県警からのお知らせ


目次


常時SSL化の実施について

神奈川県警察では、神奈川県警察ホームページをより安全に利用できるよう、令和2年9月1日から神奈川県警察ホームページの全てのページを常時SSL化(※)しました。

※ 常時SSL化(https化)とは、インターネット上でやり取りされるデータを暗号化して安全に送受信することにより、「改ざん」や「なりすまし」などを防ぐ仕組みです。

変更内容

本サイト内、全ページのURLの先頭が「http」から「https」に変更となりました。

変更前:http://www.police.pref.kanagawa.jp/

変更後:https://www.police.pref.kanagawa.jp/

従来のURLにアクセスした場合でも、自動的に新しいURLへ転送されるため閲覧に支障はありませんが、ブックマークに登録している場合や、ホームページ等にリンクを掲載している場合は、新しいURLへの変更をお願いします。

常時SSL化に伴う注意事項

常時SSL化に伴い、一部の古い端末やブラウザではページを正しく表示できない場合があります。表示に問題があった場合は、最新のバージョンでご利用ください。

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止対策について

当ホームページ上では、特殊詐欺の手口など、被害防止等に役立つ情報を掲載しています。

詳しくは、「特殊詐欺にご注意を」をご覧ください。

サギ撲滅の2本柱 1こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!「急にお金が必要!用意して!」「キャッシュカードを預かります。」「ATMで医療費を還付します。」 2留守番電話設定のお願い!「犯人は留守番電話を嫌います。」「常に留守番電話設定を!」「留守番電話が作動する前に取らないで!」「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

また、特殊詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動の強化について

還付金詐欺が増えています!

特殊詐欺全体の認知件数は昨年同期比で減少しているものの、高水準で推移しています

特に、役所職員をかたり

「医療費の払い戻しがあります。」「税金の還付があります。」

などと言い、駅やコンビニエンスストアに設置の無人ATMを操作させ、犯人の口座に預貯金を振り込ませる還付金詐欺が増えています。

ATMを利用した際に、

ATMを利用する高齢者携帯電話を使用還付金詐欺

を疑い、お声掛けをお願いします。

キャッシュカードや暗証番号は他人に絶対に渡さない、教えない!

  キャッシュカードをだまし取る手口

警察官や金融機関職員を名乗り

  「あなたのキャッシュカードが不正に使用されています。」

  「セキュリティの高いキャッシュカードに変えた方がいい。」

等、身に覚えがないことを話し、

  「これからご自宅に伺い、キャッシュカードを交換します。」

と話し、自宅を訪問し、キャッシュカードをだまし取る手口です。

また、キャッシュカードを封筒に入れさせ

  「封印をするので、印鑑をお願いします。」

等と話し、その場を離れた隙を見て、封筒ごと別の封筒にすり替える手口が発生しています。

電話でキャッシュカードと言われたら、それはサギ!


被害に遭わないための対策

  必要以上の現金は自宅に保管せず、自宅に現金があることを他人に教えない


  暗証番号は絶対に他人に教えない


  犯人からの電話を受けないようにするための対策をする

固定電話は、常時、留守番電話に設定し、犯人からの電話に出ないことが被害防止に効果的です。

迷惑電話防止機能を有する機器への変更

様々な事情から常時留守番電話に設定できないご家庭は、呼出音が鳴る前に、相手に対し

「この電話は特殊詐欺等の犯罪被害防止のため、会話内容を自動録音します。」

旨を告げる迷惑電話防止機能を有する機器の設置は、犯人が録音されることを嫌いますので効果的です。

迷惑電話防止機能を有する機器への変更を御検討ください。

迷惑電話防止機能を有する機器については、市町村が無償貸出や購入費補助を実施している場合があります。お住まいの市町村に確認してください。


  詐欺に気付くことのできる地域社会を!

