運転免許証の有効期間を経過した場合(失効)の手続について


この手続は「運転免許センター」でなければできません。

この手続は、免許の更新・再交付ではありません。新たに免許を取得する試験です。

午後は大変混み合います。


失効の種類(ご自分がどれに当てはまるかを見てください。)

  • やむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。
  • 今回及び前回においてやむを得ない理由で有効期間を経過して6か月以内の方。
  • やむを得ない理由がなく、有効期間を経過して6か月以内の方。
  • 有効期間を経過して6か月を超え3年以内で、かつ、やむを得ない事情が終わった日から1か月以内の方。

※ やむを得ない理由とは、海外滞在や入院をしていた、刑務所等に収容されていたことを指します。

「仕事等で忙しかった」、「更新のお知らせのはがきが届いていない」、「更新のお知らせのはがきに気付かなかった」といったものはやむを得ない理由ではありません。

※ うっかり失効の場合で、有効期間が経過して6か月を超え1年以内で、大型自動車、中型自動車、準中型自動車又は普通自動車を運転できる免許を所持しているときは、それぞれの仮免許は、学科・技能試験は免除となります。「仮免許(失効後6か月を超え1年以内)の手続について」をご覧ください。

※ 有効期間が経過して3年を超えた方に対する特例

平成13年6月19日以前にやむを得ない事情が発生したため、失効手続ができないまま有効期間を経過して3年を超え、やむを得ない事情が終わった日から1か月以内の方(ただし、やむを得ない事情は、失効後6か月以内の期間に発生し、継続していたことが必要です。)は、技能試験が免除されます。

学科試験受験が伴いますので、受付は午前8時30分〜9時のみ。手続完了まで1日を要しますので、ご注意ください。


受付

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く)

午前8時30分〜9時 午後1時〜1時30分(受付開始前の概ね30分前から申請書を配布します)

運転免許センター 2階 失効窓口


必要書類等

  • 運転免許申請書及び質問票(用紙は運転免許センターにあります。)
    ※ 質問票の詳細は、こちらをご覧ください。
  • 失効した運転免許証

    ※ 失効した免許証がない方は、健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、パスポートなど、身分を証明できるものを提示してください。

    提示されない場合は申請を受理できません。

  • 本籍(外国籍の方は国籍)が記載されている住民票の写し(6か月以内のもの) 1通
  • 外国籍の方は、在留カード、特別永住者証明書等
  • 申請用写真 1枚

    タテ3.0センチメートル×ヨコ2.4センチメートル

    申請前6か月以内に撮影

    無帽、 正面、 上三分身、 無背景(「申請する際に提出する写真について」をご覧ください。)

    ※ 免許証用の写真は、申請用写真とは別に当日撮影します。

  • 前回更新時及び今回更新時にやむを得ず失効の方は、やむを得ない事情を証明する書類(コピー不可)
    パスポート(出入国の記録があるもの)、診断書、在所証明 など

    ※ 顔認証ゲートを通過した場合の留意事項について

    海外滞在により、運転免許証の有効期間を経過した場合、海外滞在していたという、やむを得ない理由の確認については

    • パスポート(旅券)に押された日本の出入国スタンプ(日本の出国スタンプ・入国スタンプはいずれも必要です。)
    • 出入国在留管理庁が出帰(入)国記録に係る開示請求を受けて発行する文書

    等により行いますので御準備ください。

    なお、出入国手続において顔認証ゲートを通過した場合、パスポート(旅券)には日本の出入国スタンプ(出入国記録)が押印されません。

    出入国スタンプが押印されたパスポート(旅券)を用いる場合には、顔認証ゲートの通過後、出国手続時には航空機への搭乗前、入国手続時には税関検査前に担当職員に申し出て、パスポート(旅券)にスタンプの押印を受けて下さい。

