謎(なぞ)解きキーワードは、
『おおだこぽりす』?

ある日の午後1時30分
交通・防犯イベントに登場!
ピーガルくん元気に活躍する姿が・・
 よい子のみなさん。
おじいちゃん、おばあちゃんに悪い人からの
電話でだまされないように
いつもおうちの電話は、
【留守番電話】
にして「電話に出ないようにしてね」
ってつたえてくださいね。

午後1時50分
ピーガルくんとリリポちゃん
なかよく並んでお仕事中です。
 んっ?何やら・・
うしろから二人を見つめる
あやしい視線(しせん)が!!。

午後2時00分
通りかかる子供たちに
「気をつけてね」と手を振るピーガルくんが、
たくさんの子供たちにも
目撃(もくげき)されていた・・。

午後2時5分
その頃リリポちゃんは
一人遠くを見つめて・・警戒中。
「どうしたの?リリポちゃん」
何やら気配を感じている様子。
事件の影(かげ)を
敏感にキャッチしたのか!!
このあと緊急事態(きんきゅうじたい)が
起きるとは・・誰も知らない。

午後2時20分
何事もなかったかのような二人のうしろ姿に
予兆は感じられない。
何も気づかずにいるのでした・・。
ジャジャーン。
ふたたび背後から二人をつけ狙う
あやしい気配(けはい)が!


午後2時30分
リリポちゃんは、
ふたたび『何者か』の気配を感じ周囲を
キョロキョロ・・。
リリポちゃんに危機が迫る!
だ、だ、だれだろう「私たち」を
誰かがつけ狙って いるわ。










午後2時40分
だだだ誰なの・・?
やっぱりなんだか視線を感じるわ。

レポーターむねひろのつぶやき
だれですか。背中のラインを見ている人は。
絶対にそんなもの
??があるわけありません・・。
【ワンポイントのおべんきょう】
日本ではよくファスナー、ジッパー、チャックと
呼ばれたりするものがありますが
英語ではサイドファスナー(Side Fastener)と
いわれますが・・。
私たちは妖精が変身しているので
これらとは一切関係はありません。
よい子のみなさんは
気にせずつぎにすすんでね!

午後2時45分
リリポちゃん気のせいだよ・・。
ピーガルくんはのんきです。
ほら、後ろには誰もいないよ。安心して。
わるい人がきたらぼくが
「エイ」と捕まえて退治するから安心してね。

 うーん(リリポちゃん)
(おおだことエイで混乱するリリポちゃんです)

午後2時50分
ふっふっふっふ・・。
不気味な笑みを浮かべる
『何者』かの存在に、
のんきなピーガルくんは気づくことなく

レポーターのつぶやき
んっ?背中の黒い点はなんだろう?
事件のにおいがするぞ!
あやしい、何かあるはずだ!

午後3時10分
イベント終了で
ひと気がなくなった〇〇駅前。
【突然、しらない人から声をかけられた】
ピーガルくん、リリポちゃん、
あなたたちのひみつを暴くため
つけていたんですよ・・。

突然現れたあやしい男にびっくり!
な、な、なんですか。
私たち「なにもありませんよ」と笑顔で神対応。
この直後・・
二人はスタスタスタといずれかに
姿を消したのでした・・。謎は深まる・・。

午後3時15分
ジャーン!!
ピーガルくん、リリポちゃんが
おまわりさんに変身・・。
いや違います。
わたしたちほんものの
〇〇駅前の交番勤務員でなんですよ。
あれ?
女性警察官寝ているようにみえますか?
気のせいです・・。
たたかうこうばん女子に
気を抜くひまはありません!
ねっ、K巡査部長?

