国外(国際)運転免許証の申請手続について(本人による申請の場合)


※現在、新型コロナウイルス対策に伴って日曜日の業務を休止しております。

令和4年8月から、日曜日の受付を予約制で再開します。(予約開始は令和4年7月中を予定しています。)

詳細は運転免許センターへお問い合わせください。


受付

神奈川県に住所地がある方(住所変更の場合は、新住所地が神奈川県の方)は、運転免許センター又は神奈川県内の警察署(横浜水上警察署を除く。)で手続ができます。

受付
受付場所 受付時間
運転免許センター 月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)
午前8時30分〜11時
午後1時〜3時30分
日曜日(年末年始の休日を除く。)
現在休止中(令和4年8月から予約制にて再開します。予約開始は7月予定です。)
※ 運転免許証の記載事項(本籍・住所等)に変更がある方は、月曜日から金曜日の受付のみとなります。
警察署
(横浜水上警察署を除く。)
月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)
午前9時〜12時
午後1時〜4時
※ 国際免許は受付をした警察署で約2週間後に交付されます。(有料で郵送も可能です。)
※川崎、横須賀、鎌倉、小田原、海老名、相模原北警察署は混雑が予想されます。


必要書類等

  • 運転免許証(住所が神奈川県内の方に限ります。)
  • 国外運転免許証交付申請書(申請用紙は運転免許センター及び警察署にあります。)
  • 申請用写真
    • タテ4.5センチメートル×ヨコ3.5センチメートル 顔中心のもの
    • 申請前6ヶ月以内に撮影
    • 無帽、正面、無背景、枠なし
    道路交通法施行規則の改正により、令和4年5月13日から国際運転免許証の写真の基準が上記のとおりに変わりました。改正前の基準による写真では受付できませんので、誤りのないよう写真をご用意ください。
    ※ 持参していただいた写真をそのまま使用しますので、鮮明なものをお持ちください。
  • 外国に渡航することを証明する書類 (パスポート、パスポート(旅券)引換証、船員手帳等)
    ※eチケット等は印刷して持参してください。画面データの提示だけでは受付できません。
  • 以前に交付された国外(国際)運転免許証をお持ちの方は、その国外(国際)免許証
    ※返納となります。返納しない場合、新しい国外(国際)免許証の交付を受けられない場合があります。
  • 手数料 2,350円

手数料は神奈川県の収入証紙を購入してください。

神奈川県の収入証紙は運転免許センター、神奈川県内の警察署近くの交通安全協会で購入できます。

その他、神奈川県のホームページで販売所を確認できます。(外部リンク)

警察署での手続の際に、国外(国際)免許証の郵送を希望される方は、有料(1,000円)にて、手続を行った警察署近くの交通安全協会で申し込みできます。


更新手続と同時に申請する場合

運転免許証の更新と国外(際)運転免許証の申請を同時に行う場合は、時間に余裕を持って来場してください。

運転免許証の更新期間より前に特例の更新手続を希望する場合は以下をご覧ください。


その他

  • 運転免許センターで手続した方の国外(国際)運転免許証は即日交付されますが、警察署では約2週間後(土曜・日曜・祝日・休日・年末年始等行政庁の休日は含みません。)に交付されます。
  • 国外(国際)運転免許証の有効期間は発給日から1年間です。
  • 日本の免許証の有効期間(残りの期間)が外国滞在中に失効するような場合は、更新の特例手続をしてください。
    (日本の免許証の有効期間が1年以内でも、国外(国際)免許証の申請はできます。)
  • 運転できる国は、原則として道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)加盟国のみに限られます。
  • 警察署で手続をされる方で郵送交付を希望する方は、手数料1,000円を支払って依頼することができます。
  • 運転免許センターでは、申請に必要な写真を運転免許センター内に設置されているスピード写真機(有料)を利用して撮ることができます。

※運転免許センターは、駐車場が少ないため、違法駐車が多く、路線バスの妨げとなっておりますので、車両でのご来場はご遠慮ください。