メニューへ 本文へ
神奈川県南警察署
〒232−0061
神奈川県横浜市南区大岡2丁目31番4号
電話045(742)0110
神奈川県警察本部 警察署一覧
警察署案内 各種手続 お知らせ 統計
トップページ > 警察署案内 > 沿革

沿革

年月日 出来事
明治20年1月 久良岐郡警察署として久良岐郡中村に創立
明治26年12月 石川町警察署と改称
大正10年4月 幾多の変遷を経て、寿警察署と改称
昭和5年5月 横浜市南区吉野町に庁舎を移転改築
昭和23年3月 警察法施行により、横浜市寿警察署となる
昭和30年7月 警察法改正により、神奈川県寿警察署となる
昭和44年 南区から港南区が分区される
昭和58年2月18日 横浜市南区大岡に現庁舎を新築し、神奈川県南警察署と改称して現在に至っています
 明治20年1月1日、南警察署の前身である久良岐郡警察署が久良岐郡中村の久良岐橋際(現・南区中村町4丁目227番地)に創設された。その後、警察区画の改正が行われ、明治26年11月29日石川町5丁目(現・中区石川町4丁目158番地付近)移設されるとともに石川町警察署と改称された。
 
 大正10年4月15日に横浜市扇町5丁目184番地(現・中区長者町2丁目5番地15付近)に二階建ての新庁舎が建設され、寿警察署と改称して移転した。
 終戦により我が国の警察制度は種々の改革が行われ、
 昭和23年3月7日、警察法の施行により、市及び人口5000人以上の町村に自治体警察が、それ以外の地域には国家地方警察が設置された。寿警察署は、同年3月7日の横浜市条例「警察署の位置、名称及び管轄地域に関する条例」により、南区吉野町5丁目26番地に移転し、横浜市寿警察署となった。

 その後、新警察法が昭和29年7月1日に施行されたことにより、自治体警察及び国家地方警察が廃止されて都道府県警察が発足した。
 昭和30年7月1日、1年間存続されていた横浜市警察(14署)が県警察に統合され、神奈川県寿警察署と改称された。

 庁舎が狭あいで老朽化していたため、昭和56年12月22日から新庁舎の建設が始まり、昭和58年2月8日現住所に移転し、落成した。そして、10日後の2月18日、大正10年以来県民から親しまれてきた「寿警察署」から「神奈川県南警察署」に改称され現在に至っている。
南警察署署訓 正しく 強く 温かく
このページのトップへ