特殊詐欺は、誰しもが被害に遭う可能性がある犯罪であるという認識を持ち、社会全体で声を掛け合うことが大切です。

駅やコンビニエンスストア、ATMで焦った様子で電話をしているご高齢の方を見かけましたら、お声掛けと警察への通報をお願いします。


  『サギ撲滅の2本柱』

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

  • 「急にお金が必要!用意して!」
  • 「キャッシュカードを預かります。」
  • 「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

  • 「犯人は留守番電話を嫌います。」
  • 「常に留守番電話設定を!」
  • 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
  • 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

  特殊詐欺に関する情報提供をお願いします

息子や親族になりすました者、金融機関等の職員を名乗る者などから

「今日中にお金が必要だ。」「新しいキャッシュカードと交換する必要があるので古いものを回収しに行く。」

などという電話がかかってきたときは警察に通報してください。

被害拡大防止対策に役立てるほか「だまされた振り作戦」を実施して犯人を捕まえることができます。


現金やキャッシュカード等を直接だまし取りにくる犯人は、昼間の時間帯にスーツ姿で住宅地をウロウロしたり、携帯電話で頻繁に会話しながら歩いている場合があります。

不審な者を見かけたら、110番又は最寄の警察署に通報してください。


捜査第二課では、「Twitter」を利用して特殊詐欺に関する前兆電話の入電状況をリアルタイムに発信しているほか、最新の手口や被害防止に役立つ情報等も発信しています。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


安全・安心まちづくり旬間(全国地域安全運動)の実施について

10月11日(月曜日)から10月20日(水曜日)までの10日間、県内一斉に「安全・安心まちづくり旬間」が実施されます。この「安全・安心まちづくり旬間」は、平成17年4月1日から施行されております「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例」に基づく活動であり、従来、全国一斉に取り組んできた「全国地域安全運動」と一体化させて取り組むこととしたものです。

この運動は、地域住民や防犯ボランティア、自治体等の関係機関・団体と警察が連携して地域に密着した防犯活動を展開することによって、地域安全活動の浸透と定着化を促進し、地域住民等との協働による安全で安心して暮らせる地域社会の実現を図ることを目的としています。

実施重点

  • 子供と女性の犯罪被害防止
  • 特殊詐欺の被害防止
  • 住宅を対象とした侵入犯罪の被害防止

このページの先頭へ戻る


秋の行楽期における山岳遭難の防止について

秋は、1年で最も山が豊かな表情を見せてくれる季節であり、美しい紅葉を求めて多くの方がハイキングや登山を楽しまれます。しかしながら、日没も早くなり、朝夕の冷え込みも厳しくなってくることから、防寒対策などのしっかりとした準備が必要です。安全に登山を楽しむために、次のことに注意しましょう。

山岳遭難を防止するために

しっかりとした登山計画を立てましょう。

山岳遭難で最も多いのは道迷いです。目標とする山のことをよく知らないままで登るのは大変危険です。

書籍、インターネット等でよく情報収集し、天候や登山ルート、危険個所などを把握するとともに、自分の技術や経験、体力などを踏まえ、無理のない計画を立て、必ず家族や友人などに知らせましょう。

