メニューへ 本文へ
神奈川県警察鉄道警察隊
鉄道警察隊の紹介 痴漢被害について 盗撮被害について すり・置き引き被害について
トップページ盗撮被害について > 盗撮被害の予防について
 

盗撮被害の予防について

 
 
 近年、スマートフォンの普及に伴い、盗撮事件が増えています。
 盗撮は被害者本人が気づかないうちに被害に遭っていることがほとんどです。
 そこで被害に遭わない為にどのようにしたらよいか紹介します。
 

盗撮されやすい場所

 
 犯人は、主に上りエスカレーターに乗っている人を狙い盗撮行為を行います。
 エスカレーターでは前を向いているので後ろで何をされているか分からず、盗撮されやすいです。
 

盗撮されないために

 
 盗撮されないためには、背後に気を付けましょう。
 エスカレーターでは、周囲の様子が確認できるようにして乗ることで、盗撮されにくくなります。
 犯人は見られていると犯行を躊躇することもあるため、後ろを振り向き警戒していると思わせることも効果的です。
 万が一盗撮行為をされたことに気がついた場合は周囲の人に助けを求め、その場で110番通報を行いましょう。
 
エスカレーターや階段では後ろに注意しましょう。
知らないうちに撮られてしまいます。   犯人も見られると犯行を躊躇します。
 
ポイント
  • 警戒していることを示すため、後ろを振り向くこと。
  • エスカレーターでは、周囲の状況を確認出来るようにして乗ること。
 
このページのトップへ戻る
 

電車内で容姿を撮影されたかもしれない

 
 電車内で座っているときに容姿を撮影されたかもしれないという相談が多く寄せられています。
 見知らぬ相手から、隠れて容姿を撮影されていたとすれば、大きな不安と恐怖を感じます。
 スマートフォンのカメラレンズを向けられたなどの不審な行為を見かけたときは、すぐにその場から離れて相手との距離を取るようにして下さい。
 緊急時は、近くの駅員に知らせて110番通報して下さい。
 スカートを着用して座る際は、カバンを膝の上に置くなどの防犯対策をお願いします。
不審な行為に注意!
 
このページのトップへ戻る
 
神奈川県警察ホームページへ 神奈川県警察署一覧(神奈川県警察ホームページへ) 相談窓口一覧(神奈川県警察ホームページへ)
 
郵便番号220-0011 神奈川県横浜市西区高島2丁目16番1号 電話番号 045(461)0110