神奈川県栄警察署 電話番号045-894-0110
警察署案内のページへ各種手続きのページへトピックスのページへ犯罪抑止のページへ交番のページへ交通安全のページへ危機管理・災害対策のページへ統計のページへ
トップページ > 交通安全 > 交通安全マップ

交通安全マップ

 平成30年1月1日から平成30年12月31日までの人身交通事故発生箇所です。
○印が事故発生箇所
栄区内交通事故発生個所マップ
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
 平成30年1月1日から平成30年12月31日までの間、栄警察署管内では、235件の人身交通事故が発生しました。
 特徴は、高齢者の関係する事故が86件(36.6%)、二輪車の関係する事故が76件(32.3%)、自転車の関係する事故が49件(20.9%)、子供の関係する事故が27件(11.5%)であり、高齢者の関係する事故が多く発生しています。
青木神社入口から笠間交差点
青木神社入口から笠間交差点

 通学路に指定されていますが、路側帯が狭く交通量が比較的多い道路です。
 写真は警察官を先頭として、小学生が路側帯を一列で登校している様子です。
 歩行者は、道路の右端を一列で通行しましょう。
 自転車は、道路の左端を通行しましょう。
 車は、歩行者や自転車に注意して速度を落として通行しましょう。
地球市民プラザ前交差点
地球市民プラザ前交差点

 歩行者、自転車、車の交通が頻繁な交差点で、歩車分離式信号機が設置されています。
 歩行者は、斜め横断せずに横断歩道を渡りましょう。
 歩道を通行する自転車は、歩行者用信号機に従い、車道を通行する自転車は、車と同じ信号機に従って通行しましょう。
栄区役所前横断歩道
栄区役所前横断歩道

 信号機のない横断歩道で、横断歩行者も、車や自転車の交通量も比較的多い道路です。
 歩道に自転車通行可の標識がないので、自転車は、車道の左側を走りましょう。
 自転車も車も、横断歩行者がいる場合は、歩行者優先。
 歩行者を渡らせてから通過しましょう。
このページのトップへ
神奈川県警察本部 / 警察署一覧