出発前に健康状態をよく確認し、万全の状態で登りましょう。

少しでも体調がすぐれないと感じたら、登山計画を中止しましょう。

登山中は、こまめに休憩をとり、体調不良を感じたら下山しましょう。

早めの出発、早めの下山を心掛けましょう。

山岳遭難の多くは道迷いです。山の日暮れは早く、暗くなった状態での登山(下山)は、視野も狭くなり非常に危険です。

時間に余裕をもって早めに出発し、日暮れ前に下山するようにしましょう。

装備品を必ず携帯しましょう。

道迷いを防ぐため、地図やスマートフォンのアプリ、登山向けGPS機能付端末などを使って適宜自分の現在位置を確認しましょう。

山の天候は変わりやすいため、体温維持のために雨衣や防寒着を準備しましょう。

水分補給やエネルギー化が速い食べ物(炭水化物や糖類)を摂取し、体調維持に努めるとともに、万が一に備え、ライトや救急用品なども携帯しましょう。

新型コロナウイルス感染症対策を徹底しましょう。

手指の消毒、うがい、マスク着用を徹底するとともに、3つの密(密閉、密集、密接)を回避しましょう。

こちらもご覧ください。「登山を楽しく安全に」

このページの先頭へ戻る


交番・駐在所の巡回連絡にご協力を
−安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指して−

犯罪や交通事故のない、安全で安心して暮らせるまちづくりのために、交番や駐在所で勤務する警察官は、皆さんのまちをパトロールしたり、皆さんのまちで起きた事件・事故の処理を行っています。

また、活動の一つとして、ご家庭や会社等を訪問し、要望・意見をお伺いする「巡回連絡」を行っています。

皆さんの要望・意見をお聞かせください

「巡回連絡」とは、交番や駐在所の警察官が皆さんのご家庭や会社等を訪問して、犯罪や交通事故の発生状況、犯罪等の予防に必要な情報を提供するほか、皆さんから警察に対する要望・意見をお伺いして、安全で安心して暮らせるまちづくりに生かすための活動です。

「巡回連絡」で警察官が訪問した際は、お気軽にご相談ください。

警察からは、

  • 「特殊詐欺」、「ひったくり」、「空き巣」に注意してください
  • 交通事故の発生が多くなっています

など、地域の犯罪や交通事故の発生状況等の情報を提供しています。

地域の皆さんからは、

  • 不審者が子供に声を掛けている
  • 痴漢やストーカー等の被害に遭っている
  • 暴走族や迷惑駐車で困っている
  • 子供の非行や家庭内暴力等で悩んでいる
  • 頻繁に大人の怒鳴り声や子供の泣き声がする
  • 覚醒剤や大麻等の薬物を使用している人がいる
  • 暴力団に脅されたり、嫌がらせをされている

など、皆さんが不安に思う事や困りごと、その他の要望・意見をお伺いしています。

「巡回連絡カード」の記入にご協力ください

交番や駐在所の警察官が、巡回連絡で皆さんのご家庭や会社等を訪問した際に「巡回連絡カード」の記入をお願いしています。

このカードは、大きな災害が発生したときのご家族への安否確認、迷子や高齢者の方を保護した際の連絡、事件・事故等の非常の際に、ご家族等への連絡を行うために活用するものです。カードの記入にご協力をお願いします。

こちらもご覧ください。「警察官の巡回連絡にご理解とご協力を」

このページの先頭へ戻る


拳銃等違法銃器の根絶について

拳銃等違法銃器の根絶にご協力を

県民生活に重大な脅威を与える銃器犯罪は、絶対に許すことができません。

警察では、銃器使用犯罪を防止し、県民が安全で安心して暮らせる地域社会を実現するために、拳銃等違法銃器の摘発を強力に推進しています。

皆さんの「違法銃器の存在は絶対に許さない」という意思が、違法銃器とその使用犯罪のない地域社会を作ります。

皆さんの情報が違法銃器根絶につながります。

拳銃等違法銃器に関する情報の提供をお願いします。

連絡先

● 最寄りの警察署

● 神奈川県警察本部薬物銃器対策課

● 拳銃110番 0120−10−3774(フリーダイヤル 銃ミナナシ)

拳銃110番報奨制度

皆さんは、「拳銃110番報奨制度」をご存じですか。

この制度は、実名・匿名を問わず、あなたの情報により拳銃等の銃器が押収され、かつ被疑者が検挙された時、状況に応じて報奨金が支払われる制度です。

通報の受付は、

全国共通のフリーダイヤル番号 0120−10−3774(フリーダイヤル 銃ミナナシ)

です。

皆さんからの情報が、銃器犯罪から尊い命と平和な市民生活を守ります。

遺品拳銃の提出依頼

皆さんのご自宅に軍用拳銃が眠っていませんか?

