性犯罪の被害に遭わないために!


性犯罪の被害は、混雑した電車内、深夜の帰宅途中、就寝中など様々な場面に危険が潜んでいます。

イラスト:深夜帰宅はタクシーで!

帰宅するとき

  •   深夜の帰宅はタクシーを利用するなど、一人歩きは避けましょう。
  •   携帯電話やヘッドホンを使用しながらの歩行は、周囲の物音が聞こえず危険です。
  •   遠回りでも、幹線道路など明るく広い通りを帰りましょう。


イラスト:チャイムを鳴らす事も効果的!

ご自宅に入るとき

  玄関は、周囲に人がいないことを確認した後に開けましょう。

※  「ただいま」など大きな声を出しながらカギを開けるのも1つの方法です。

  開錠後は素早く家の中へ入り、必ず鍵を掛けましょう。

※  ドアには、複数の鍵を取り付けましょう。


お休み前に

イラスト:男性の洗濯物(下着)を干す!

もう一度、玄関や窓の戸締りを確認しましょう。5階などの上層階でも、ベランダ等から侵入された事例があります。

一人暮らしであることを悟られないために、

  •   男性の洗濯物(下着)を干す!
  •   表札に男性の名前も記載する!
  •   来訪者に対しては、相手を確認後にドアを開ける!

等の工夫をしましょう。



イラスト:出会い系サイトは危険が一杯!

子どもを守る!

  •   出会い系サイトは、危険が一杯です。出会い系サイトには絶対にアクセスしないよう指導してください。
  •   「虫がついている」「ハムスターを見せる」などと子どもを誘うケースが増えています。「誘われてもついていかない!」を徹底させましょう。


私たちの街から性犯罪を追放して、安心して暮らせる安全な街をつくりましょう。

それでも、もし被害に遭ってしまったら・・・

最寄りの警察署または性犯罪110番にご相談ください。
性犯罪110番  TEL  045(681)0110

このページの先頭へ戻る