県警からのお知らせ


目次


常時SSL化の実施について

神奈川県警察では、神奈川県警察ホームページをより安全に利用できるよう、令和2年9月1日から神奈川県警察ホームページの全てのページを常時SSL化(※)しました。

※ 常時SSL化(https化)とは、インターネット上でやり取りされるデータを暗号化して安全に送受信することにより、「改ざん」や「なりすまし」などを防ぐ仕組みです。

変更内容

本サイト内、全ページのURLの先頭が「http」から「https」に変更となりました。

変更前:http://www.police.pref.kanagawa.jp/

変更後:https://www.police.pref.kanagawa.jp/

従来のURLにアクセスした場合でも、自動的に新しいURLへ転送されるため閲覧に支障はありませんが、ブックマークに登録している場合や、ホームページ等にリンクを掲載している場合は、新しいURLへの変更をお願いします。

常時SSL化に伴う注意事項

常時SSL化に伴い、一部の古い端末やブラウザではページを正しく表示できない場合があります。表示に問題があった場合は、最新のバージョンでご利用ください。

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止対策について

当ホームページ上では、特殊詐欺の手口など、被害防止等に役立つ情報を掲載しています。

詳しくは、「特殊詐欺にご注意を」をご覧ください。

サギ撲滅の2本柱 1こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!「急にお金が必要!用意して!」「キャッシュカードを預かります。」「ATMで医療費を還付します。」 2留守番電話設定のお願い!「犯人は留守番電話を嫌います。」「常に留守番電話設定を!」「留守番電話が作動する前に取らないで!」「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

また、特殊詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動について

オレオレ詐欺に注意!

息子や孫を装って、最初は

  「風邪をひいて、喉の調子が悪い。」

  「今日、家にいる?。あとで連絡する。」

などと会話の内容が不自然と思われないように話し、さらに、

  「携帯電話を無くした。」

と言って、携帯電話が使えなくなったと思い込ませ、ご家族に連絡させないようにして再度

  「電車の中にカバンを忘れた。会社の大切な契約書が入っている。」

  「会社の大切な書類を間違って送ってしまった。」

などと言い、至急現金が必要であることを持ちかけてきます。

その声、本当に息子さんやお孫さんですか?

現金を要求する電話があった際には、必ず、以前から把握しているご家族の電話番号に確認しましょう!

「STOP!ATMでの携帯電話!」運動、推進中!

還付金詐欺が増えています。

役所の職員をかたり

  「医療費の払い戻しがあります。」「税金の還付があります。」

などと言い、駅やコンビニエンスストアに設置の無人ATMに誘導し、操作させ、犯人の口座に預貯金を振り込ませる還付金詐欺が発生しています。

  「医療費や保険料は、ATMで戻りません!」

県警察では、還付金詐欺の被害防止対策として、

  ATMでの携帯電話の使用をしない、させない

取組を推進しています。

もし、ATM利用時に、ご高齢の方が携帯電話を使用していたら、還付金詐欺を疑い、お声掛けをお願いします。

キャッシュカードや暗証番号は他人に絶対に渡さない、教えない!

  キャッシュカードをだまし取る手口

警察官や金融機関職員を名乗り

  「あなたのキャッシュカードが不正に使用されています。」

  「セキュリティの高いキャッシュカードに変えた方がいい。」

など、身に覚えがないことを話し、

  「これからご自宅に伺い、キャッシュカードを交換します。」

と話し、自宅を訪問してキャッシュカードをだまし取る手口です。

また、キャッシュカードを封筒に入れさせ

  「封印をするので、印鑑をお願いします。」

などと話し、その場を離れた隙を見て、封筒ごと別の封筒にすり替える手口が発生しています。

『電話でキャッシュカードと言われたら、それはサギ!』


被害に遭わないための対策

  必要以上の現金は自宅に保管せず、自宅に現金があることを他人に教えない


  暗証番号は絶対に他人に教えない


  犯人からの電話を受けないようにするための対策

固定電話は、常時、留守番電話に設定し、犯人からの電話に出ないことが被害防止に効果的です。

常時留守番電話に設定できないご家庭は、呼出音が鳴る前に、相手に対し、

「この電話は特殊詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容を自動録音します。」

などと告げる迷惑電話防止機能を有する機器の設置をすると、犯人が録音されることを嫌いますので効果的です。

迷惑電話防止機能を有する機器への変更をご検討ください。

迷惑電話防止機能を有する機器については、市町村が無償貸出や購入費の補助を実施している場合があります。お住まいの市町村に確認してください。


  詐欺に気付くことのできる地域社会を!

