県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


少年の非行・犯罪被害防止

平成30年中に検挙・補導した非行少年の総数は2,352人で、平成24年から7年連続して減少し、街頭犯罪(ひったくりや乗り物盗等)の少年の検挙人員も約4割(補導人員を含む)で前年より1割減少していますが、刑法犯で検挙した少年のうち、約3割が既に非行の経験を有している現状にあります。

また、近年は振り込め詐欺等の特殊詐欺や大麻等の薬物で検挙される少年が増加傾向にあり、いずれも高校生の検挙が増加し、中学生も検挙されている状況にあります。

県警察では、将来を担う子供たちを非行や犯罪被害から守る活動を推進していますが、この活動をより効果的なものとするためには、警察だけでなく、家庭や地域の皆様の協力が不可欠です。

地域ぐるみで少年の非行や犯罪被害を防止するための活動を推進していきましょう。

このページの先頭へ戻る


秋の全国交通安全運動の実施

目的

すべての県民を交通事故から守るために、県民一人一人が交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて交通事故防止の徹底を図ります。

期間等

令和元年9月21日(土曜日)から9月30日(月曜日)までの10日間

交通事故死ゼロを目指す日 9月30日(月曜日)

スローガン

「安全は 心と時間の ゆとりから」

「高齢者 模範を示そう 交通マナー」

運動の重点

  • 子供と高齢者の安全な通行の確保
  • 高齢運転者の交通事故防止
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶
  • 二輪車の交通事故防止

このページの先頭へ戻る


違法駐車をなくそう

令和元年度 違法駐車追放運動に係るスローガン

「放置ゼロ キレイな街で おもてなし」

違法駐車の指導・取締りを強化します。

違法駐車は、歩行者等の通行を妨げ、交通事故の原因や交通渋滞の原因となり、更には事件・事故や災害発生時におけるパトカー、救急車等の緊急車両の通行妨害ともなります。

違法駐車をなくし、安全で円滑な交通環境を確保するためには、県民の皆様一人一人が交通ルールを守り、駐車のマナーアップに努めていただくことが必要です。

そのため、県警察では、9月21日(土曜日)から30日(月曜日)までの10日間、違法駐車追放強化期間として、街頭キャンペーン、地域住民の方々との合同パトロールといった、広報・啓発活動を行うとともに、違法駐車車両に対する指導・取締りを強化します。

  • 運転者が乗車している車両でも、人待ちや時間調整等で継続的に駐車する行為は駐車違反として指導・取締りの対象となります。
     また、貨物の積卸しのための停止で5分を超えないものであっても、運転者がその車両を離れ、直ちに運転できる状態にない場合も同様です。
     人待ち、時間調整、貨物の積卸し等に伴う駐車は、駐車施設や荷さばき場で行いましょう。
  • 通学路の違法駐車は、児童が駐車車両の陰に隠れ、姿が見えにくくなるばかりか、児童が安全確認を行う際の妨げにもなり、大変危険ですのでやめましょう。
  • 横断歩道付近の違法駐車は、横断歩行者や車両運転者が安全確認を行う際の妨げにもなり、迷惑で大変危険ですのでやめましょう。
  • 歩道、特に視覚障害者誘導用ブロックが設置されている歩道上の違法駐車は、高齢者や障害者等の円滑な移動を阻害する要因になり迷惑で大変危険ですのでやめましょう。

「すぐ帰ってくるから」「みんなが止めているから」といった安易な気持ちで路上に駐車することなく、必ず、駐車場等を利用して違法駐車をやめましょう。

問合せ先

神奈川県警察本部交通部駐車対策課駐車取締り係

045−211−1212

又は最寄りの警察署交通課


放置駐車違反に対して責任追及をします。

放置駐車違反については、車両の使用者に対して責任追及を行う場合があります。

交通ルールを守り、路上駐車せず駐車場等を利用しましょう。

運転者責任と使用者責任について

  • 放置駐車違反として、確認標章を取り付けられた場合、及び運転者が反則切符の告知を受け反則金を納付しない場合は、車両の使用者(車検証の使用者欄に記載された者)が、放置駐車違反の責任を追及されます。
     その場合は、車両の使用者に対して放置違反金の納付命令が送付されることとなります。
  • 放置違反金の納付命令を受けても期限までに納付されなければ、公安委員会から督促を受けます。
     督促を受けても納付しない場合は、差押え等の滞納処分の対象となります。

車検拒否・車両の使用制限について

  • 放置違反金の督促を受けても納付しないときは、車検を受けることができません。
  • 放置違反金の納付命令を繰り返し受けると、車両の使用を制限される場合があります。

