クロスボウは所持禁止になります。


銃刀法が改正され、クロスボウの所持が原則禁止・許可制となります。

改正法の施行後、不法に所持した場合、罪に問われます!(3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

※ 改正法は、公布の日から9か月以内に施行されます。

PDF787KB

改正法や警察署への持ち込みに関する詳細についてはこちらを参照してください。(警察庁ホームページへ)

銃刀法の規制対象となるクロスボウとは、どのようなもの?

引いた弦を固定し、これを開放することによって矢を発射する機構を有する弓のうち、矢の運動エネルギーの値が人の生命に危険を及ぼし得る値以上となるものです。

自宅などにクロスボウを所持している場合は?

改正法の施行後6か月以内に許可申請をするか、警察に処分を依頼してください。(施行後6か月以内にこれらの措置を講ずれば、罪に問われません。)

具体的な処分方法は?

最寄りの警察署にご連絡の上、直接持ち込んでいただけれは、無償で処分します。(処分の依頼は施行前でも受け付けています。)

このページの先頭へもどる