そ、そ、そうだな・・。
いちおうアップで撮られそうだから
おめめを大きくあけて!パシャ!
午後3時20分
目撃者Aの証言
たいへんです。おまわりさん!
ピーガルくんとリリポちゃんが
時速100キロメールで走って
どこかに行ってし まいました。
現場から車も走り去りま した・・・。

午後3時21分
それはたいへんだ。
現場に急行するぞ!それっ・・。
おっと
T巡査交番を不在にするときの
『不在表示板』忘れるなよ。
(ふざいひょうじばん)
K部長!大丈夫でーす。


現場レポータのつぶやき
これが「不在表示板」かあ。
日本語と英語で書かれているんだね。
事件、事故など緊急時には110番!
相談などは「内線電話番号」にかけるんだね。
受話器を取るだけで電話が直接警察署に
つながる交番もあるよ。
おまわりさんが交番に不在(ふざい)でも
安心してください。

午後3時22分
気をつけて!これは大事件かもしれ んからな!
K巡査部長
はい!わかりました
うん?今の人なんだか署長に似てるけどなー?
人違い?・・。



午後3時25分
三崎警察署指令室
各勤務員に緊急の一斉指令!
ピーガルくんとリリポちゃんが
いなくなったもよう!
現場からの報告で誘拐又は
失踪事件のおそれもある至急捜索活動を
開始せよー。

午後3時26分
某指令担当係長
三崎警察署全員で捜索に当たられたい・・。
と真剣に指令。
えっ、笑っているように見えますか。
あははっ。それは、本気の顔をしていたら
本当に怖いですから!でも安心してください。
履いてます・・じゃなかった
ほんとに私優しいんですよ。

午後3時27分
緊急指令 傍受了解。
それ出動!

午後3時28分
全車・・
緊急出動!

午後3時27分
捜査員も緊急出動!それっ

午後3時30分
三崎捜査〇号
あと3分で現場到着どうぞ

午後3時35分
ピーガルくんとリリポちゃんがいなくなった
現場付近で懸命に聞き込み捜査をする
女性警察官の姿が。

午後3時45分
二人を見かけた方は通報を!
ビラを配りながら必死の捜索活動はつづく・・。

午後4時15分
なぜか交通課長も現場に臨場!(りんじょう)
県下けん銃射撃大会(しゃげきたいかい)
個人男子の部第3位の腕前を持つ
佐々木交通課長登場!!
PS:詳しくは当署ホームページ
【新着情報の更新】コーナー6月18日を
クリックしてみてくださいね。






午後4時30分
緊迫する現場!
無線指令・・
現場保存開始せよ。

午後4時35分
鑑識班到着。
ベテランK鑑識班長も登場!
ムム・・これは大事件に違いない。
刑事魂が燃えるなあ。

午後4時50分
わたくし、正真正銘
ほんもののK鑑識班長です!
捜査員AからK鑑識班長へ
「班長もう残り時間がありませんよー!」
【班員】班長、執務時間は
5時15分までですので・・
ボクは家に帰りますよ。
昨夜も徹夜でしたし・・
K鑑識班長
「何をいってるんだ。事件が解決するまでは
おれは現場を離れないぞー」
熱血!現場第一!

午後5時0分
K鑑識班長
鑑識プロフェッショナルとしての
血がさわぐなあ!
「どんな難事件でも証拠を探し出して
解決(かいけつ)するぞー。」
【驚くK班長】
「ありゃりゃ」写真に写る姿は・・まさか!






午後5時12分
【ヤッホー】
 突然出てきたピーガルくんとリリポちゃん!
 「あはっごめんなさーい」

【K鑑識班長】
こらこら。ふたりともいなくなって
三崎署は大騒ぎだったんだよー。
どこに行ってたの?
事件に遭ってないかい?

