出会い系サイトを利用してはいけません
18歳未満の児童及び保護者のみなさんへ



イラスト:出会い系サイトを利用すると罰せられます

「児童」とは18歳未満の人を指します。

「出会い系サイト」には危険がいっぱい

「出会い系サイト」は、名前などを隠したままで、さまざまな異性との交際ができることから、犯罪者にとっても悪用しやすいシステムとなっています。みなさんが「出会い系サイト」を利用した結果、殺人・誘拐・性的犯罪等に巻き込まれる事件もたくさん起きており、非常に危険です。

自分の情報はきちんと管理しましょう

  • 住所、氏名、年齢、電話番号、学校名などの「自分」が特定できる情報を他人に教えてはいけません。
  • ネットの世界と現実の世界を区別して、慎重に対応しましょう。

見えない相手を簡単に信用するのは危険です

  • ネット上では相手が見えません。メールの相手が本当に信用できるのか、もう一度考えてみましょう。
  • 出会い系サイトで知り合った人と絶対に会ってはいけません。
  • また、ネット上で知り合った人と安易に会うことも危険です。

18歳未満の児童は「出会い系サイト」を利用しないようにしましょう

みなさんがちょっとした興味本位のつもりで「出会い系サイト」を利用しても、犯罪者はやさしい言葉でしのびよってきます。児童のみなさんは「出会い系サイト」を絶対利用しないようにしましょう。また、利用している友達がいたら注意しましょう。

「出会い系サイト」を利用して援助交際に誘うと犯罪になります

「出会い系サイト」を利用して援助交際に誘うと、法律で犯罪とされ処罰の対象となります。

近年は「出会い系サイト」に関係した福祉犯被害が減少する一方で、「コミュニティサイト」に関係した福祉犯被害が増加しています。


詳細は下記のページをご覧ください。

「インターネットがもたらす危険性とペアレンタルコントロールの重要性」

このページの先頭へもどる