特殊詐欺は、誰しもが被害に遭う可能性がある犯罪であるという認識を持ち、社会全体で声を掛け合うことが大切です。

駅やコンビニエンスストア、ATMで焦った様子で電話をしているご高齢のかたを見かけましたら、お声掛けと警察への通報をお願いします。


  『サギ撲滅の2本柱』

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

  • 「急にお金が必要!用意して!」
  • 「キャッシュカードを預かります。」
  • 「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

  • 「犯人は留守番電話を嫌います。」
  • 「常に留守番電話設定を!」
  • 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
  • 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

このページの先頭へ戻る


夏期におけるレジャー事故の防止
−楽しい夏を過ごすための心掛け−

夏は、海や河川、山など、アウトドアでレジャーを楽しむ機会が増える季節です。

自然に触れるレジャーは、楽しみが多い反面、自然ならではの危険もあります。

アウトドアでの事故を防ぐため、自然を甘くみず、危険をきちんと認識し、計画を立てて行動しましょう。

水難防止

令和3年中における水難者数は46人で、前年に比べて死亡者は8人減少しました。そのうち、海での水難は36人(前年比−5人)、河川での水難は9人(前年比−5人)でした。

近年の発生状況は、釣りや水泳の他にも、カヤック、作業中、通行中と多様であり、特にSUP(スタンドアップパドルボード)による水難が目立つことから、関係機関・団体等との情報共有や連携を強化して、適切な水難防止対策に努めてください。

海での水難を防ぐための注意点

  • 海水浴の際は、危険な場所に近づかない。
  • 海は、深さによって水温の変化が大きい場所や、岸に近いところでも、沖へ流れるとても速い潮の流れ(離岸流)があります。こうした危険な場所は、「危険」、「遊泳禁止」などと案内されていることが多いので、海岸や海水浴場の掲示や標識をよく確認するとともに、「遊泳区域」とされているところでも、流れの方向や強弱、水深、自分の体力などを十分に考えて安全に泳ぎましょう。

    また、魚とりや釣りをする場合は、ライフジャケットやスパイクブーツを正しく着用し、危険な場所を避け、近づかないようにしましょう。

  • 健康状態が悪いときやお酒を飲んだときは泳がない。
  • 体調が優れないときや睡眠不足などで疲れているときは、水泳や釣りは控えましょう。体に負担がかかり、事故につながる危険が高くなります。

    また、飲酒後や飲酒しながらの水泳や釣りも事故につながりやすく危険ですので、絶対にやめましょう。

  • 悪天候のときには海に行かない。
  • 天候の変化に注意し、海が荒れているときや荒れることが予想されるときは、海に行かないようにしましょう。

  • 子供だけで遊ばせない。
  • 水深が浅い場所でも、ほんのちょっと目を離した隙に子供が転倒して溺れたり、波にさらわれたりすることがあります。子供が水遊びする際は、必ず大人が付添い、目を離さないようにしましょう。

  • ライフジャケットを着用する。
  • 釣りやボート遊びをするときは、必ずライフジャケットを着用しましょう。

    万が一、事故が起こったときの連絡手段として、携帯電話を防水パックに入れて携行しましょう。

河川、湖等での水難を防ぐための注意点

  • 海水浴の際は、危険な場所に近づかない。
  • 危険を示す掲示板や標識がある場所では遊ばないようにしましょう。また、それ以外の場所でも急に水深が深くなったり流れが速くなったりすることがあるので、十分注意しましょう。

  • 雨やダムの放水などで急に増水することがあります。ダム放流の放送やサイレン、パトロール員などの指示に従い、速やかに安全な場所に避難しましょう。

水上バイクなどのプレジャーボートを楽しむ方へ

  • ライフジャケットを必ず着用しましょう。
  • 無免許や飲酒しての操船は絶対にやめましょう。
  • 他人への迷惑行為はやめましょう。

SUP(スタンドアップパドルボード)を楽しむ方へ

  • 天候、潮の流れ、風向き、風の強さなどに十分注意しましょう。
  • 講習会を受講するなど、正しい知識を身につけましょう。
  • ライフジャケットを着用しましょう。
  • 万が一の通信手段として、必ず携帯電話を携行しましょう。

山岳遭難防止

令和3年中における山岳遭難は135件153人で、前年に比べて減少(−9件−23人)したものの依然として多く発生しています。態様別では道迷いが約4割を占め、年代別では60歳以上が約4割を占めているものの、20代が増加しており、幅広い世代での発生傾向が見られました。