午後5時13分
【I女性捜査官】
あらっ、ふたりともしょんぼりしてるわね!
わたしがやさしく抱っこしてあげますから
ちゃんといなくなった理由をお話してね。
【ピーガルくんとリリポちゃん】
三浦市は海がきれいだから
お散歩(さんぽ)したくなっちゃったの!
それで・・。「誰にもないしょでおでかけしたの」

しばらくして・・。
トコトコ海まで歩いていたら
知らない車の人が止まって
「海まで送ってあげるよ」って。
ふたりなら大丈夫かなって
その車に乗って行っちゃたの・・。
心配かけちゃって本当にごめんなさ−い!
【署長】
ダメダメ!
ふたりとも
おおだこポリスの4つのおやくそく
わすれちゃったの。

しんせつそうに声をかけてくる悪い人も
たくさんいるんだからね。
絶対に知らない人についていかないようにね。
スマホやパソコンで
「おおだこぽりす かながわけんけい」
と検索(けんさく)するとユーチューブなどで
動画も見れるから、
もう一度おやくそくをしっかり覚えてね。




動画にはこんなふうに
プロレス選手のみなさんから
よい子のみんなへの
心やさしいメッセージ動画もあるよ!
ぜひみてみて!






午後5時15分
ふたりともようやく三崎警察署に
戻ってきました。
いつもなかよく県内外で
いろんな活動で活躍しています!
みなさんこれからも
応援よろしくお願いしまーす!!
K鑑識班長
無事でなにより・・。
執務時間中に解決してよかったなー。
ほっ!一件落着!

聞いてみよう!No4
 No1に続き警察の『裏側』をもっと知りたいのですが。今まで誰にも見せたことのないとっておきの秘密の裏話を教えてください。
教えちゃいます!
 裏話ですか!悩みますね・・。それでは、せっかく三崎警察署のホームページを見て頂いたので、たぶんテレビの警察24時みたいな番組でもぜったいバラしていないとっておきの裏側?話をしちゃいますね。
 それでは私たちがお答えしますね。
こんにちは!署長のむねひろと副署長のおさないです。
 こんにちは!署長のむねひろと副署長のおさないです。私たちの制服写真をじっと目を凝らして見てみてください。胸にある階級章以外に見慣れないバッチがついているのですがわかりますか。
 余談ですが、署の正面玄関にあるミニミニ白バイ小さくてかわいいでしょ。それから・・署長がものすごく小さく見える方は、ホームページの上部、警務課の下にある「長のひとこと」コーナーをクリックしてぜひ写真と記事を見てみてください。となりにいるA巡査部長は、なんと身長193センチメートル・・署長の私は何センチメートルでしょう?!。じつは、誕生時は923グラムの超未熟児でした。
ピーガル君とリリポちゃん
 ピーガル君とリリポちゃんです!私たちの服には何もついてないの。制服着てみたいな!
警察官の階級章と識別章
 ではアップで見てみましょう。写真の右側が警察官の階級を示す階級章(かいきゅうしょう)と識別章(しきべつしょう)というものです。
 識別章というのはなまえを書いた名札の代わりに制服の警察官一人一人が誰なのかを区別をするために各個人に個別の番号が割り当てられているのです。
 差し込むプレートは、裏表になっています。表側はどこに所属しているかアルファベットで表記されていてその後に個人番号がかいてあります。
 左側についているのが『ひみつのもの』です。街で見かけるおまわりさんにはついていません。銀色のバッチですが『副署長章』といって神奈川県警察の警察署で勤務する副署長だとわかります。
署長章と識別章
 これは署長です!胸の「署長章」と識別章の違いがわかりますか。
署長章
 アップの写真です。『署長章』は色が金色です。神奈川県警察では「署長章」、「副署長章」と呼んでいますが、実は、各都道府県警察ごとデザインが異なります。また名称も異なります。県によっては、所属長記章と呼んで、警察署だけではなく警察本部で勤務する部長、課長等(ドラマで出てくる捜査一課とか)も記章があったりします。
 パソコンやスマートフォンで「警察官 所属長 徽章 記章」等と検索すると宮城県警察や千葉県警察には神奈川県警察にはない警察署次長記章交番所長記章等というのがあるのがわかります。このほかには、警察庁長官等から授与される警察勲功章、警察功労章、警察功績章などの記章もあります。ちなみに私も30年以上勤務していますがこれら記章を目にすることはめったにありません。
署長記章裏側 その1
 これはなんだと思いますか?「ひみつ」の裏側です・・
署長記章裏側 その2
 実はこれは先ほどの「署長章」の裏側です。制服を傷つけないように細いピンバッチになっています。このピン型のほかにネジ2本で締めるタイプもありますが太さがあり制服につける手間もあるためこの形が多いです。
 それから、この制服は夏用の制服シャツなのですが、生地の合わせや縫込みが丈夫に縫製されているのがわかりますか。とてもていねいに作られていますね。私たちも制服はみなさんからいつも見られていますのできれいにして大事に着ています。
階級章裏側 その1
 これは何か?といいますと階級章の裏側です。みなさんが着ている普通の服にはついていませんよ。
階級章 その2
 タネあかしです。めくってみたら・・・わかりましたか。そう階級章、識別章をとめているネジの部分です。昔は階級章をネジとめする部分が短くなっていましたが、識別章のプレートもつけるようになってから長さが工夫され長くなったので確実に簡単に装着できるようになりました。
署長と副署長
 あらためて署長と副署長です。みなさんに顔を覚えてもらえるように感染対策のためつけていたマスクを息をとめ一瞬だけとって屋外で撮影しました。
 どちらが署長で、どちらが副署長かもうわかるようになりましたか・・。あれ??誰ですか身長でわかるなんて言ってるひとは!(笑)

