運転技能検査のご案内


運転技能検査とは

75歳以上の普通自動車を運転できる免許を保有する高齢運転者のうち、大型自動車、中型自動車、準中型自動車又は普通自動車を運転して一定の違反行為をした方は、更新期間満了までに運転技能検査に合格しなければ免許証の更新ができません。

運転技能検査の受検が必要な方は、運転免許証の更新期間満了の約6か月前に高齢者講習等受講通知書(はがき)で通知します。はがきに指定日時が記載されていますので、運転免許センターにお越しください。検査は繰り返し受検が可能です。

一定の違反行為一覧表はこちら(PDFファイル83KB)/(テキストファイル2KB)


検査が受けられる場所・受検日時

運転技能検査は運転免許センターで受検してください。

(指定自動車教習所では受検できません。)

運転免許センターのご案内はこちら

受検対象者の方は、はがきに記載されている指定日時に運転免許センターにお越しください。

指定日時のご都合が悪い方は、下記連絡先にお電話でご連絡ください。

連絡先

運転免許センター 運転教育課 高齢運転者支援室

045−369−1718

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

午前8時30分から午後0時 午後1時から午後5時まで

このページの先頭へ戻る


検査に必要な書類等

  • 高齢者講習等受講通知書(はがき)
  • 運転免許証(免許証を失効した方は、失効した免許証をお持ちください。)
  • 筆記用具
  • 手数料 3,550円
  • 眼鏡、補聴器等(免許の条件に記載のある方又はこれらを使用しないと検査に不安がある方のみ)

このページの先頭へ戻る


検査の内容

運転技能検査は、普通自動車でコース(おおむね1,200メートル以上)を運転して実施します。コースの走行順路等は検査当日に説明します。また、検査中に車内でも走行順路を教示します。

検査には課題が5種類あります。

課題

  • 「指示速度による走行」
  • 「一時停止」
  • 「右折・左折」
  • 「信号通過」
  • 「段差乗り上げ」

※ コース走行中に危険を回避するために、検査員がハンドル・ブレーキ等の操作の補助をした場合は減点の対象となります。コース内の走行は、常に安全運転に努めてください。

課題の説明はこちらから(PDFファイル82KB)/(テキストファイル2KB)

運転技能検査のコースはこちらから(PDFファイル201KB)

このページの先頭へ戻る


合格基準等

採点は100点からの減点式方式により行います。

合格基準は、第1種免許のみの保有者は70点以上、普通自動車を運転することができる第2種免許保有者は80点以上です。

合否の発表は検査当日に行います。

免許証更新の流れについては、こちらをご覧ください。(PDFファイル80KB)

認知機能検査については、こちらをご覧ください。

高齢者講習については、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ戻る


お問い合わせ先

運転技能検査についてご不明な点がある場合は、こちらに連絡をしてください。

運転免許センター 運転教育課 高齢運転者支援室

045−369−1718

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

午前8時30分から午後0時 午後1時から午後5時まで

このページの先頭へ戻る