交通管制センター紹介


安全で快適な道路交通環境づくりを推進する
神奈川県警交通管制システム

写真:交通の流れ

神奈川県警では、車社会の発展にともなう交通渋滞や交通事故、あるいは交通公害などの弊害を解消するため、より高度な交通情報収集・提供能力を備えた新交通管制システムを導入し、県民のよりよい生活環境づくりと安全で円滑な道路交通の実現を推進しています。
  また、神奈川県警では高度道路交通システム(ITS)の実現に向けて「人と環境にやさしい車社会をめざして」をテーマに新交通管理システム(UTMS)事業に取り組んでおります。


UTMS

 UTMS(Universal Traffic Management Systems)は、交通管制システムをより一層高度化し、ドライバーなど道路利用者の利便性を向上させて、安全で快適な車社会の実現をめざす総合交通管理システムです。

U型情報提供装置


表:UTMSの仕組み

UTMSのサービス内容

UTMSのサービス内容
高度交通管制システム
Integrated Traffic Control Systems
交通管制システムの機能を高めたシステムで、UTMS車載装置である赤外線発信器と光ビーコンとの双方向通信によって得られる情報をもとに、交通情報の収集や信号制御を行います。
公共車両優先システム
Public Transportation Priority Systems
路線バスなど公共車両の優先通行を支援するもので、赤外線発信器を搭載したバスの接近情報を受けて、交通信号機を制御し、青信号の点灯時間を延長してバスが通行し易くするシステムです。
交通情報提供システム
Advanced Mobile Information Systems
赤外線発信機能を付加したカーナビゲーション装置を通して直接ドライバーへ、渋滞、事故、所要時間、画像などリアルタイムの交通情報を提供するシステムで、VICSとして神奈川県下全域に設置されている光ビーコンから情報が提供されます。
高度画像情報システム
Intelligent Integrated ITV Systems
交通情報収集用のテレビカメラ(ITVカメラ)を利用して、主要交差点をモニターし、違法駐車している車両に注意をしたり、スムーズな交通流を確保するような交通信号機を制御するデータを収集するシステムです。
安全運転支援システム
Driving Safety Support Systems
細街路など見通しの悪い箇所で車両の接近を知らせたり、交差点で右左折する時に二輪車の接近を知らせて注意を促します。また、歩行者の接近により横断歩道の青信号を表示したり、ドライバーに注意を促すシステムです。
歩行者等支援情報通信システム
Pedestrian Information and Communication Systems
高齢者や、身体障害者の歩行を支援するため、信号灯器の色を音声で知らせたり、青信号を延長するなどして横断時の交通安全を確保するシステムです。
緊急車両支援情報通信システム
Fast Emergency Vehicle Preemption Systems
事件事故などで緊急走行をする救急車やパトカー等に対して、交通信号機を制御し、リスポンスタイムを短縮して事件事故の早期対応、スピーディな救助活動を支援するシステムです。
交通公害低減システム
Environment Protection Management Systems
気象、大気汚染の状況や交通流の変化に応じて、う回情報の提供や交通信号機の制御を行うことで、自動車排気ガス(NOx・COx・SPM)、交通騒音などの、交通公害を低減し、環境保護を図るシステムです。
動的経路誘導システム
Dynamic Route Guidance Systems
カーナビゲーションと連動して、目的地まで最短時間で到着できる経路の情報提供を行い、自動車の利便性を高めるシステムです。また、走行ルートが分散することから渋滞の解消などが期待できます。
車両運行管理システム
Mobile Operation Control Systems
赤外線発信器を搭載したバス、タクシーや物流トラックと光ビーコンとの双方向通信機能により走行している状況データなどを運行管理事業者に提供することにより、効率的な運行管理を支援してスムーズな交通流の確保を支援するシステムです。
緊急通報システム
Help system for Emergency Life saving and Public safety
交通事故や車内での緊急事態発生時に自動または手動により、自動車電話等のネットワークを通じて、専用の受付センターに状況が伝送され、パトカー等の手配を行うシステムです。

情報収集

車両感知器とカメラ

主要交差点の交通状況をITVカメラでモニターに映したり、車両感知器などセンサーで走行中の車の速度や台数、渋滞度などのきめ細かな交通情報を自動的に感知し、交通管制センターへ送ります。

写真:車両感知器、光ビーコン

運用管理

管制室

交通管制センターでは、さまざまなセンサーから得た各データをもとに、交通状況に応じた交通信号機のコントロールや各種情報提供装置の操作、走行管理の実施などを行い、警察官に交通規制の指令を出します。

ヘリコプター、パトカー、白バイ

信号制御

信号制御器とモニタ

交通状況に応じて赤・青・黄の信号時間をコントロールしたり、バスの運行をスムーズに行うよう交通信号機をコントロールします。

バス感知器

情報提供

写真:フリーパタン式交通情報板、セミフリーパタン式交通情報板、所要時間表示板、放送室

渋滞や旅行(所要)時間情報、道路状況や交通規制、主要駐車場の満車・空車などの情報も文字や図形で見やすく表示します。また、交通規制・道路工事・催し物などの道路交通についての情報をラジオ放送や電話により提供します。平成8年4月から、VICSとして光ビーコンを利用した交通情報の提供も行っています。

写真:駐車場情報板、路側通信案内板、投受光共用車載装置


交通管制センターの効果

交通管制センターの効果

交通渋滞の減少

イラスト:交通渋滞

車の流れに応じて、交通信号機や可変情報板をコントロールすることにより、交通渋滞や混雑が大幅に減少します。

交通事故の減少

イラスト:交通事故

交通信号機による停止回数が少なくなったり、渋滞のない道路への案内情報により、イライラ運転などによる事故が減少します。

交通公害の防止

イラスト:交通公害の防止

渋滞や混雑などでの車の停止回数が少なくなることで、停止、発信時に排出される排気ガスや騒音が減少し、人にやさしい環境が実現できます。

地球温暖化の防止

イラスト:地球温暖化の防止

スムーズな流れによる車の燃料消費量の減少は、エネルギーの省力化と安定した低物価の確保につながり、地球にやさしい環境が実現できます。

ナビゲーションシステムによる交通情報の提供

 カーナビゲーションにVICS(道路交通情報通信システム)対応機能を付加することによってVICSの情報が受けられます。
  情報の伝達には、道路上に設置した光ビーコンの双方向通信機能を用いて行います。
  提供する道路交通情報の内容は、現在位置や経路案内などの静的情報をはじめ、交通管制センターで把握している渋滞情報や事故等の動的情報です。
  これにより状況に応じた適切な迂回措置や経路選択を可能にし、交通の安全と円滑化、そして環境の改善に寄与します。

車載装置


神奈川県警察本部交通部交通規制課