    また、出入国在留管理庁が出帰(入)国記録に係る開示請求を受けて発行する文書を用いる場合には、当該文書の発行までに一定の期間を要しますので、「失効の種類」に応じた手続可能期間に十分注意してください。

    詳細は、出入国在留管理庁又は出入国手続を行った出入国在留管理庁にお問い合わせ下さい。

    パスポート(旅券)に日本の出入国スタンプのうち、両方又はどちらか一方がない場合や出入国在留管理庁が出帰(入)国記録に係る開示請求を受けて発行する文書が御準備できない場合、代わりに航空機関係の記録等(搭乗券の半券、Eチケット、搭乗証明書など)で日本の出入国年月日が確認できるものがあれば、持参してください。

    日本の出入国年月日の確認物を全く用意できない場合は、事前にお問合せをお願いいたします。

    ※ 診断書については、

    • 運転免許証の有効期間最終日を跨いだ期間(初診日と回復したと診断された日、入院していた場合には入退院日)
    • 傷病名
    • 運転に支障がないとの診断

    が記載されたものをご用意ください。その診断書により、やむを得ない理由を確認させていただきます。

    また、病名等によっては、手続内容が変わる可能性があるため、法に定める一定の病気にかかっている方及び身体に一定の障害のある方は、運転免許センターの安全運転相談室に事前にお問い合わせください。

  • 海外の帰国者等で、その国で1年以上運転の経験があり、当該国の運転免許証(取得日から1年以上経過していることが免許証上確認できるもの。)を所持している方は、その免許証
    海外の免許証で、経歴が証明できない場合にはライセンスレコード等(初心運転者標識免除者、大型二輪・普通二輪二人乗り禁止の解除等の確認に必要)
  • 70歳以上の方は、高齢者講習終了証明書(高齢者講習については「高齢者講習のご案内」をご覧ください。)

海外からの一時帰国中の方で、住民登録が日本にない方(神奈川県内に一時滞在する方に限ります。)

  • 本籍が記載されている住民票の除票又は戸籍の附票、戸籍謄本、戸籍抄本等本籍を証明する書類(6か月以内のもの)1通
  • 滞在証明書(日本での一時滞在先を証明する書類)
    ※滞在証明書は、家族や知人等に依頼して書いてもらってください。
    ※滞在先の住所が免許証の住所になります。
  • 滞在証明書を書いた人の証明(住民票の写し、免許証のコピー(表・裏両面)等、氏名と住所が証明できる書類)
    「滞在証明書」に必要な記載内容は、「滞在証明書の記載項目」をご覧ください。

手数料

  • 試験手数料 1種目ごとに1,900円
  • 講習手数料(優良運転者 500円、一般運転者 800円、違反運転者・初回更新者 1,350円)
  • 交付手数料2,050円(2種目以上の場合、1種目追加ごとに併記手数料200円を追加)

手続きの順序

  • 受付
  • 適性試験
  • 暗証番号設定
  • 写真撮影
  • 講習受講(優良運転者講習・一般運転者講習・違反運転者講習・初回更新者講習)
  • 免許証交付(即日)

その他

  • 「失効の種類 1・2」に該当する方は、免許を受けていた期間が継続しているものとみなします。
    この場合、過去5年以上継続して免許を受けており、かつ、この間、無事故・無違反であれば、ゴールド免許が交付されます。
  • 申請の際に、現在お持ちの免許証を職員が複写して受理します。
  • 「失効の種類 4」の失効の申請は、やむを得ない事情が終わった日から1か月以内に手続を行ってください。
  • 基準該当初心運転者で、再試験不受験者等の失効については、手続はできません。
  • 運転免許センターには、スピード写真機(有料)が設置されていますが、混雑により受付時間に間に合わない場合がありますので、事前に用意されることをお勧めします。
  • 適性試験に合格された方は、4桁数字2組(8桁)の暗証番号が必要となりますので、事前に暗証番号を決めておいてください。

このページの先頭へ戻る