聞いてみよう!No3
 パトカーは、なんで白黒なんですか。サイレンを鳴らして走れば速度は何キロ出しても構わないのですか。1台の値段はいくら位ですか。自分の車をパトカーのように塗装して走ってもいいですか。
教えちゃいます!
 みなさん小さいころからパトカーのおもちゃで遊んだりして好きなのりもののひとつではないですか。けいさつしょでは、毎日365日24時間パトロールをしているので街中でパトカーを見かけることも多いと思います。
 それではまず、パトカーの歴史(れきし)もお教えしましょうね。明治時代にスタートした近代警察制度ですが、戦後間もない1948年(昭和23年)ころまで「国家地方警察」(こっかちほうけいさつ)と各自治体(じちたい)ごとに組織された「自治体警察」(じちたいけいさつ)という2つの組織に分かれていました。
 当時は未舗装(みほそう)の道路も多く、戦後の物資不足もあり、払下げのジープ型の車を白色に塗装して使ったりしていました。その後、1954年(昭29年)に現在のような国の行政組織である警察庁(けいさつちょう)と各都道府県警察に統一され全国での運用が始まりました。
 都道府県ごとに警察組織があるのでパトカーに〇〇県警察と書いてあるので下の三崎警察署のパトカーの写真を見てみてくださいね。それと警察庁と警視庁、検察庁とか似たような言葉は聞いたことがあると思いますがむずかしくなるのでくわしいことは別の機会にお話ししますね。
 白黒の塗装のパトカーについては最初に首都東京を守る警視庁(けいしちょう)で採用されて1955年(昭和30年)に全国でこの塗色(としょく)のデザインに統一されました。 神奈川県(かながわけん)でも昭和25年に日産のダットサンのパトカーが試作され数台が採用されました。その時はまだ車体(しゃたい)の色は白色や車の一部が黒色など統一されていませんでしたが、このころから白黒パトカーが登場します。通称パンダカラーと言われる配色の決定には諸説あるようですが、アメリカを始め、諸外国の警察のパトカーの色も参考にされ検討されたようですが、市民の方から警察の車だとすぐに分かるようにする必要があったことや塗装色としてすぐに手に入れやすい塗料で修理の際などに便利であったこと、ほこりや泥だらけの道路を走って汚れても下部が黒色だと目立たないからなどの理由からだったようです。ちなみに日本ではパトロールカー(パトカー略してPC)といいますが、外国ではポリスカーと呼ばれることが多いです。
 次に、パトカーの速度制限ですが、サイレンを鳴らして赤色灯をつけて走る『緊急自動車』となりますので進路を他の車に譲ってもらい優先して走行することはできますが、無制限に速度を出してよいというわけではありません。道路交通法という法律では一般の道路は80キロメートル、高速道路は100キロメートルに制限されています。ただし、スピード違反を取り締まる白バイやパトカーはこの制限が除外されています。あれ?それではやっぱり無制限なのと思うかもしれませんね。
 実は街の中にはたくさんの人や車が通行していますし、信号機のある交差点もあります。その中を高速で走れば事故の危険性が高まります。映画やドラマではカーチェイスが醍醐味(だいごみ)ですが、みなさんからみても安全に走行してもらえるような運転を心がけているのです。
 三崎警察署の管内でも警察署のパトカーだけではなく『交通機動隊』や『自動車警ら隊』のパトカー等も活躍しています。高速道路でも専門的な訓練をした『高速道路交通警察隊』の警察官が高い運転技術で安全を優先して取締りをしています。
 3つめの質問パトカーの値段ですが、全国の都道府県警察のパトカーの多くは、警察庁が一括して年度ごとに調達(ちょうたつ)して配分(はいぶん)しています。そのため、数百台から千台位いっぺんに車両メーカーから購入するので1台当たりの購入費用は安くなります。年度ごとに調達するメーカーや台数がことなったりしますので「パトカーは〇〇万円」といえないのですが大体300〜350万円位前後はします。パトカーには無線機や赤色灯、いろいろな表示装置も装備しますので納品されるまでいろいろなメーカーの方々の協力を得ています。おうちで各社のディーラー(はんばいてん)から車を買うときとはずいぶん違いますね。
 最後の質問ですが、もし、趣味で大好きだからとパトカーと見間違えるような車にしたら・・法律違反になります。警視庁とか〇〇県警と表示したり、点灯しない赤色灯やサイレンを取り付けることもできません。
 警察車両と紛らわしいデザインだと軽犯罪法や道路運送車両法などいろいろな違反になりかねません。映画やドラマの撮影で使うレプリカ車両が『劇中車』(げきちゅうしゃ)といってそのまま公道を走行できないのでカバーで赤色灯の部分を覆ったり〇〇県警と書かれたロゴが見えないように隠したり、外したりしているのです。

