神奈川県南警察署トップページ南警察署 生活安全課振り込め(オレオレ)詐欺
振り込め(オレオレ)詐欺抑止チラシを活用ください
振り込めサギの手口は日々変化しています。最新のチラシを掲載しておりますのでご活用ください。チラシには振り込め詐欺チェックシートが付いていますので、ご家庭の一般電話の近くのすぐに見える場所に貼っていただき不審な電話があった場合はチェックし、ご家族や南警察署(045-742-0110)に相談しましょう。
振り込め防止声かけの様子振り込め防止声かけの様子
還付金詐欺多発中!
(PDFファイル:1326KB)
見破れ!!オレオレ「息子は詐欺!?」
(PDFファイル:1257KB)
振り込め(オレオレ)詐欺対策を実施
窓口での被害防止への声掛けの様子
振り込め防止声かけの様子
 南警察署生活安全課では、管内金融機関と協力し、振り込め(オレオレ)詐欺被害防止への声掛けを実施しています。窓口に多額の金額を引き下ろしに来たお客様に対して、子供や孫を装った詐欺の電話が入っていないか確認し、被害に遭わないように行員がチラシを配布したり、留守番電話大作戦を呼びかけたりしています(留守番電話大作戦とは県警において、振り込め詐欺の被害を抑止するため、留守番電話機能やナンバーディスプレイが付いた電話をお持ちの高齢者家庭を中心に、常に留守番電話設定することにより、不審な電話には出ないよう注意を呼びかけている作戦です)。ナンバーディスプレイや留守番電話機能等が付いていない電話機を使用中のご家庭におきましては、これらの機能が付いた電話機への変更を検討していただくとともに、引き続き、振り込め詐欺に注意してください。
振り込め(オレオレ)詐欺被害防止キャンペーンを実施
● 平成27年12月10日、南警察署では、防犯ボランティア皆さんのご協力を得て、横浜橋商店街において振り込め詐欺被害防止キャンペーンを実施しました。
振り込め詐欺被害防止キャンペーンの様子
声掛けの様子 声掛けの様子
振り込め(オレオレ)詐欺事件を未然に防止!
 南警察署と各金融機関は振り込め詐欺の被害を防止するため連携を強化し、窓口やATM機にみえた方々に声かけを実施しています。皆様にはお手数をおかけしますが、皆様の大切なお金を犯人に取られてからでは遅いので、ご協力お願いします。

南警察署では、平成27年6月2日、振り込め詐欺を未然に防止した横浜中村橋郵便局の方に感謝状を贈呈しました。
感謝状の贈呈
感謝状贈呈式の様子
 ●平成27年5月19日横浜中村橋郵便局において業務中、高齢の男性から「孫から電話があって、弁護士にお金を払わなければならない。弁護士は孫の友人のお父さんだから大丈夫。」との申し立てに即座に振り込め詐欺の疑いを持ち、警察署に通報し振り込め詐欺を阻止しました。

南警察署では、9月19日、振り込め詐欺を未然に防止した横浜信用金庫弘明寺支店の方に感謝状を贈呈しました。
感謝状の贈呈感謝状の贈呈
感謝状贈呈式の様子感謝状贈呈式の様子
 ●平成26年9月9日横浜信用金庫弘明寺支店において業務中、高齢の女性から「孫から電話があって、使い道は分からないが100万円が必要でおろしたい。」との申し立てに即座に振り込め詐欺の疑いを持ち、警察署に通報し振り込め詐欺を阻止しました。

南警察署では、9月17日、振り込め詐欺を未然に防止した横浜銀行弘明寺支店の方に感謝状を贈呈しました。
感謝状の贈呈感謝状の贈呈
感謝状贈呈式の様子感謝状贈呈式の様子
 ●平成26年8月1日横浜銀行弘明寺支店において窓口業務に従事中、高齢の女性から「500万円下ろしたい。息子が電車でカバンを忘れてお金が必要。」との申し立てに即座に振り込め詐欺の疑いを持ち、警察署に通報し振り込め詐欺を阻止しました。
最近の南区内の振り込め詐欺の被害状況
● 平成27年4月 南区大岡の80歳女性は神奈川県庁の職員を名乗る男性から
  「何か困りごとはありませんか。被災地にソーラーパネルを送りたいので名義を貸してくれませんか。」との言葉に応じると、「名義貸しは違法です。回避するにはお金が必要です。」と言われ、500万円を郵送してしまい騙し取られてしまった。
● 平成27年5月 南区の79歳の女性は長男を装う男性から
  「会社の金を1,000万円使い込んだ。上司の奥さんが補填してくれるが全額は悪いから母さん、何とかならないか。」と電話が入り、話を信じた被害者は自宅近くに来た上司のムラカミと名乗る男性に現金1,000万円を渡してしまった。
● 平成27年6月 南区永田東80歳代の女性は大手銀行の行員を装う男から
  大手銀行の行員を装う男から「還付金を受け取ることができます。近くにあるスーパー設置のATMで手続きができるので、電話で手続き方法を説明します。携帯の番号を教えてください。」と言われ、話を信用した被害者がATMに到着すると携帯に電話があり、言われたとおり手続きを進めたところ、還付金の受け取りではなく、自己の通帳から99万円を振替送金しており騙し取られてしまった。
 いずれの被害者も「オレオレ詐欺」という言葉は知っていましたが、“自分は騙されない”との思い込みから、地域の防犯座談会等に参加したことはなく、「オレオレ詐欺」の手口も知りませんでした。
 多くの被害者が金融機関職員の「声掛け」にも応じず、貯金や預金を引き出して被害にあっています。
 「カバン・小切手・通帳等を落とした」、「女性を妊娠させてしまった」という電話はオレオレ(振り込め)詐欺の典型的な特徴です。思い込みは危険です。電話でのお金の要求は詐欺と見抜いてください。
 息子や孫のみなさん!高齢者が騙されない様に日ごろから連絡を取り合い、合言葉等を決めておきましょう。
あなたはサギを見破る自信がありますか?
高齢者を狙う「振り込めサギ」の被害が後を絶ちません!
還付金サギが急増しています!
市町村や社会保険事務所、税務署等を名乗り、
 「医療費や税金の還付がある」
と言葉巧みにあなたをATM機に誘導し、現金を騙し取ります。
「甘い言葉には裏がある」ATM機を操作する前に、必ず複数の人に相談してください!
現金を直接取りに来る“サギ”も…
息子や孫を名乗って、
 「電車やバス等にカバンを置き忘れた」
 「小切手が入っていた」
 「誰にも言わないでお金を用意して」
 「会社の人が取りに行く」

と言葉巧みにあなたの財産を騙し取ります。

「電話でお金の話はサギ」必ず複数の人に相談してください!
「私は大丈夫」その過信が一番の「落とし穴」
被害者のみなさんは
「オレオレ詐欺については知っていた」と手口について認識はあるものの、「まさか、自分が被害者になるとは思わなかった」、「いざ身内のこととなると冷静になれなかった」と話しています。「電話番号が変わった」、「代わりの者にお金を渡して」という電話は“詐欺”です!!
お金を用立てる前に、警察に相談!兄弟に相談!銀行の窓口で相談!息子や孫に確認!
不審な電話がかかってきたら、必ず家族や身近な人、警察に相談しましょう!!
南警察署 生活安全課(目次)へ
南警察署 トップページへ