遺品整理をした時などに旧日本軍の軍用拳銃が見つかることが多く、現在でも多数の遺品拳銃が回収されています。

軍用拳銃は、大事な形見や遺品であっても所持することができません。

実弾が装てんされたままのものもあり、子供がもてあそんで思わぬ被害に遭う危険性があります。

更に、安易に廃棄したり、盗まれたりすると、思いがけない犯罪に使用される恐れもあります。

発見した際は、速やかに最寄りの警察署にご連絡をお願いします。

こちらもご覧ください。「拳銃のない安全な社会を目指して」「拳銃110番報奨制度」

このページの先頭へ戻る


違法駐車追放強化期間の実施について

令和3年度 違法駐車追放運動に係るスローガン

「放置ゼロ キレイな街で おもてなし」

違法駐車の指導・取締りを強化します

違法駐車は、歩行者等の通行を妨げ、交通事故の原因や交通渋滞の原因となるほか、事件・事故や災害発生時におけるパトカー、救急車等の緊急車両の通行妨害にもなります。

違法駐車をなくし、安全で円滑な交通環境を確保するためには、県民の皆様一人一人が交通ルールを守り、駐車のマナーアップに努めていただくことが必要です。

そのため、県警察では、10月22日(金曜日)から31日(日曜日)までの10日間、「違法駐車追放強化期間」として、街頭キャンペーンや地域住民の方々との合同パトロール等の広報・啓発活動を行うとともに、違法駐車車両に対する指導・取締りを強化します。


次の行為は、大変危険なのでやめましょう

通学路の違法駐車

児童が駐車車両の陰に隠れてしまい、姿が見えにくくなるばかりか、児童が安全確認を行う際の妨げになります。

横断歩道付近の違法駐車

横断歩行者や車両運転者が安全確認を行う際の妨げになります。

歩道、特に視覚障害者誘導用ブロックが設置されている歩道上の違法駐車

高齢者や障害者等の円滑な移動を阻害する要因になります。

休憩や時間調整等による違法駐車

幹線道路や車道の合流部に休憩や時間調整等のために駐車している車両(大型貨物自動車等)が散見されます。このような駐車は、他の車両の視界を遮り、交通事故を誘発させます。

  •   本年、県内において、違法駐車車両に他の車両が衝突したことによる死亡事故が複数発生しています。
  •   運転者が乗車している車両でも、休憩や時間調整等で駐車する行為は駐車違反として指導・取締りの対象となります。
      また、貨物の積卸しのための停止で5分を超えないものであっても、運転者がその車両を離れ、直ちに運転できる状態にない場合も同様です。
  •   「すぐ帰ってくるから」「みんな止めているから」といった安易な気持ちで路上に駐車することなく、必ず駐車場等を利用して違法駐車をやめましょう。

放置駐車違反に対する責任を追及します。

放置駐車違反に対しては、車両の使用者に責任追及を行う場合があります。

運転者責任と使用者責任について

  •   放置駐車違反として放置車両確認標章を取り付けられ、運転者が出頭しない場合、又は運転者が反則金を納付しない場合は、車両の使用者(車検証の使用者欄に記載された者)が放置駐車違反の責任を追及されることになり、公安委員会から放置違反金の納付命令が行われます。
  •   放置違反金の納付命令を受け、納付の期限を経過しても放置違反金を納付しなければ、公安委員会から督促を受けます。
      督促を受けても納付しない場合は、差押え等の滞納処分の対象となります。

車検拒否・車両の使用制限について

  •   放置違反金の督促を受けても納付しない場合は、車検時に車検証の返付を受けることができません。
  •   放置違反金の納付命令を繰り返し受けると、車両の使用を制限される場合があります。

こちらもご覧ください。「私たちの街から違法駐車を追放しよう!」「違法駐車対策【目次・概要】」

このページの先頭へ戻る