山岳遭難の多くは、山に対する認識が甘く、不十分な装備で体力的に無理な計画を立てるなど、知識・経験・体力の不足から遭難に至ることが見受けられます。

また、下山中の遭難が約8割を占めており、早めの出発を心掛けることが大切です。

安全に登山を楽しむために、次のことに注意しましょう。

登山届を提出しましょう。

  • 山岳遭難で最も多いのは道迷いです。目標とする山のことをよく知らないままで登るのは大変危険です。書籍、インターネットなどでよく情報収集し、事前に天候や登山ルート、危険個所などを把握するとともに、自分の技術や経験、体力を踏まえて無理のない計画を立て、登山届の内容を必ず家族や友人に知らせましょう。
  • 登山アプリ(コンパス、ヤマップなど)を活用しましょう。アプリケーションを起動させGPS機能を有効にしておくことで、遭難した際には正確な位置を家族などに知らせることができるため、捜索・救助時に効果を発揮します。

出発前に健康状態をよく確認し、万全の状態で登りましょう。

  • 少しでも体調がすぐれないと感じたら、登山を中止しましょう。
  • 登山中はこまめに休憩をとり、体調不良を感じたら下山しましょう。

早めの出発、早めの下山を心掛けましょう。

  • 山の日暮れは早く、暗くなった状態での登山(下山)は、視野も狭くなり非常に危険です。時間に余裕をもって早めに出発し、日暮れ前に下山しましょう。
  • 下山する際は、ペースが上がりがちになり、膝を痛めやすく、疲労がたまり転倒しやすくなりますので注意しましょう。また、道に迷った時は引き返すか、上に登ったほうが無難であり、迅速な救助に役立ちますので、安易に下山せずに登ることも検討しましょう。

装備品を必ず携帯しましょう。

  • 道迷いを防ぐため、地図やスマートフォンのアプリ、登山向けGPS機能付端末などを使って、適宜自分の現在位置を確認しましょう。
  • 山の天候は変わりやすいので、体温を維持するために雨衣や防寒着を準備しましょう。
  • 水分補給やエネルギー化が速い食べ物(炭水化物や糖類)を摂取し、体調維持に努めるとともに、万が一に備え、ライトや救急用品も携帯しましょう。

新型コロナウイルス感染症対策を徹底しましょう。

手指の消毒、うがい、マスク着用を徹底するとともに、3つの密(密閉、密集、密接)を回避しましょう。

県警察では、ツイッターなどを通じて、安全登山に係る情報提供を行っていますので、是非ご覧ください。

こちらもご覧ください。   「水の事故をなくしましょう」   「登山を楽しく安全に」

このページの先頭へ戻る


身元不明遺体の身元確認相談

県警察では、不慮の事故等でお亡くなりになり、身元が分からないご遺体の身元確認を行っています。

ご家族やご親せきの方で

  • 長期にわたり音信不通である
  • 遺書や言動から自殺の恐れがある
  • 犯罪や交通事故の被害に遭っている恐れがある
  • 海や山で遭難事故の被害に遭っている恐れがある

などの行方不明者を捜されている方は

  • 行方不明者の写真
  • 血液型
  • 歯の治療の有無(入歯、差し歯、冠等)
  • 身体特徴(手術の痕、火傷の痕、ほくろ等)

などの身元確認の参考になる情報をご用意してご相談ください。

相談窓口では、全国でお亡くなりになり、身元が分からないご遺体の資料を用意して、ご相談に応じます。

◎ 相談窓口

神奈川県警察本部刑事部鑑識課指紋第四係

045(211)1212(内線 4666)

◎ 相談受付時間

月曜日から金曜日(祝日、12月29日から1月3日は除く)

午前8時30分から午後5時15分まで

こちらもご覧ください。   「身元不明遺体相談」

このページの先頭へ戻る


防災意識の高揚

8月30日から9月5日は「防災週間」、9月1日は「防災の日」です。

自然災害から家族や自分の身を守るためには、日頃の備えが大切です。いざという時のために、家族で防災会議を開いたり、防災用品や食料品の準備をして災害に備えましょう。

日頃の備え-家族で防災会議を行いましょう-

身の安全を確保できる場所を確認しましょう

テーブルの下など一時的に避難できる安全な場所はどこか、庭のブロック塀など倒壊の可能性がある危険な場所はどこかなど、家族で確認しておきましょう。

家具の転倒防止などの措置を行いましょう

家具の転倒防止のため、転倒防止器具で固定しましょう。また、万が一家具が倒れた場合に備え、安全な家具の配置をしましょう。

地域の避難場所や避難経路の確認をしましょう

地域で定められている避難場所までの経路を歩いておきましょう。

高齢者や子供のいるご家庭では、家族の状況に応じた避難手段を具体的に話し合っておきましょう。また、昼と夜では環境も変わってきますので、あらかじめ役割分担を話し合っておきましょう。

