県警からのお知らせ


目次


常時SSL化の実施について

神奈川県警察では、神奈川県警察ホームページをより安全に利用できるよう、令和2年9月1日から神奈川県警察ホームページの全てのページを常時SSL化(※)します。

※ 常時SSL化(https化)とは、インターネット上でやり取りされるデータを暗号化して安全に送受信することにより、「改ざん」や「なりすまし」などを防ぐ仕組みです。

変更内容

本サイト内、全ページのURLの先頭が「http」から「https」に変更となります。

変更前:http://www.police.pref.kanagawa.jp/

変更後:https://www.police.pref.kanagawa.jp/

従来のURLにアクセスした場合でも、自動的に新しいURLへ転送されるため閲覧に支障はありませんが、ブックマークに登録している場合や、ホームページ等にリンクを掲載している場合は、新しいURLへの変更をお願いします。

常時SSL化に伴う注意事項

常時SSL化に伴い、一部の古い端末やブラウザではページを正しく表示できない場合があります。表示に問題があった場合は、最新のバージョンでご利用ください。

このページの先頭へ戻る


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「特殊詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、特殊詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


夏休みにおける少年の非行・犯罪被害防止と有害環境の浄化

少年の非行・犯罪被害防止及び有害環境の浄化活動にご協力を!

夏休みの時期は、毎日が休みとの開放感から気持ちが緩み、深夜はいかいや喫煙、飲酒等や、万引き、自転車盗、薬物乱用等の非行に走るおそれがあります。

さらに、この時期は、友達やSNS等のつながりから不良交友関係が増えたり、SNS等を介して知り合った相手から性的被害に遭うなど、悪質な犯罪被害に遭う少年が増えることも危惧されます。

県警察では、将来を担う子供たちを非行や犯罪被害から守る活動を推進していますが、この活動をより効果的なものとするためには、警察だけでなく、家庭や地域の皆様の御協力が不可欠です。

夏休みを有効に活用し、親子で触れ合いながら気持ちを伝える機会を増やすとともに、地域ぐるみで少年の非行や犯罪被害を防止するための活動を推進していきましょう。

令和元年中の少年非行の情勢

県内の少年非行の特徴

昨年の少年非行の特徴として

  • 特殊詐欺に加担して検挙された少年が48人(前年比13人、21.3%減少)で、学職別は高校生7人、大学生2人、その他の学生2人、有職8人、無職29人

となっており、前年と比較して約2割減少しましたが、無職少年の加担が約6割を占めています。

検挙された少年のうち14人は、詐欺グループが先輩や知人を介して「簡単に稼げる。」などと誘い、少年を特殊詐欺に加担させています。

また

  • 大麻取締法違反で検挙された少年が75人(前年比28人、59.6%増加)で、学職別は中学生1人、高校生11人、大学生5人、その他の学生7人、有職36人、無職15人

となっており、検挙人員は過去最多で、有職少年、無職少年が増加傾向にあります。

県内において検挙・補導した刑法犯少年の状況

昨年、刑法犯で検挙・補導した少年は1,506人で、前年比344人、18.6%の減少となりましたが、特徴として

  • 約3人に1人の割合(33.9%)で、再び非行を犯している。
  • 学職別では、高校生が最も多く全体の42.7%を占めている。
  • 路上強盗、ひったくり、自転車盗等のいわゆる街頭犯罪の検挙人員のうち42.6%を少年が占めている(補導人員を含む)。
  • 非行の入り口と言われる自転車盗、万引き、占有離脱物横領の検挙・補導人員が、刑法犯の48.1%を占めている。

などが挙げられます。

このページの先頭へ戻る