鶴見警察署全景 
神奈川県 鶴見警察署 交通安全運動
〒230−0051  神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4−33−9  045(504)0110
          神奈川県警察ホームページへ          神奈川県警察警察署一覧へ
トップページ交通課目次 > 交通安全運動 
交通安全運動 
平成30年 夏の全国交通安全運動の実施について

鶴見管内において、自転車交通事故防止キャンペーン実施
 
 平成30年7月10日(火曜日)から7月20日(金曜日)までの間、夏の全国交通安全運動が実施されました。
 運動期間中には、鶴見管内の事故多発場所において、自転車の事故防止についてチラシ配布及び 夜間事故防止に役立つ反射材を配布して、交通事故防止の呼びかけを行いました。
 
7月15日(土曜日)ドン・キホーテ鶴見店前歩道上
 
7月16日(日曜日)ライフ鶴見店駐輪場
 
 
  その他にも期間中には、鶴見管内店舗、施設及び駐輪場において、ゲリラキャンペーンと名付けて、安全運動キャンペーンを実施させていただきました。
 自転車利用者に対して、正しい自転車のルールや、子供に対するヘルメット着用の重要性について教示しました。
(※13歳未満までの子どもには自転車のヘルメットを着用させなければいけません)
 
このページのトップへ 
 
 高齢者に対する体験型交通安全教育 
交通安全教育車「ゆとり号」の実施ついて
 
 夏の交通事故防止運動期間中に、管内自治会と連携して、交通安全教育車ゆとり号を体験してもらいました。ゆとり号とは、神奈川県警察本部交通総務課が運用していて、実際に体で体験してもらいながら、交通安全について意識してもらうものになります。
 
 交通安全教育車の写真1 交通安全教育車の写真2
 
 交通安全教育車の内装写真1 交通安全教育車の内装写真2
 
 交通安全教育車に積載されている装置については・・・
 
  運転シミュレータ、運転・歩行能力診断、歩行者・運転総合学習シミュレータ、自転車シミュレータ、交通安全クイズになります。
体験してみたい方がいらっしゃいましたら、お近くの警察署にご相談ください。
   
 このページのトップへ
    
  飲酒事故防止について、
平成30年夏の交通安全運動期間中に飲酒ゴーグル体験
 
  平成30年7月10日、11日、13日の3日間横浜市営バス鶴見営業所において交通安全講習を実施しました。
 安全講話の中で、飲酒運転根絶について話をさせてもらい、飲酒の疑似体験が出来る、飲酒ゴーグルを従業員の皆さんに体験してもらいました。
 
安全講話の状況 飲酒ゴーグル体験状況
   
  
 飲酒ゴーグルとは何か・・・
  飲酒ゴーグルとは、ゴーグルをかけることによって飲酒の疑似体験が出来るものです。
  飲酒をしていないのに、飲酒をした時と同じ状況になります。
  今回はゴーグルをかけた状態で、コーンを設置して、体験をしてもらいましたが、途中コーンにぶつかったり、ふらつきがあったりしたので、改めて飲酒運転の危険性を再確認してもらいました。
  
  昼間用 夜間用 
飲酒ゴーグル昼間用  飲酒ゴーグル夜間用
       
交通課の目次へ
このページのトップへ
鶴見警察署のトップページへ