運転免許業務のご案内


運転免許センターの混雑状況は、逐次神奈川県警察交通総務課ツイッターでお知らせしています。

日曜日は大変混雑するため、平日のご来場を推奨いたします。

新型コロナウイルス関連で運転免許証の有効期間を延長した方は

こちらをご確認ください。(PDFファイル358KB)

コロナウイルス感染対策へのご理解・ご協力に加えて、個々人での注意もお願いします。

  • マスクを着用していない方のご入場はお断りします。
  • 入口に手指消毒液が設置してあります。ご利用ください。
  • 建物の窓やドアの開放を行っています。
  • せきエチケット、間隔を空けての整列等、ご協力をお願いします。
  • 講習室の机を消毒し、定員の半数で運用しています。
  • 体調の優れない方、体温が37.5℃以上の方はご来場をお控えください。
  • 混雑状況によっては入場制限を行う場合があります。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているAdobe Readerが必要です。

お持ちでない方は、次のアイコンからダウンロードし、インストールを完了してからご利用ください。

get adobe reader



運転免許センターにおけるサマータイム実施のお知らせ

運転免許センターでは、混雑及び熱中症対策の一環として、令和2年7月10日から9月30日までサマータイムでのご案内をしています。受付時間が通常と異なりますので、「運転免許証関係手続のご案内(目次)」から「運転免許センターにおけるサマータイム実施のお知らせ」をご確認ください。

運転免許センターの混雑状況

神奈川県警察交通総務課のツイッターにて、運転免許センターの混雑状況を随時ご案内しています。

神奈川県警察交通総務課Twitter(外部サイトへリンクします。)

併せて混雑予測もご覧ください。

運転免許センターにおける免許更新手続の混雑予測

更新

更新手続は通常通り行っていますが、有効期間が令和2年9月30日までの方につきましては、運転免許証の有効期間延長措置をとることも可能です。

なお、運転免許証の有効期間の延長手続後、運転免許証の更新を行う際は、必ず更新連絡書(ハガキ)をお持ちください。更新連絡書(ハガキ)を紛失した場合、講習区分等の確認にお時間がかかります。

また、再交付と同時の更新をご希望の方は、直接運転免許センターまでお問合せください。

※延長された有効期間までに更新をしなかった場合、運転免許は失効しますのでご注意ください。

運転免許センター

大勢の方がご来場されますと、コロナウイルスに感染する恐れが非常に高くなります。そのため、当面の間につきましては、以下のように、

横浜市内にお住まいの方

横浜市以外にお住まいの方

とお住まいの市町村ごとに午前・午後に分かれてのご来場をお願いします。

午前・午後の区分、混雑予想日等、詳しい時間帯は以下の「免許更新カレンダー」をご覧ください。

また、毎週水曜日の午前中は、

65歳以上の方・基礎疾患がある方・妊産婦の方

を優先して受付いたします。(上記の方以外の受付を制限するものではありません)

※ 混雑状況によっては、免許証の即日交付が出来ない場合がありますので、ご了承ください。

※ 周辺道路は大変混雑します。ご来場の際は公共の交通機関をご利用ください。

講習予定者数

受講者数が定員に達した際は後日の講習となります。

※ 来場者数や天候等により、変更する場合があります。講習の回数、受付時間等の詳細は上記「更新時講習時間割」をご覧ください。

月曜日〜金曜日

午前 約1,300名

午後 約1,000名

日曜日

午前 約2,600名

午後 約1,700名

警察署

コロナウイルス感染症対策として、更新時講習の受講者数を制限して運用します。

各講習(後日講習)につきましては、公民館等の借り上げ施設の閉鎖により、一時休止している警察署もございます。運転免許センターでお手続をしていただくか、お急ぎでない方は有効期間の延長措置をご利用ください。

既に警察署で更新手数料の納付・適性検査(視力の検査)を済ませた方が運転免許センターで講習を受けた場合でも、当日に運転免許証の交付は受けられません。後日、受付をした警察署で運転免許証を受領してください。

後日実施の更新時講習の実施状況

後日実施の更新時講習(一般運転者・初回更新者・違反運転者)の実施状況(PDFファイル125KB)


試験


各種お問合せはこちら

≪受付時間≫

月曜日から金曜日の平日

午前8時30分から午後5時15分まで

神奈川県警察運転免許センター

045−365−3111

※ おかけ間違いのないようご注意ください。

このページの先頭へ戻る