リンクアイコン:目次ページ こちらは、三崎警察署です!
 三崎警察署トップページ
 神奈川県警のトップページ
 トピックスの一覧へ戻る


トピックス

○大規模災害の発生を想定した交通規制訓練の実施について

 災害時には、人命救助等のため、一般車両の通行が禁止又は制限される道路があります。三浦市内では、国道134号線が緊急交通路の指定想定路となっています。この路線が緊急交通路に指定された場合は、路線の要所である引橋交差点と三浦海岸交差点に検問所を開設し、災害対策に携わる車両に「確認標章」を交付します。
 三崎警察署では、10月31日、大規模災害に備え、この確認標章の交付が円滑にできるよう、引橋交差点で「交通検問所開設訓練」を実施しました。また、三崎警察署前交差点で、停電時でも信号機を作動させることができるよう、発動発電機を使って、信号機を操作する「信号機滅灯対策訓練」を実施しました。


交通検問所開設訓練

信号機滅灯対策訓練

▲三崎警察署のトップページへ
▲神奈川県警トップページへ