神奈川県栄警察署 電話番号045-894-0110
警察署案内のページへ各種手続きのページへトピックスのページへ犯罪抑止のページへ交番のページへ交通安全のページへ危機管理・災害対策のページへ統計のページへ
トップページ > 危機管理・災害対策 > 緊急交通路

緊急交通路

 

緊急交通路とは!

 緊急交通路は、災害対策基本法第76条第1項に基づき、災害応急対策の的確かつ円滑な実施のために、一般車両の通行の禁止・制限を交通管理者(公安委員会)が路線と区間を指定して実施するものです。
 通行可能車両は、
  緊急自動車(警察・消防等の緊急車両)
  災害応急対策を実施する 車両(標章と証明書が必要)
となります。
 災害応急対策とは、避難の勧告・指示・救難・救助、応急復旧、犯罪予防、緊急輸送の確保等を行うことで、標章と証明書は発災後に設置される検問場所で交付します。
 緊急交通路の指定が想定される道路は、別図のとおりです。
通行可能車両は、パトカー・消防車・救急車で、救急車で、応急復旧、緊急輸送を担当する車両です。


 

大地震が発生したとき!

  

〇 急ハンドル、急ブレーキを避けるなど、できるだけ安全な方法により、道路の左側に停止すること!
〇 停止後は、カーラジオ等により。地震情報や交通情報を聞き、その情報や周囲の状況に応じて行動すること。
○ 引き続き車を運転するときは、道路の損壊、信号機の作動停止、道路上の障害物等に十分注意すること!
〇 車を置いて非難するときは、できるだけ道路外の場所に移動しておくこと。
  やむを得ず道路上に置いて非難するときは、道路の左側に寄せて駐車し、エンジンを止め、エンジンキーは付けたままとするか、運転席などの車内の分かりやすい場所に置いておくこととし、窓は閉め、ドアロックをしないこと。


◎ 緊急交通路の放置駐車車両は、緊急交通路確保のため、必要に応じて道路管理者が重機等で排除措置を執る場合が考えられます。
パトカー        災害時に交通規制をする警察官
 
大規模災害時に緊急交通路の指定が想定される栄区内の道路

この地図の全部又は一部を複製することを禁じます

 県内の緊急交通路はこちらから確認できます。  →  神奈川県警察ホームページへ
神奈川県警察本部 / 警察署一覧