鶴見警察署全景
神奈川県 鶴見警察署  特殊詐欺情報
〒230−0051  神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4−33−9  045(504)0110
          神奈川県警察ホームページへ          神奈川県警察警察署一覧へ 
トップページ >特殊詐欺情報
特殊詐欺情報
防犯対策電話録音機の貸出
 鶴見区在住で65歳以上の高齢者に防犯対策電話録音機の貸出をしています。貸出期間は1年間の予定です。

貸出の条件は以下の通りです。
・後日アンケートに答えること。
 ・設置は自身で行うこと。
・不具合や不明点はメーカーに問い合わせること。

 貸出の窓口は鶴見警察署4階生活安全課、時間帯は平日午前8時30分から午後5時15分までです。数に限りがありますのでなくなり次第貸出終了となります。
(この機器は鶴見区役所、鶴見区自治連合会、鶴見区防犯協会、鶴見区暴力団排除推進協議会の協力を得て購入したものです。)
防犯対策電話録音機の写真1 防犯対策電話録音機の写真2
鶴見警察署で貸出している実際の録音機です。 
 このページのトップ
特殊詐欺等 被害防止コールセンター
 神奈川県警察では、県民の皆様が特殊詐欺の被害にあわないために、「特殊詐欺等被害防止コールセンター」(民間の委託業者)から注意喚起を行っています。

(県警察本部ホームページへ)
このページのトップ
架空請求のハガキに要注意!!
「法務省管轄支局」をかたった詐欺の手口です!
 「法務省管轄支局」をかたったハガキが、鶴見区内で御高齢の方宛に多数届いています。
 このハガキは、詐欺グループが作成した架空請求のハガキですので、「絶対に連絡しない」「お金を払わない」でください!
 皆様の貴重な財産は、皆様のものです。
詐欺グループに渡すことのないよう、慌てずにまずは御家族や警察等に御連絡ください。
ここに書いてある電話番号には絶対に電話しないでください!!
PDFファイルファイルはこちら(53KB)
テキストファイルはこちら(1KB)
このページのトップ
「キャッシュカードを渡して」は詐欺です!!
 鶴見区内では、百貨店や家電量販店の店員を名乗って、「あなた名義のキャッシュカードが使われています。」などと伝え、その後にキャッシュカードを受け取りに自宅周辺に来て、手渡して被害に遭う手口が多発しています。警察官や銀行協会職員を名乗る手口も急増しています。
 面識のない方には、絶対に暗証番号を伝えたり、キャッシュカードを渡さず、すぐに警察に相談してください。
振り込め詐欺のイラスト
鶴見区内の特殊詐欺被害状況詳細についてはこちらのページへ
 このページのトップ
還付金詐欺にご注意を!!
 区役所の保険課等を名乗り、医療費、保険料等の還付があるから取引先の銀行を教えてほしい、還付手続きのためにATMに行ってほしい等といった内容の、還付金詐欺の前兆電話が鶴見区内でも数件認知されています。
 官公庁からこのような連絡をすることは絶対ありません。
 お金は皆さんの大切な財産です。
 もし、電話越しにお金を要求されたら、すぐ警察に相談してください。
このページのトップ
特殊詐欺被害の管内発生状況
発生日時 発生場所 状況
令和4年2月4日(金曜日)昼 平安町1丁目 被害者の自宅に区役所を騙る男から「医療費がの払い戻しがある。」等の電話があり、その後、銀行を騙る男から「払戻しの手続きをします。」等と指示されたが被害者が断ったところ、「代わりにうちの職員が手続きのために伺います。」等の説明があり、自宅を訪ねてきた男にキャッシュカード2枚・通帳2枚を交付したもの。
令和4年2月1日(火曜日)昼過ぎ 岸谷2丁目 被害者宅に甥を騙る者から架電があり、会社の金を使い込んだのでいくらでもいいから貸して欲しい旨の連絡があった。その後、自宅を訪ねてきた男にキャッシュカード3枚を交付したもの。
令和4年2月1日(火曜日)朝 東寺尾2丁目 鶴見警察署を騙る男から「あなたのキャッシュカードが不正利用されている。新しくした方がいい。」等の電話を誤信した被害者は、自宅を訪ねてきた者にキャッシュカード・通帳・現金25万円を詐取されたもの。
令和3年12月2日(木曜日)朝 向井町2丁目 被害者宅に弟を騙る者から架電があり、会社の鞄から現金150万円がなくなったので工面して欲しい旨の連絡があった。その後、自宅を訪ねてきた男に現金140万円を交付したもの。
令和3年11月30日(火曜日)昼前 北寺尾1丁目 鶴見警察署を騙る男から「詐欺グループがあなたのキャッシュカードから出金していました。グループのうち、一部の犯人を捕まえたので、出金されたお金はすべて返済します。つきましては金融庁から電話があります。」等の電話を誤信した被害者は、自宅を訪ねてきた者にキャッシュカード・通帳を詐取されたもの。
令和3年10月14日(木曜日)夕方 平安町2丁目 被害者の自宅に区役所介護保険課を騙る男から「介護保険が多く支払われているので、返金します。」等の電話があった。その後、銀行員風の男から「今日まででしたら、返金ができるのでATMに行って下さい。」等と指示されATMに向かった。その後、銀行員風の男から電話があり、ATMを指示通り操作し、返金の手続きが終了したと思い、明細を確認したところ、見ず知らずの者の口座に約10万円が振り込まれていたもの。
令和3年9月17日(金曜日)昼過ぎ 鶴見中央1丁目 被害者の自宅に息子を騙る男から「無くした物の中に重要な書類が入っていた。現金が必要だ。」と架電があったことから、被害者は170万円を用意し、自宅近所に来た男に現金を渡してしまったもの。
令和3年9月14日(火曜日)夜のはじめ頃 東寺尾東台 被害者の自宅に息子を騙る男から電話があり、交通事故の示談金として100万円を貸してくれないかと言われたことから、神奈川区所在の神社先路上に来た男に現金を渡してしまったもの。
令和3年9月8日(水曜日)昼過ぎ 下末吉3丁目 自宅固定電話に鶴見警察署の署員を名乗る男から電話があり「泥棒を2人捕まえた。あなたの住所が記載してあるメモが見つかった。」などと言われ、さらに刑事課の署員を名乗る者に代わり、「あなたの家にある現金が偽札になっている可能性があるので預かります。」等と言われた。それを信じた被害者は、自宅に来た鶴見警察署の署員を名乗る女に現金約260万円を渡してしまったもの。
令和3年8月2日(月曜日)夕方 元宮1丁目 被疑者は、架空の事件に巻き込まれていると被害者に架電し、警察官等を騙りながら信じ込ませ、被害者宅に赴き、現金20万円とキャッシュカードおよびクレジットカードを詐取したもの。
令和3年6月21日(月曜日)昼前 上末吉5丁目 区役所職員を名乗る者から「高額医療費の還付金の手続きがされていない。再手続きしてほしい。取引銀行はどこですか。」等と言われ、指定されたATMにおいて、教示された電話番号に架電し、コールセンターを名乗る者の指示通りに操作して2回にわたり現金を振り込んだもの。
令和3年6月17日(木曜日)昼過ぎ 矢向3丁目 区役所職員を名乗る男から医療費の払い戻しがあるとの電話を受け、銀行に行くように指示され、指定された口座にお金を振り込んだもの。
このページのトップ
このページのトップへ
鶴見警察署のトップページへ