三ア警察署のパトカー「三崎2号」です!

後姿「POLICE」が目立つでしょ!

赤色灯の後ろに屋根に
無線のアンテナがあります。






屋根に三崎2号と分かるように
「三2」と大きく書かれています。
県警航空隊のヘリコプターと
連携して活動する時に役に立ちます!
ブーメラン型の赤色灯は
前後左右斜めなどどんな方向からも
視認性(しにんせい)がよく
目立つよう設計されています。

パトカーの左側面です。
左折時に助手席でも安全確認ができるよう
ドアミラーの所に小型ミラーがついています。
助手席に座る警察官も
オペレーターと言って運転する者と同じように
「声を出して安全確認」をして事故を防ぎます。

これはパトカーの右側面です。
神奈川県警察とPOLICEの文字
が目立ちますね!



フロントに「三崎2」と表示しているので
三崎署と所属がすぐに分かります。
署の略称と番号でどこのパトカーか
一目でわかります
他にはNOで500等だけだと
高速道路交通警察隊だと分かるんですよ!
赤色灯は事故処理などのときは
後方からも目立つよう上方にせりあがります




運転席です!
地図や位置を知らせるカーロケーター、
無線機、拡声器のマイク、サイレンなど
いろいろな装置があります。
サイレンも連続音や
吹鳴サイクルを選択できます。
助手席側の足元にも
サイレンのスイッチがついていて
交差点を通過したり、必要な時に
「ウー」と鳴らしたりできます。
サイレンや無線機などはオペレーターが
操作します。

今日もこれからパトロールに出発します!
登下校の見守り活動の時などに、
たくさんのお友達が手を振ってくれたり
「敬礼」してくれたりするとおまわりさんたちも
『がんばるぞー』と元気がでます。
これからもよろしくね!

