ようこそ、港北警察署ホームページへ
〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町680番地1    代表電話 045(546)0110 神奈川県警察ホームページへ神奈川県警察警察署一覧へ

港北区・港北署の沿革
警察署案内
交番案内
港北署NEWS
港北区の犯罪情報
港北区の交通事故
交通窓口のご案内
落し物・拾い物のご案内
港北警察署協議会
サイトマップ
手口2 架空料金請求詐欺 その請求支払う必要ありますか
 郵便、インターネット等を利用して、有料サイトの料金が未払いであるなど架空の事実を口実とした料金を請求する文書等を送付するなどして、現金を騙し取る詐欺です。
主な手口
◇WEBサービス会社を騙り、「会員登録の未納料金が発生しています。本日中に連絡がない場合は法的手続きに移行します。」等の内容のメールが届き、電話をするとコンビニで電子マネーを購入するように指示され被害に遭うもの。
◆通販サイトを騙り、支払い分の不足がある等のメールが届き、メールに記載されたカスタマーセンターに電話をすると、不足分をプリペイドカードで支払うよう指示され被害に遭うもの。
◆アダルトサイトの利用料や登録料としてお金を請求するメールが届き、被害に遭うもの。

こんな時は!!

メールやはがきに記載の連絡先には絶対に連絡をしないこと!
連絡をすることで言葉巧みに騙されてしまうばかりか、ご自身の電話番号やメールアドレス等の個人情報を相手に知らせてしまうことになりますので、身に覚えのないメールやはがきには絶対に連絡せず、無視してください!
また、裁判所からの支払い督促を葉書で通知することや、未納料金の請求をメールで行うことはありません。

なお、アダルトサイト等の有料サイトを利用した時は約款や利用明細を確認し納得できる金額を支払いましょう。
☆★メールアドレスの変更や受信拒否設定をしておくと安心です。
急増中の手口
【見本】
消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせのはがき
法務省や地方裁判所を装ったこのようなはがきや封書が急増しています!
このようなはがきや封書が届いた際は、慌てることなく、
★記載されている電話番号には絶対に連絡しない
★無視して破棄する
を守ってください!!
連絡をすると、言葉巧みに「訴訟取り下げ費用」や「弁護士紹介費用」などと称して金銭を騙し取られてしまいます。
はがきや封書は1回だけではなく複数回届いたり、見出しの文言や電話番号等が変わったものが届く場合もありますが、【見分けるポイント】を参考に架空請求を見破り被害を防ぎましょう。

このようなはがきはすべて詐欺です!
見分けるポイント
本当の訴訟に関するお知らせは、はがきでは来ません!
こんな大事なお知らせがはがき1枚で届くこと自体がおかしいとは思いませんか?裏面に保護シールが貼られて届く場合もありますが、はがきや普通の封書のように郵便受けに投げ込まれることはありません。
抽象的な表現は電話をさせるための誘いです!
「債務不履行」や「差し押え」、「強制的に執行」など、おどろおどろしい言葉が並んでいますが、よく読んでみると、いつ、どこの会社と結んだ何の契約が理由で訴状が提出されたのかという明確な内容が何一つありません。つまり、抽象的な表現であたかも不利益を被るように印象付けているに過ぎないのです。言葉に惑わされないようにしてください。

   前ページに戻る

先頭に戻る