家族との連絡方法を確認しましょう

災害が発生すると、被災地などへの通信が増加し、電話がつながりにくくなります。

災害時には、災害用伝言ダイヤル「171」や「災害用伝言板(web171)」などの「災害用伝言サービス」を活用しましょう。

災害時に慌てないために、防災週間などに家族全員で体験利用をしてみましょう。

災害用伝言ダイヤル、災害用伝言板は、次の期間に体験することができます。

  • 毎月1日、15日
  • 毎年1月1日から1月3日
  • 防災週間(8月30日から9月5日)
  • 防災とボランティア週間(1月15日から1月21日)

※ 体験できる時間など詳しいことは、各通信会社のホームページなどで確認してください。

地震が起きたら

神奈川県は、都心南部直下地震や南海トラフ地震などの切迫性が指摘されています。また、公表された神奈川県の津波浸水予測図の中で、最大の津波高は17.1メートルとなっています。

地震発生直後(グラッときたら)

緊急地震速報を受けたり、地震の揺れを感じたら、まず身の安全を最優先に行動しましょう。

○ 屋内では、

  • 頭を保護し、丈夫なテーブルの下など安全な場所に避難しましょう。
  • あわてて外へ飛び出さないようにしましょう。
  • ガスコンロの火などは、地震の揺れが収まってから消しましょう。

○ 自動車運転中は

  • 急ブレーキをかけず、落ち着いてゆっくりと道路の左側に寄せて停止しましょう。
  • ハザードランプを点灯し周りの車に注意を促しましょう。

○ 屋外(街)では

  • ブロック塀の倒壊、看板や割れたガラスの落下に注意しましょう。
  • 自動販売機やビルのそばには近づかないようにしましょう。
  • 山崩れ、崖崩れに気をつけましょう。

○ 火災や津波に備えて避難

  • 大規模な火災による危険を感じたら、地域で指定された避難場所などに避難しましょう。
  • 沿岸・河岸地域で大きな揺れを感じたり、津波警報などが発表されたら、海岸や川岸から離れ、高台などの安全な場所に素早く避難しましょう。

○ 帰宅困難者にならないために

  • 「むやみに移動を開始しない」という基本原則を守りましょう。

津波に備える

○ 日頃の備え

  • 津波浸水予測図の確認
    県内の津波浸水予測図は神奈川県のホームページに公開されています。
    自宅、勤務地付近などの浸水予測図を確認するとともに、近くの高台、津波避難ビルなども確認しておきましょう。
  • 避難経路は、夜でも迷わないよう事前に確認しておきましょう。
  • 「避難する時は、お互い探し合わずに逃げる」ことを家族で約束しておきましょう。
    東北地方では、「津波てんでんこ」という言葉があり、「津波が来たら各自で、てんでんばらばらに逃げろ」といった意味があるそうです。

○ 津波警報等が発表されたら

  • 安全かつ素早く避難を開始しましょう。
  • 地震を感じなくても、津波警報などが発表されたときには、直ちに海岸から離れ、急いで安全な場所に避難しましょう。
  • 津波注意報でも海水浴や磯釣りは危険なので行わないでください。
  • 津波は繰り返し襲ってくるので、警報、注意報解除まで気を緩めないでください。
  • ラジオ、テレビなどを通じ、正しい情報を入手しましょう。

○ 津波から命を守るためには

  • 「逃げる」ことが唯一の方法です。避難指示等に従いましょう。
  • 海には近づかず、避難経路には川沿いを選ばないようにしましょう。

台風や大雨に備える

令和元年には台風15号、19号の影響により、県内でも大きな被害が発生しました。台風の接近前からの準備や、通過後も緩んだ地盤での土砂災害などに注意が必要です。

地域の気象情報を知っておく

テレビ、ラジオ、インターネットなどを利用し、地域の気象情報を積極的に入手しましょう。

地域の災害危険箇所を知っておく

自治体が作成している防災マップやハザードマップを活用し、大雨によって浸水や土砂災害などの被害のおそれがある場所を事前に確認しておきましょう。

早めの避難を心掛ける

自治体などからの情報に従って、早めの避難を心掛けましょう。

被害が差し迫ってからの避難や暗くなってからの避難は、かえって危険な場合があります。その場合には自宅の2階などで安全を確保しましょう。

局地的大雨や竜巻などの突風から身を守る

以下のような天候は、発達した積乱雲が近づく兆しです。急な大雨・雷・竜巻の危険があります。

  • 真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる。
  • 雷鳴が聞こえたり稲妻が見える。
  • ヒヤッとした冷たい風が吹き出す。
  • 大粒の雨やひょうが降り出す。

運動場など開けた場所や水辺は危険です。頑丈な建物に避難するなど、身の安全を確保しましょう。

おわりに

  • 災害時は正しい情報を
    ラジオ、テレビ、防災無線などから正しい情報を入手しましょう。
  • 自助・共助
    自分の安全、家族の安全を確認したら、近隣の人たちの安全も確認しましょう。災害時は助け合うことが大切です。

このページの先頭へ戻る