鶴見警察署全景
神奈川県 鶴見警察署 生活安全課
〒230−0051  神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4−33−9  045(504)0110
          神奈川県警察ホームページへ          神奈川県警察警察署一覧へ
 
トップページ生活安全課目次 > 犯罪注意報
犯罪注意報
特殊詐欺発生状況(鶴見警察署管内)
被害件数26件 被害額53,477,120円(令和4年5月31日現在)
「オレオレ詐欺」 被害14人 32,427,000円
 息子や孫、親族等を装い、横領、痴漢等の示談金又は借金の返済等を名目として金銭等をだまし取る詐欺です。

「預貯金詐欺」 被害7人 9,868,000円
 警察官や銀行協会職員等を装い、あなたの口座が犯罪に利用され、キャッシュカードの交換手続きが必要である等の名目で、キャッシュカード等をだまし取る詐欺です。

「還付金詐欺」 被害2人 5,824,920円  
 「鶴見区役所の保険課です。医療費の還付金がありますので、通帳とキャッシュカードを持ってATMに来てください。」と誘い出し、言葉巧みにATMを操作させ被害者の口座から犯人の口座へお金を振り込ませる詐欺です。

「架空料金請求詐欺」 被害0人 0円 
 架空の事実を口実に金品を請求する電話、文書等を送付して指定した預貯金口座に現金を振り込ませる等する詐欺です。
【手口例】
(1)「○×会社の証券を購入する権利が当たったので、名義を貸して欲しい」等と連絡があり、後日○×会社を名乗る者から「名義貸しは違法で逮捕される。逮捕されないためには、正規の取引を装う必要があるので、お金を用意してほしい」と名義貸しを理由に金銭の要求がくる。警察に捕まりたくないと思い、支払ってしまうと、犯人から次々と請求がきてしまいます。
(2)「アダルトサイトの無料利用期間が経過したのに退会手続きをしていない。違約金を払わないと裁判になる」等と脅しお金を要求してくる。身に覚えのない請求は無視しましょう。

「キャッシュカード詐欺盗」 被害3人 5,357,200円
 デパートの店員等を装い、電話で不正にキャッシュカード等が使用されている話をした後、警察官や銀行員等を装った犯人が自宅に来て、「新しいキャッシュカードを用意しているので、犯罪に使われている古いキャッシュカードを回収します。」等と説明して、キャッシュカードをだまし取る犯罪です。

<最近の手口>
 電話にてキャッシュカードの暗証番号を聞き出し、その後、銀行職員等を装った犯人が自宅等に赴いて、キャッシュカードを受け取る、キャッシュカードをすり替えられ盗まれる被害が急増しています。
・キャッシュカードを受け取りに行く
・暗証番号を聞き出す
 
そのような電話があれば詐欺なので絶対にだまされないように気を付けてください。
不審に思ったら警察に通報してください。

参考ページ

 ▲県警ホームページの特殊詐欺関係のページ
 
このページのトップ
・特殊詐欺の新たな手口について
昨年末から特殊詐欺につき、「ヤクザ絡み」の手口が散見されます。
 
手口の内容としては、自宅の電話に息子を名乗る者が
  ・「大変なことをしてしまった。」
  ・「車をぶつけてしまった。」
と騙った後、語気の荒い男に代わり、
  ・「あんたの息子がうちの事務所の車に当て逃げした。」
  ・「警察に突き出されたくなければ200万円を払え。」
  ・「雰囲気で俺がどんな仕事をしているか分かるだろ。」
  ・「息子の命と金のどっちが大事か。」

と騙り、現金を要求されます。 
 
そのような電話は詐欺なので騙されないよう注意して下さい。
 
このページのトップ
・新手の架空料金請求詐欺にご注意
アマゾンギフト券番号を他人に教えないで!
 最近、利用事実のない動画閲覧サイト等の登録料や解約料請求名目で、高額のアマゾンギフト券を購入させて、そのギフト券番号を聞き出すという手口の架空請求詐欺が多発しています。
 詐欺グループは、みなさんの携帯電話に、「動画閲覧料金が未納であり、ただちにお支払いがない場合は法的措置に移行します」という内容のメールを送ってきて、これに連絡してしまうと、言葉巧みにアマゾンギフト券の購入を促してきます。
 事実のない請求には、「応じない」、「連絡しない」、「警察に相談する」等、アマゾンギフト券の購入やお金の話が出たら、詐欺と思ってください。
 日頃から、迷惑メールや非通知着信拒否設定等の防止策を施すと効果的です。
 ギフト券番号を、電話・FAX・メールで伝えるように要求されたら、詐欺業者の可能性があります。あわてて支払わずに警察・消費者ホットライン(電話番号:188)などに連絡してください。
 詳細については、こちら(PDFファイル 228KB)をクリックしてください。
 
