神奈川県警察ホームページへ神奈川県警察署一覧へ

犯罪の発生認知状況(令和4年中)  数値は暫定値です。単位:件
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
刑法犯認知件数 60 58 49 61 75
特殊詐欺 1 4 4 4 6
車上狙い 2 3 3 0 6
万引き 15 11 9 15 16
自転車盗 9 5 7 5 11
オートバイ盗 1 4 2 1 2

特殊詐欺の発生認知状況(令和4年5月末現在の暫定値) 戸塚警察署管内 神奈川県内
令和4年発生件数 19件 643件
(前年対比) -8件 +173件
令和4年被害総額 約2,737万円 約12億7,197万円
(前年対比) −約1,055万円 +約4億6,016万円

注意してください
還付金詐欺
区役所の職員を名乗って「医療費の返金があります。」「還付金手続きのためATMに行ってください。」等と電話をかけてきて、ATMを操作させて現金を振り込ませます。医療費・保険料等の還付でATMを操作させることはありません。
キャッシュカードや現金を騙し取る詐欺
犯人は、親族・金融機関の職員・警察官・デパートの店員等を名乗って「会社のお金を使いこんでしまった。」「あなたのカードが不正に利用されている。」「詐欺の犯人グループを捕まえたら、あなたの銀行口座が出てきた。」「手続きのために暗証番号を教えてほしい。」等と言って電話をかけてきて、その後自宅まで現金やカードを受け取りに来ます。キャッシュカードを受け取る際には、キャッシュカードを封筒に入れさせたり、はさみで切り込みを入れる手口もあるので、注意してください。
電子マネーを購入、コンビニ決済・収納代行を悪用した詐欺
パソコンやスマートフォン等を操作中に「ウイルスに感染しました。」「会員登録しました。」等の表示が出たり、ショートメール等で有料サイトの未納料金の支払い等の名目で請求してきます。特に相手から電子マネーカードやコンビエンスストアのマルチメディア端末を利用した電子マネーを購入するよう指示があった際は、すぐに警察や家族等に相談してください。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う詐欺
電話やメール等で「新型コロナウイルスのワクチン接種には予約金が必要です。」「ワクチン接種の手続きのため、家族構成等を教えてください。」「コロナウイルスの関係で助成金がでます。」等と電話をかけて来て、キャッシュカードを受け取りに来たり、ATMの操作を指示してきます。国や自治体がワクチン接種についてお金を請求したり、個人情報を聞き出すことはありません。


ここをクリックすると防犯アドバイスのページへジャンプします
                                           
戸塚区内の特殊詐欺被害発生情報(令和4年5月分)
警察が認知した日 被害の内容
令和4年5月16日  被害者宅の固定電話に、区役所職員を名乗る者から「医療費の明細書を送っているが規定が変わり、医療費が戻ることになりました。明細書と同封の手続用紙があれば銀行で手続きができるのですが、現在システム障害のためATMでの手続きをお願しています。」旨説明を受け、これを誤信した被害者は、後刻、自宅近くのコンビニエンスストアのATMにおいて、犯人の指示したとおりにATMを操作して、現金を送金してしまう事案が発生しました。
令和4年5月19日  被害者宅の固定電話に、区役所保険年金課を名乗る者から「国民健康保険料を多く支払っているので、返還手続きがあります。振込先の銀行口座と暗証番号を教えてください。
」等と言われ、これを誤信した被害者が銀行口座と暗証番号を伝えると「現在のキャッシュカードは使用できません。キャッシュカードを新しくする必要がある。これから銀行員を向かわせます。」等と言われたことから、後刻、自宅に来た銀行員を名乗る犯人にキャッシュカードを渡すと、被害者の目の前で犯人がカードを封筒にいれたが、被害者が目を離した際に別の封筒にすり替えられ、キャッシュカードを騙し取られる事案が発生しました。

生活安全課目次ページへ戻る  トップページへ戻る