神奈川県迷惑行為防止条例の改正に関する意見募集について


神奈川県では、県民や県内に滞在している人々が安全で安心して暮らせる地域社会を実現するため、「神奈川県迷惑行為防止条例」の一部を改正する準備を進めています。

つきましては、条例の改正案の概要について、広く県民の皆様からの御意見を募集します。



条例改正案の概要等

条例改正の背景

令和3年中に、「ストーカー行為等の規制等に関する法律」(以下「ストーカー規制法」という。)について、GPS機器等を用いた位置情報の無承諾取得等を規制の対象に加えるなどの改正が行われました。

ストーカー規制法と同様の規制対象行為について、正当な理由なく行われるものを規制している「神奈川県迷惑行為防止条例」(以下「条例」という。)においても、最近の県内における実情等を踏まえ、ストーカー規制法と同様に規制対象を拡大することを検討しています。

条例改正案の概要

条例改正案の概要図(PDFファイル:294KB)/(テキストファイル4KB)

行為類型の一部追加

現行条例第11条においては、特定の者の住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所について「住居等」と規定しています。

この「住居等」に、特定の者が「現に所在する場所」を追加します。

これにより、例えば、被害者が現に所在する場所付近において、不安を覚えさせるような方法で見張りをするような行為が新たに規制の対象となります。

(現に所在する場所の例)

  • 子供のサッカーの試合を観戦するために訪れていた学校のグラウンド
  • 客として訪れていた店舗
  • 出演していた演奏会場

現行条例第11条第5号においては、電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、電話をかけ、FAXを送信し、若しくは電子メールの送信等をする行為を規制対象としています。

ここに、拒まれたにもかかわらず、文書を送付する行為を追加します。

規制対象となる行為類型の追加

現行条例第11条各号に規定する規制対象行為として、承諾を得ないで、その所持するGPS機器等の位置情報を一定の方法により取得する行為を追加します。

(位置情報を取得する行為の例)

  • 被害者のスマートフォンを一時的に操作して、当該スマートフォンの画面上に位置情報を表示させて盗み見る行為
  • 被害者の自動車に取り付けられたGPS機器等(位置情報が記録されたもの)を回収する行為
  • 被害者の所持するGPS機器等により送信された当該GPS機器等の位置情報を行為者が所持するスマートフォンで受信する行為

現行条例第11条各号に規定する規制対象行為として、承諾を得ないで、その所持する物にGPS機器等を取り付けるなどの行為を追加します。

(GPS機器等を取り付けるなどの行為の例)

  • 被害者が使用・乗車する自動車の底部にGPS機器等を取り付ける行為
  • GPS機器等を取り付けたプレゼントを被害者に交付する行為
  • 被害者のかばんのポケットにGPS機器等を差し入れる行為

このページの先頭へ戻る


施行期日(予定)

令和5年7月

このページの先頭へ戻る


意見募集の期間

令和4年7月1日(金曜日)から令和4年7月31日(日曜日)までの間(31日間)

注:郵送での意見募集については、上記期間最終日の消印まで有効とさせていただきます。

このページの先頭へ戻る


意見募集の方法

  • 御意見等は、郵送及び電子メールによる募集を予定しています。
  • 郵送の宛先とメールアドレスについては、意見募集を開始次第御案内します。
  • 電話での募集は致しませんので御了承ください。

このページの先頭へ戻る


その他

  • 神奈川県では、今回、皆様から頂いた御意見を考慮した上で「神奈川県迷惑行為防止条例の一部を改正する条例」の制定を検討してまいりますが、御意見に対する個別の回答は致しませんので、御了承ください。
  • 御意見を頂いた皆様の個人情報は、公表致しません。

このページの先頭へ戻る


問合わせ先

神奈川県警察本部 生活安全部 生活安全総務課指導係(条例改正プロジェクト)

電話 045−211−1212(代表)

受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)


このページの先頭へ戻る