津波に備えて


津波警報、注意報について

津波から命を守るためには


オレンジフラッグは避難のサイン

津波のおそれがある沿岸地域



津波警報、注意報について

地震発生後約3分以内を目標に、大津波警報、津波警報又は津波注意報が発表されます。

予想される津波の高さは、通常5段階の数値で発表しますが、地震の規模(マグニチュード)が8を超える巨大地震の場合には、予想される津波の高さをまず「巨大」や「高い」という言葉で発表し、非常事態であることを伝えます。「巨大」などの言葉で発表した場合には、東日本大震災クラスの津波が来ると思って、直ちにより高い場所に避難しましょう。

発表される津波の高さとるべき行動想定される被害
数値での発表
(高さ予想区分)
巨大地震の
場合の発表
大津波
警報
10メートル超
(10メートルを超える)
巨大沿岸部や川沿いにいる人は、直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難しましょう。
木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれます。
10メートル
(5メートルを超え
10メートル以下)
5メートル
3メートルを超え
5メートル以下
津波
警報
3メートル
(1メートルを超え
3メートル以下)
高い沿岸部や川沿いにいる人は、直ちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生します。人は津波による流れに巻き込まれます。
津波
注意報
1メートル
(0.2メートル以上
1メートル以下)
表記しない海の中にいる人は、直ちに海から上がって、海岸から離れてください。海の中では人は速い流れに巻き込まれ、また、養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。

(気象庁ホームページ「津波警報・注意報の種類」より)

津波から命を守るためには

  • ◆ 「逃げる」ことが唯一の方法です。上記の表の「とるべき行動」に従い、安全かつ迅速に避難しましょう。
  • ※ 大きな地震があると踏切は通過できなくなります。避難経路に踏切がある場合は、う回路も検討しましょう。
  • ◆ 津波はとても速いため、津波を見てからでは間に合いません。
    強い揺れを感じたり、地震を感じなくても津波警報等が発表された時には、直ちに海や川から離れ、急いで安全な場所に避難しましょう。
  • ◆ 津波は繰り返し押し寄せます。津波警報等の解除があるまでは、海や川には近づかないようにしましょう。
  • ◆ 市町村・警察・消防からの避難勧告や指示に従いましょう。
  • ◆ 「津波てんでんこ」・・・家族を迎えに行かなくてもよい様に、各自が避難することを決めておきましょう。

オレンジフラッグは避難のサイン

オレンジフラッグは、津波警報等が発表されたときに、サイレンや無線などが聞こえにくい海浜利用者に対して、視覚的な避難の合図として掲示するものです。

神奈川県では、オレンジフラッグでの避難を促す取組を推進しています。海岸でオレンジフラッグが掲示されているのを見かけたら、すぐに海から上がって海岸から離れ、身の安全を確保しましょう。


設置状況


オレンジフラッグ


津波のおそれがある沿岸地域

沿岸市・区・町
東京湾川崎市(川崎区)、横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、磯子区、金沢区)、横須賀市(東京湾側)
相模灘三浦市、横須賀市(相模湾側)、三浦郡葉山町、逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町

e−かなマップ(神奈川県ホームページリンク)

神奈川県が発信する県内の地図情報サイトです。

知りたい地域の災害に関する被害想定等を確認することができます。

このページの先頭へ戻る