サイバーセキュリティホットライン


●  こんな相談が増えています

事例 「アダルトサイトを閲覧しているあなたの姿をウェブカメラで撮影した。家族や同僚にばらまかれたくなければ、暗号通貨を支払え。」というメールを受信したとの相談が多く寄せられています。
対策   このメールは単なる迷惑メールの可能性が高いと考えられています。
  • 送信元が自分のアドレスになっている
  • 自分が過去に設定したパスワードが記載されている
場合もあります。要求には応じず、パスワードの変更や二段階認証の設定による対応を推奨します。
参考 IPA独立行政法人情報処理推進機構 「安心相談窓口だより」

●  こんな時どうする?

 インターネットトラブルで困っている

色々な事例に対するアドバイスや対処方法が掲載されている

インターネット安全・安心相談 警察庁(外部リンク)をご覧ください

インターネットトラブル

 アクセスしようとしているサイトの安全性を確認したい

インターネットサイト 安全性評価 で検索

安全性を評価する無料サービスは、評価結果を保証するものではありません。結果を過信することなく、サイトの安全性を判断する材料の一つであることを前提に活用しましょう

 サイバー犯罪関連情報が知りたい

サイバー犯罪関連リンク集


  • 解決できなかった
  • 内容が理解できなかった
  • サイバーセキュリティについて、どこに相談すればいいのかわからない案件がある
  • サイバーセキュリティ対策の方法について相談したい

等々


★  サイバーセキュリティホットライン

045-681-3180

受付時間     午前8時30分から正午まで

午後1時から午後5時15分まで

(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

※  捜査の進行状況についてのお問い合わせや、法律の判断についてはお答えできません。

※  相談電話であり、被害届を受理するものではありません。事件捜査の依頼に関することなどは、最寄りの警察署をご案内し、再度ご用件を説明していただく場合がございます。

(警察署一覧はこちら

インターネットトラブル

★  神奈川県以外に在住の方は、お住いの都道府県警察本部にあるサイバー犯罪相談窓口をご利用ください。

各都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口

URL  http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm(外部リンク)


このページの先頭へ戻る