問合せ先

神奈川県警察本部交通部駐車対策課管理係(車検拒否)・使用制限係(車両の使用制限)

045−211−1212

又は最寄りの警察署交通課

このページの先頭へ戻る


「テロ、ゲリラ」事件根絶と過激派アジト発見にご協力を

過激派とは、社会主義・共産主義革命を目指し、平和で自由な民主主義社会を暴力で破壊、転覆することを企て、飛翔弾の発射や爆弾を爆発させたりするなどの過激な「テロ、ゲリラ」事件を引き起こしたり、対立する団体や個人に対する調査を目的とした住居侵入、窃盗等の違法行為を組織的に敢行する集団を言います。

警察では、「テロ、ゲリラ」事件を実行する犯人の検挙や過激派が潜伏するアジトの摘発に努めています。

こうした「テロ、ゲリラ」事件を根絶し、過激派のアジトを発見するためには、県民の皆さんのご協力が不可欠です。

 皆さんの周りで

  • 偽名でマンションやアパートに住んでいる
  • 部屋への出入りの際、周囲を気にしている
  • 密かに複数の人が出入りしている
  • ことさらに近隣の住民と接しないようにしている

といった、「変だな?おかしいな?」と思うことがありましたら、最寄りの警察署、交番、駐在所又は極左110番「045−671−0110」にご連絡ください。

このページの先頭へ戻る


ラグビーワールドカップ2019™等の警備にご理解とご協力を

  ラグビーワールドカップ2019™について

開催日程

2019年9月20日(金曜日)〜11月2日(土曜日)

試合会場

横浜国際総合競技場を含む日本全国12都市

県内試合日程

  • 9月21日(土曜日) 18時45分〜 ニュージーランド 対 南アフリカ
  • 9月22日(日曜日) 16時45分〜 アイルランド 対 スコットランド
  • 10月12日(土曜日) 17時15分〜 イングランド 対 フランス
  • 10月13日(日曜日) 19時45分〜 日本 対 スコットランド
  • 10月26日(土曜日) 17時〜 準決勝
  • 10月27日(日曜日) 18時〜 準決勝
  • 11月2日(土曜日) 18時〜 決勝

  天皇陛下の御即位に伴う儀式等について

即位礼正殿の儀

年月日 : 令和元年10月22日(火曜日)

場所 : 宮中

行事概要 : 天皇陛下が御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式

祝賀御列の儀

年月日 : 令和元年10月22日(火曜日)

場所 : 皇居〜赤坂御用地

行事概要 : 即位礼正殿の儀終了後、広く国民に御即位を披露され、祝福を受けられるための御列

饗宴の儀

年月日 : 令和元年10月22日(火曜日)、25日(金曜日)、29日(火曜日)、31日(木曜日)

場所 : 宮中

行事概要 : 御即位を披露され、祝福を受けられるための饗宴

大嘗宮の儀

年月日 : 令和元年11月14日(木曜日)〜15日(金曜日)

場所 : 皇居東御苑

行事概要 : 御即位後初めて国家・国民の安寧と五穀豊穣を感謝し、祈念される儀式

  大規模行事におけるテロ等の脅威

ラグビーワールドカップ2019™及び天皇陛下の御即位に伴う儀式等は、世界中の注目を集めて開催される行事であることから、テロやサイバー攻撃の標的となる可能性が否定できない情勢にあります。

実際に、過去の大規模行事では

ロンドン同時爆破テロ事件(2005年/イギリス)

イギリスでG8サミットの開催中、首都ロンドンの地下鉄3か所、バス1台が次々に爆破され、56人が死亡、約700人が負傷

ボストンマラソン連続爆破テロ事件(2013年/アメリカ)

マラソンのゴール付近に爆弾を仕掛けられ、2度の爆発により3人が死亡、200人以上が負傷

等のテロ事件が発生しています。

また、近年は、駅やコンサート会場、大型商業施設等の不特定多数の人が集まる、いわゆるソフトターゲットと呼ばれる施設において無差別テロが発生しており、その手法についても、車や刃物等の入手が容易な物が使用されるケースが多く見られます。

その他に、大規模行事の主催者等のウェブサイトに対するサイバー攻撃事案も発生しています。このため警察では、テロ等違法行為を未然に防止するため、関係機関、民間事業者、地域住民等の皆様と連携した官民一体のテロ対策を推進しています。


  警戒警備等へのご理解とご協力を

警戒警備期間中は、パトロール、検問等の警察活動を強化しますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

皆様からの情報提供が、テロ等を未然に防ぐ大きな力となりますので、不審な人物、不審車両(物)等を見掛けたときは、110番又は近くの警察署、交番、駐在所までご連絡ください。

このページの先頭へもどる