電車内のすり、置き引きについて


皆さんは、普段電車に乗る時どんなことに気を付けていますか?

日常、通勤や通学で利用する電車内では、すりや置き引きなどの犯罪が多く発生しています。

そこで、どのようにして被害に遭うのか、電車に乗る時どのようなことに注意して乗ったら被害に遭いにくいのかなど、紹介したいと思います。



すりの手口と注意点

  服のポケットやカバンに注意!

  • 電車に乗るときの混雑を利用して、押し合いながら金品を抜き取る。
  • 刃物で切って抜き取る。
  • 車内に犯人が先に乗り込んでいて、乗降客を待ち受け、混雑を利用して抜き取る。
  • 走行中の車内の揺れや人の動きを利用して抜き取る。
  • 新聞やコートなどを使用して、周囲の人から見えないように抜き取る。


カバンからすられる様子


上着内ポケットからすられる様子


後ろポケットからすられる様子



  新幹線や指定席がある座席でも注意!

  • 帽子掛けに掛けている上着があると、その隣の帽子掛けに自分の上着を掛けて、自分の上着に用がある振りをして抜き取る。

  電車内の仮眠に注意!

  • 車内で寝ている客の隣に座り、新聞やコート、カバンなどを使用して周囲の人に見えないように抜き取る。


仮眠中にカバンを使用してすられている様子


仮眠中に新聞を使用してすられている様子



ポイント!

  • ズボンの後ろポケットや上着の内ポケットなど、周囲から見えるところにしまうのはやめましょう。
  • 取り出しやすいところに、大切なものを入れるのは避けましょう。
  • 財布など貴重品はカバンの奥にしまいましょう。
  • カバンは体の前に抱えるようにして、持ちましょう。
  • ホームや車内で現金を出し入れするのは、できるだけ避けましょう。
  • 不必要に密着してくる人には、特に注意しましょう。
  • 電車にはどんな人が乗っているか判りません。眠らないことが安全の一歩です。

※  犯人は、乗車する前から人の行動を確認しています!


チャック式カバンでも、財布などの貴重品はカバンの奥にしまいましょう!

このページの先頭へ戻る

置き引きの手口と注意点

  持ち物を体から離す際は要注意!

  • 新幹線車内や指定席で、トイレや電話などで席を離れた隙を狙って、網棚や座席に置いてあるカバンや上着などを盗む。
  • 網棚に置いたカバンの横に、同じようなカバンを置き、カバンを持ち去る。
  • 仮眠中の人を狙って、持ち物を盗む。

寝てる隙に盗んじゃおう!

ポイント!

  • 貴重品は、カバンをたすき掛けにして、自分の体から離さないようにしましょう。
  • カバンを床に置く場合は、足の間に置くなど、簡単に持ち去られないよう気を付けましょう。
  • 網棚に荷物を置く場合は、十分注意しましょう。

このページの先頭へ戻る

鉄道警察隊は横浜駅構内にあります

  鉄道警察隊

  • 所在地:横浜市西区高島2丁目16番1号 JR横浜駅構内
  • 電話番号:045(461)0110

※平成29年3月21日に1階に移転しました。詳しくは、「神奈川県鉄道警察隊 所在地」をご覧下さい。

大事な財産を失わないよう予防しましょう!油断大敵

このページの先頭へ戻る