鶴見警察署全景 
神奈川県 鶴見警察署 交通安全運動
〒230−0051  神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4−33−9  045(504)0110
          神奈川県警察ホームページへ          神奈川県警察警察署一覧へ
トップページ交通課目次 > 交通安全運動 
交通安全運動 
交通安全イベントの開催【新鶴祭り】
 平成30年9月23日(日曜日)、秋の全国交通安全運動に伴いに併せて、新鶴見ドライビングスクールで開催された「新鶴祭り」に参加して「交通安全イベント」を実施しました。
 運動の柱である 「子どもと高齢者の交通事故防止」を目的として、各種イベントを開催しました。天候にも恵まれて、地元の方々約2.000人が来場し、盛大に行われました。
 
●高齢者に対する交通安全教室を開催し、特に夜間帯は、反射材を着用を呼びかけました。
交通安全教室の様子
  
●地元小学生に対し自転車の乗り方指導と参加した子供たちに自転車運転免許証を交付をしました。
自転車運転免許証交付の写真
          
●スタントマンによるスケアードストレイトを実施し、車両衝突実験などを行いました。
車両衝突実験の写真 
 
●安全運転サポート車体験乗車
安全運転サポート車体験乗車中の写真 
  
●パトカー及び白バイの体験乗車
パトカー体験乗車中の写真
   
このページのトップへ 
   
第7回「高齢者交通安全大会」の開催について
 秋の全国交通安全運動に伴い、平成30年9月27日(木曜日)鶴見公会堂において、鶴見区から高齢者が関わる交通事故を撲滅するため、高齢者参加型の交通安全大会を開催しました。
 鶴見区内の交通関係各団体及び鶴見区居住の高齢者等約350人が集まり、「いつまでも元気で交通安全」をタイトルに掲げ、健康と交通安全に心がけてもらうため、高齢者代表により交通安全宣言を行い(区老人クラブ連合会)、また、区老人クラブ連合会の各サークルが舞台発表を行い、元気な歌や踊りを披露しました。
  
●鶴見警察署長あいさつ ●鶴見区老人クラブ連合会会長挨拶
 
  
●老人クラブ代表者による交通安全宣言 ●詩吟(末吉詩吟クラブ)
 
●フルート二重奏(オルタフルートアンサンブル)  ●ジャズダンス(市場第二地区老連 踊りの会)
     
●警察音楽隊による演奏演技 ●会場の様子、超満員でした。
 
   
安全横断五つの品格 覚え方「ちょっと天気が不安だな」 ちょっ 近づいてきたら渡らない! と 止まってくれるとは限らない! てん 点滅したら渡らない!きが 気がついているとは限らない! 不安だな 不安を感じたら渡らない!
交通安全宣言の内容 
私たちは、本日、「第7回鶴見区高齢者交通安全大会」を契機として、高齢者一人ひとりが交通安全意識を高めて、高齢者が交通事故にあわないように、道路を横断するときは次のことを心がけます。以上、私たちは、この「安全横断 五つの品格」を忘れず、安全な道路横断を行い、交通事故に遭わないよう努力することをここに宣言いたします。
平成30年9月27日
鶴見区老人クラブ連合会一同
  
このページのトップへ 
  
秋の全国交通安全運動期間中に飲酒運転根絶キャンペーン
★秋の全国交通安全運動期間中に、鶴見区生麦にあるキリンビール工場において、来場された方に対して、交通安全(飲酒運転根絶)キャンペーンを行いました。
 
キャンペーン内容
1警察官募集の広報と記念撮影を行いました!
 キャンペーン中の写真
  
2チラシ配布(飲酒運転根絶、ハンドルキーパー)
反射材や交通安全ポスターティッシュも配布!!
飲酒運転根絶運動中の写真 交通安全ポスター配布中の写真
  
3交通安全ポスターコンクール作品展示
優秀作品の中から、飲酒運転防止をテーマにした作品を展示!!
みんなで楽しく飲酒をした後は、
必ず、ルールを守りましょう!!
 
  
このページのトップへ 
  
 高齢者に対する体験型交通安全教育 
交通安全教育車「ゆとり号」の実施ついて
 
 夏の交通事故防止運動期間中に、管内自治会と連携して、交通安全教育車ゆとり号を体験してもらいました。ゆとり号とは、神奈川県警察本部交通総務課が運用していて、実際に体で体験してもらいながら、交通安全について意識してもらうものになります。
 
 交通安全教育車の写真1 交通安全教育車の写真2
 
 交通安全教育車の内装写真1 交通安全教育車の内装写真2
 
 交通安全教育車に積載されている装置については・・・
 
  運転シミュレータ、運転・歩行能力診断、歩行者・運転総合学習シミュレータ、自転車シミュレータ、交通安全クイズになります。
体験してみたい方がいらっしゃいましたら、お近くの警察署にご相談ください。
   
 このページのトップへ
    
  飲酒事故防止について、
平成30年夏の交通安全運動期間中に飲酒ゴーグル体験
 
  平成30年7月10日、11日、13日の3日間横浜市営バス鶴見営業所において交通安全講習を実施しました。
 安全講話の中で、飲酒運転根絶について話をさせてもらい、飲酒の疑似体験が出来る、飲酒ゴーグルを従業員の皆さんに体験してもらいました。
 
安全講話の状況 飲酒ゴーグル体験状況
   
  
 飲酒ゴーグルとは何か・・・
  飲酒ゴーグルとは、ゴーグルをかけることによって飲酒の疑似体験が出来るものです。
  飲酒をしていないのに、飲酒をした時と同じ状況になります。
  今回はゴーグルをかけた状態で、コーンを設置して、体験をしてもらいましたが、途中コーンにぶつかったり、ふらつきがあったりしたので、改めて飲酒運転の危険性を再確認してもらいました。
  
  昼間用 夜間用 
飲酒ゴーグル昼間用  飲酒ゴーグル夜間用
       
交通課の目次へ
このページのトップへ
鶴見警察署のトップページへ