令和4年神奈川県警察運営重点


神奈川県公安委員会運営規則第2条第2項の規定に基づき、県警察の事務の運営に係る大綱方針として「令和4年神奈川県警察運営重点」が策定されました。

職員一同、安全で安心して暮らせる地域社会の実現に向け、力強く各種警察活動を展開してまいります。

令和4年神奈川県警察運営重点

運営指針

安全で安心して暮らせる地域社会の実現

−社会の変化に適応し県民の期待と信頼に応える力強い警察活動の展開−

重点目標

神奈川県公安委員会・神奈川県警察

推進事項

〇県民に不安を与える犯罪の抑止・検挙

  • 特殊詐欺や女性・子供を対象とした犯罪等に対する先制的・予防的な警戒・検挙活動の推進
  • SNS等の多様な広報媒体を活用したタイムリーかつ効果的な広報啓発活動の強化
  • 地域住民、自治体、民間事業者、防犯ボランティア団体等と連携した犯罪抑止対策の推進

〇人身安全関連事案への的確な対処

  • 被害者等の安全確保を最優先とした迅速かつ的確な対処
  • 警察署と警察本部の緊密な連携による組織的対処の徹底
  • 被害者等の保護対策に向けた児童相談所等関係機関との連携体制の確保

〇交通事故防止対策の推進

  • 交通事故実態の分析結果に基づく各種交通街頭活動の推進
  • 子供から高齢者それぞれの特性に応じた交通安全教育とタイムリーな広報啓発活動の推進
  • 安全運転相談の周知と運転免許事務手続等の利便性に配意した適正な運転免許行政の推進

〇テロ等に対する警備諸対策の強化

  • 多様化する脅威を踏まえた、テロ等違法行為の未然防止のための情報収集・分析及び取締りの強化
  • 東京2020大会等における大規模警備の経験を生かした警戒警備の徹底
  • 大規模集客施設、重要インフラ事業者等との官民一体となった対策の推進

〇大規模災害総合対策の強化

  • 激甚化・頻発化する災害の発生に備え、災害対処能力向上を目的とした、創意工夫を凝らした実践的な訓練の実施
  • 県民の防災意識高揚を目的とした、関係機関等と連携した広報啓発活動の強化
  • 災害発生時に警察業務を継続するための基盤確保及び真に機能する災害用装備資機材の充実・強化

〇サイバー空間の脅威に対する対策の推進

  • 職員全体のサイバー犯罪等に係る知識の向上及び専門知識・技術を有する人材育成の推進
  • サイバー犯罪に対する戦略的な捜査及び産学官連携による県民の被害防止に向けた広報啓発活動等の推進
  • 関係機関等と連携したサイバー攻撃の実態解明・被害の未然防止等の推進

〇特殊詐欺を始めとした組織犯罪への対策の強化

  • 特殊詐欺の実行犯とその背後にいる犯罪者グループに打撃を与える取締りの推進
  • 犯罪組織の壊滅に向けた情報収集、構成員の検挙、実態解明及び犯罪収益剥奪の推進
  • 関係機関との連携による暴力団排除活動及び薬物事犯を始めとした水際対策等の推進

〇少年の非行防止・保護対策の推進

  • 地域社会が一体となった少年の非行防止・立ち直り支援活動の推進
  • 少年を取り巻く有害環境の浄化対策の推進
  • 非行集団等を視野に入れた少年事件捜査及び悪質性の高い福祉犯の効果的な取締り等の推進

〇県民の安心感を高める地域警察活動の推進

  • 犯罪の多発時間帯・地域を重点とした職務質問及び駅頭、通学路、主要交差点等における警戒活動の強化
  • 高齢者、子供、女性等の安心感を高める活動及び巡回連絡等を通じた情報発信活動の推進
  • 事件事故等への対応力向上、複数勤務体制の確立、アクティブ交番の効果的活用等による交番機能の強化

警察本部長通達(全文)

PDF形式(189KB)        テキスト形式(4KB)

このページの先頭へ戻る