このページのトップ
・特殊詐欺の被害防止に向けた協力のお願い
 令和元年の鶴見警察署管内における特殊詐欺(旧振り込め詐欺等)の被害状況は、被害件数98件、被害総額2億396万3,967円です。
 最近では特に、「キャッシュカード詐欺盗」が多発しています。
 
 年度末は還付金詐欺が増加する傾向にあります。

  区役所の保険課や医療課等の職員を名乗って、
  ・医療費の過払いがある
  ・お知らせのハガキを出しているが届いているか
  ・締切が過ぎているが今日なら特別に手続きができる
  ・キャッシュカードと携帯電話を持ってATMに行き、着いたら折り返し電話をください

等といったものです。

 窓口はもとより、無人ATMに携帯電話を持って操作している高齢者を見かけたときは、声かけ、警察への通報をお願いいたします。
 
このページのトップ
特殊詐欺の被害に遭わないための心構え 
● 電話でお金の話は詐欺
 電話でお金の話が出たらその時点で詐欺を疑いましょう。
 
● 必ず変更前の番号に確認
 「携帯電話が変わった」という電話があったら「十中八九詐欺犯人」と思うこと
 (携帯電話が変わっても番号は変わらずに使えます。)
 
● 本当の家族かどうか確認
 子どもや孫から電話があったら家族かどうかを「合言葉」で確認すること。
 
● 現金やキャッシュカードを預かるという電話は詐欺
 警察官や金融機関職員等が自宅まで現金やキャッシュカードを取りに行ったり、
暗証番号を聞き出すことは絶対にありません。
 また、子や孫を装った電話で「仕事で忙しいから代わりの人に取りに行かせる」といった電話には十分注意しましょう。 
 
● 「お金を返すからATMに行け」は詐欺
 「社会保険庁」「社会保険事務所」といった機関を騙ることもあります。
 (今はどちらも使われていない名称です)
 
● 留守番電話大作戦
 特殊詐欺の犯人からの電話には「留守番電話」の設定が効果的です。
 詐欺電話にも、あわてず、だまされず、落ち着いた対応ができます。
 
このページのトップ
防犯の心得
空き巣
空き巣の被害に遭わないために!
○夕方、留守にする時は室内灯をつけておく
○留守にする時は、隣り近所に声をかける
○ゴミ出し等短い時間でも戸締りをする
○1つのドアに2つの鍵を取り付ける
○窓ガラスに防犯フィルムを貼ったり、防犯ガラスにする
ひったくりの被害に遭わないために!
○明るく、人通りの多い道を選ぶ
○バッグ等車道の反対側に持つ
○自転車のカゴには防犯ネット等を使用する
○近づいてくるオートバイ等には注意を払う
○金融機関の帰りには特に注意を
○たまに振り返って警戒する
ひったくり
車上ねらい
車上ねらいの被害に遭わないために!
○車内に現金や貴重品は置かない
○車両は、目の届くところに停める
○車を離れる時は短時間でも鍵を掛ける
○カバン・パソコン・ゴルフクラブ等を置いたままにしない
4つの約束おおだこポリス
子供が被害に遭わないために!
 うちの人にいってきます!
 ともだちと遊ぼうね!
 まされてついていかない!
 わくなったら大声で!
このページのトップ
鶴見警察署少年剣道クラブ
剣道に興味のあるお子様はいらっしゃいませんか?
小学校一年生から中学校三年生まで初心者大歓迎!!
練習日:毎週月曜日・木曜日
時間: 初心者 午後5時〜6時まで
経験者 午後6時〜7時半まで
場所:鶴見警察署5階道場
問合先:鶴見警察署生活安全課少年係 045(504)0110(代表)
生活安全課の目次へ
このページのトップへ
鶴見警察署のトップページへ