特殊詐欺の認知状況


※ 特殊詐欺に関する犯罪統計上の手口分類が変更となりました。
  詳細は【特殊詐欺に関する犯罪統計上の手口分類について】をご確認ください。


特殊詐欺の認知状況(年別)

年別特殊詐欺認知状況のグラフ

年別特殊詐欺認知状況
平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年 令和元年5月 令和2年5月
認知件数 1,093件 1,372件 2,423件 2,774件 2,790件 1,096件 781件
合計被害額 40億3,600万円 46億3,600万円 57億7,900万円 61億1,600万円 50億7,200万円 20億8,000万円 12億3,300万円

※  被害額については、10万円の単位で四捨五入しています。

※  平成27年〜平成29年の認知件数、被害金額は確定値になります。

※  平成30年〜令和2年の認知件数、被害金額は、特殊詐欺(窃盗)を含んだ暫定値となります。


令和2年1月〜令和2年5月の認知状況

認知件数 被害総額 前年比
件数 被害額
特殊詐欺 781件 約12億3,300万円 -315件
約0.7倍
-約8億4,700万円
約0.6倍
主な手口 オレオレ詐欺 152件 約4億5,000万円 -67件
約0.7倍
-約1億5,900万円
約0.7倍
預貯金詐欺 227件 約2億3,400万円 -214件
約0.5倍
-約2億5,900万円
約0.5倍
架空料金請求詐欺 45件 約9,000万円 -72件
約0.4倍
-約5億0,500万円
約0.2倍
融資保証金詐欺 12件 約1,300万円 +10件
約6.0倍
+約1,200万円
約13.0倍
還付金詐欺 38件 約4,000万円 -107件
約0.3倍
-約1億1,600万円
約0.3倍
その他の手口 金融商品詐欺 2件 約800万円 +2件
-
+約800万円
-
ギャンブル詐欺 5件 約2,400万円 +5件
-
+約2,400万円
-
交際あっせん詐欺 0件 0円 0件
-
0円
-
その他 0件 0円 0件
-
0円
-
キャッシュカード
詐欺盗
300件 約3億7,500万円 +128件
約1.7倍
+約1億4,900万円
約1.7倍

※  被害総額については10万円の位で四捨五入しています。


被害者の男女別年齢層(暫定値781件)

被害者の男女別年齢層のグラフ

被害者の男女別年齢層
20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代
男性 3人 2人 3人 14人 17人 41人 93人 17人
女性 4人 2人 2人 13人 19人 215人 315人 21人


曜日別発生状況(暫定値781件)

曜日別発生状況(暫定値)のグラフ

曜日別発生状況(暫定値)
件数
月曜日 124件
火曜日 169件
水曜日 165件
木曜日 148件
金曜日 128件
土曜日 39件
日曜日 8件
不明 0件



時間帯別発生状況(暫定値781件)

時間帯別発生状況(暫定値)のグラフ

時間帯別発生状況(暫定値)
8時00分〜10時59分 11時00分〜13時59分 14時00分〜16時59分 17時00分〜19時59分 その他
件数 40件 279件 292件 134件 36件


このページの先頭へ戻る

特殊詐欺に関する犯罪統計上の手口分類について

平成30年以降、受け子が電話でだまされた被害者の隙を見てキャッシュカードを別のカードにすり替える手口の事件が増加するなどの特殊詐欺情勢の変化に対応し、令和2年1月1日より、下記のPDFファイルのとおり分類することとしました。

特殊詐欺に関する犯罪統計上の手口分類について(PDFファイル(90KB))

このページの先頭へ戻る