聞いてみよう!No2
 交通事故があったときに事故現場にかけつける事故処理車(じこしょりしゃ)ってどんな車ですか。三崎警察署には何台くらいありますか。
教えちゃいます!
 みなさん交通事故にあわないようにじゅうぶん注意してくださいね。それでは交通課員の私たちが説明しますね。

それでは交通課員の私たちが説明しますね。

これは、正面から見た事故処理車です。
なかなかカッコイイでしょ!

後ろ側はこんな形で街中で
よく見かけることがあると思います

『事故』とか『検問中』のサインを
表示することができます。

これら表示を行う操作盤の状況です。
車内だけでなく外から操作することができるようになっています。

車内はきちんと整理されていて事故現場で使う資機材を積んだり、
関係者から事情を聴けるようイスもあります。

これは運転席のようすです。
緊急自動車(きんきゅうじどうしゃ)として走るときのサイレンや拡声器(かくせいき)のマイクがあるのがわかりますか。そのほか市販の車にはないものとしてアイドリング(エンジンの回転)を上げる装置がついています。
これは、停止中にライトや表示機器を使ったりして電気をいっぱい消費するのでバッテリー(でんきをためるでんち)が上がってしまうのを防ぐためのものです。

 事故処理車は主に人身事故(じんしんじこ)といって人がケガをする事故があったときに交通事件捜査(こうつうじけんそうさ)で活躍する車です。事故処理とは、いろいろな方向から事故現場の写真をとったり、車の壊れぐあいや道路に残されたスリップ痕やタイヤの跡から事故を起こした車がどのくらいのスピードでどの方向から来てぶつかったかなど事故の原因や運転していた人の過失(かしつ)を調べたり、事故の様子をくわしく記録(きろく)していくのです。事故は夜間も起こります。だから暗い中でも道路を明るく照らして鑑識作業を手助けする装置もついています。
写真でわかると思いますが屋根の上のドーム型のライトがそうです。
三浦市民の安全を願って今日も交通事故防止に奮闘しています!
ちなみに、三崎警察署は他の警察署に比べて事故が少ないので事故処理車は1台です。

聞いてみよう!No1
 新聞やテレビでインタビューに答える時などによくみかける広報活動(こうほうかつどう)用のバックボードの大きさや裏側はどうなっているの?誰かが支えているとか・・。
教えちゃいます!
 英語では「Interview Backdrops」ということが多く、一般的にはインタビュボードなどともよばれるおなじみのボードですが広告やPRに欠かせないアイテムになりました。

しょちょうとふくしょちょうで試し撮り

ボードの裏側 つくったのは、ふくしょちょうです
 三崎警察署(みさきけいさつしょ)では、厚さ5ミリほどの発泡樹脂(はっぽうじゅし)製のボードにピーガル君、リリポちゃんや防犯協会(ぼうはんきょうかい)のマスコット「うみうのうっぺ」が印刷されたパネルをつかっています。大きさは、たて2.4メートル、よこ3メートルです。(各企業や官公庁等でもそれぞれ規格が異なります。)じつは3月までこのバックボードは、段ボールで支える構造(こうぞう)になっていましたが、強風でたおれたりするので、副署長(ふくしょちょう)が交通課で使っていた屋外看板(かんばん)の廃材(はいざい)を再利用して3分割(ぶんかつ)できるようにしてボードの下にコロコロうごくキャスターまで取り付けてくれました。おかげでいままで移動させることがむずかしかったボードも会議室など利用する場所にスムーズに設置(せっち)できるようになりました。きれいな表側とは対照的(たいしょうてき)に木の枠(わく)だらけで印象がずいぶんちがいますね。今後は、布製(ぬのせい)のものも作り、あわせて活用する予定です。布製だと板壁のようなボードではないので軽いうえに小さくたたむことができ警察署以外の場所や屋外でも持ち運びに便利で設置も簡単(かんたん)なので活躍する場がますます増えそうです。報道(ほうどう)の映像(えいぞう)で見たら『裏側の秘密知ってるよ』とおともだちに自慢してください。それとぜひ三崎警察署を応援してくださいね!



このページのトップにもどる



▲三崎警察署トップページ
▲神奈川県警トップページへ