通信指令システム紹介


みんなが力をあわせてつくる
「住みよい神奈川」

通信指令システム

私たちの住む神奈川県は、毎日多くの事件・事故が発生しています。こうした事件・事故の早期解決に欠かせないのが、皆さん一人ひとりの協力です。

「安全で安心して暮らせる地域社会」を実現させるために、神奈川県警察は地域の皆さんとともに手をつないで、安全と安心を守っていきます。


通信指令システムが、
正確で迅速な指令をバックアップし、
人々の暮らしを守っています。

神奈川県警察は、24時間体制で事件や事故に対応し、速やかな解決を図るために強力な「通信指令システム」を導入。地域の安全と安心を守るために日夜、カーロケータシステム、地図情報システムなどの最先端テクノロジーが活躍しています。


事件発生!

110番通報

通報

事件解決のカギは、最初の110番通報でどれだけ多くの情報が早く、しかも正確に入るかにかかっています。市民のみなさんの協力が何よりの力です。

受理(受付台)

110番受付台

110番通報は受付台で受理されますが、無線指令台でも通報を同時にモニターしていますので、受理・確認が瞬時にできます。

指令(無線指令台)

無線指令台

受理された110番通報は、同時に無線指令台でもモニターされ、通信指令システムにより、的確で素早い指令をします。

現場急行

通信指令室からの指令により、現場に一番近いパトカーが急行し初動捜査が開始されます。

地図表示画面

地図表示画面

事件発生現場付近の住宅地図や道路地図など、配備・検挙に役立つ地図情報を表示します。

事案画面

事案画面

通報内容、発生時間、場所などの110番通報の内容を、キーボードや手書きにより入力し、モニターに表示します。


初動捜査

110番通報は、受付台で受理されると同時に、通報内容や事件・事故の発生現場の地図情報が無線指令台でもモニターされます。この情報をもとに、カーロケータシステムによってパトカーの現在位置や活動状況を確認し、初動捜査のための素早い指令が出されます。

カーロケータ

カーロケータ画面

パトカーの現在位置や活動状況を地図画面で確認し、現場に最も近いパトカーや警察署に的確な無線指令を出すためのGPS衛星を応用した位置確認システムです。

緊急配備

重要事件の場合は、直ちに発生場所の検索や犯人の逃走方向などを考慮して総合指令台から指令が出され、警察官、パトカー、ヘリコプター、白バイ、警察用船舶など、陸・海・空一体の迅速な緊急配備が敷かれます。

緊急配備

カーロケータ画面

カーロケータ画面

カーロケータ画面には他県警のパトカーも同時に表示することができます。

緊急配備画面

緊急配備画面

事案内容とともに緊急配備部署一覧を表示し、的確でスピーディーな緊急配備を可能にします。


犯人追跡

犯人追跡


犯人追跡

カーロケータや地図システムなど各種の情報システムを総合的に駆使することによって、隣県を含む広範囲な広域捜査で犯人追跡に活躍します。

ヘリコプターテレビシステム

ヘリコプターに搭載されたテレビカメラにより、追跡中の逃走車などの検索や、現場の生の状況を映し出し、指令室でリアルタイムにモニターすることができます。

逮捕

他県警との連携を可能とするなど、機能を強化した通信指令システムが、広域にわたる犯人追跡を可能にしました。

逮捕

事件解決!


神奈川県警察本部地域部通信指令課
電話 045-211-1212(代表)