県警トピックス


神奈川県警察の広報活動について、いち早くお伝えします。


【平成28年5月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

5月19日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「懐かしのアニメ・ヒーローコレクション」と題して、昔懐かしいヒットアニメの主題歌等をたっぷりとお贈りし、いろいろな世代のお客様に喜んでいただきました。

また、「伊勢志摩サミット等開催に伴う警戒警備等に御理解と御協力を」、「自転車マナーアップ対策の推進」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:伊東副楽長

○名探偵コナン○踊るポンポコリン○タッチ○アニメメドレー(ドラゴンボール・日本昔ばなし・ゲゲゲの鬼太郎)

指揮:五島楽長

○アニメメドレー(銀河鉄道999・宇宙戦艦ヤマト)○ガッチャマン○ウルトラ大行進

アンコール

○ひょっこりひょうたん島

マリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


横浜信用金庫と連携した“サギ撲滅キャンペーン”の実施について

キャンペーンの様子

5月10日(火曜日)生活安全総務課は加賀町警察署、神奈川県、横浜市、横浜信用金庫、関東財務局と連携し、“サギ撲滅”を目指した防犯キャンペーンを実施しました。

当日は、加賀町警察署の吉田署長が同信金の新入職員2人を一日女性警察官に任命し、横浜市中区の同信金本店前で、県警キャラクターや防犯ボランティア団体の方々と共に防犯啓発品を配布しながら、「電話でお金の話はしないでください。突然お金を要求される電話が掛かってきたら、慌てずに誰かに相談しましょう。」と注意を促しました。

一日女性警察官

加賀町警察署において一日女性警察官の委嘱を受けた横浜信用金庫新人職員の二人は、「金融機関職員として、お客様や身近な方へ積極的な声掛けをし、被害防止に努めたいと思います。」と決意を表明した後、パトカーに乗車し、管内のパトロールを実施しました。

このページの先頭に戻る


【平成28年4月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

4月21日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「心のビタミン、元気の素! 熱血吹奏楽講座」と題して、聞けば元気の出る吹奏楽の魅力を、楽しくそして少しアカデミックにお贈りしました。

また、「防災家族会議」「伊勢志摩サミット等開催に伴う警戒警備等に御理解と御協力を」についての警察広報も行いました。

マリーンコンサートの様子

(演奏曲目)

指揮:伊東副楽長

○ファン・ファン・ファンタスティコ!

○マーチ 旧友

○アメージング・グレース

指揮:五島楽長

○365日の紙飛行機

○ロッキーのテーマ

○庭の千草

○アルヴァマー序曲

アンコール

○ギャロップ

マリーンコンサートの様子


このページの先頭に戻る


歌のチカラでサギを防げ!「サギ撲滅歌合戦in神奈川」の実施について

4月13日(水曜日)生活安全総務課と(公益社団法人)神奈川県防犯協会連合会は、株式会社REGOSYSを始めとした、26の企業や防犯ボランティア団体と連携し、防犯無関心層の開拓の一環として、「サギ撲滅歌合戦in神奈川」を実施しました。

当日は、県内54警察署と連携企業の推薦により選ばれた「10組」のアーティストがオリジナルの“サギ撲滅ソング”を披露しました。

ジャンルを越えた歌声を聴き、場内では染み入る歌詞に涙する方や、手拍子でリズムを取る方もありました。

結果を発表する生活安全総務課長の口から出たのは、この日のために組まれ、リズムあふれるパフォーマンスを披露した「Eyes' with Yuuki」の二人の名前。優勝を伝えられ、感極まる二人は、「詐欺は卑劣な犯罪。歌のチカラで一件でも被害を減らしたい。」と話していました。

イベントの様子

振り込まセンジャーのイラスト

今日の大会は、企業の方の協力や、出演者の皆さんの社会貢献で成り立っています。歌っていただいた10曲は、被害に遭う前に息子世代が母親に注意喚起をする気持ちになるようにとの思いで作っていただきました。141chanの歌詞にもありましたが、“犯人が奪ったお金は、母さんが贅沢せずにためたお金”です。


この大会を通じて伝えたいのは、《『母親は、いつまでも息子のことを思っています。』、息子世代の皆さんは、サギに狙われやすい年代になった母親に、何をしてあげてますか?》との問いかけです。」

披露された10曲は、県警YouTube「防犯チャンネル」等で、周知していく予定です。間もなく母の日!まずは、お母さんに会いに行くことから始めましょう。【大会関係者一同】

このページの先頭に戻る


【平成28年3月】情報発信

神奈川県警察音楽隊のマリーンコンサート

3月17日(木曜日)、神奈川県警察音楽隊は、みなとみらい21にある「クイーンズスクエア横浜」においてマリーンコンサートを開催しました。

今回のマリーンコンサートでは、「春の風を感じて」と題して、春の訪れを感じるような爽やかで心温まる旋律、元気が出る曲を集めてお届けしました。

また、「伊勢志摩サミット等開催に伴う警戒警備にご理解とご協力を」についての警察広報も行いました。

(演奏曲目)

指揮:伊東副楽長

○マーチ「エイプリル・メイ」○ケンタッキーの我が家

指揮:篠原副隊長

○マイ・ウエイ

指揮:五島楽長

○ベイ・ブリーズ〇ドリームズ・カム・トゥルー メドレー○ラッシュモア

アンコール

○宝島

マリーンコンサートの様子

このページの先頭に戻る


相模原3署合同 “ひったくり撲滅キャンペーン”の実施について

キャンペーンの様子

3月16日(水曜日)生活安全総務課と相模原市内を管轄する3警察署(相模原・相模原南・相模原北警察署)は、管内で多発傾向にある“女性を狙うひったくり事件”の撲滅対策として、3署合同ひったくり撲滅キャンペーンを行いました。

イラスト:ひったくり

当日は、JR相模原駅前において合同式典が行われた後、相模原駅前周辺、相模大野駅前周辺、橋本駅周辺において、防犯啓発品(自転車カゴ・カバー)を配布しながら注意 喚起を行いました。

啓発品を配布された女性は、「住んでいる町でひったくりが多いのは怖いですね。カゴにカバーをするだけでも違うんですね。近所の人にも注意するように伝えます。」と話していました。

4つの必殺技で犯人を寄せ付けるな!
「防犯アイ」…こまめに振り返る
「防犯ハグ」…バッグを抱えるように持って歩く
「防犯カバー」…自転車カゴの荷物が見えないようにカバー等で覆う
「防犯イヤー」…携帯電話や音楽プレイヤー等を使用しながら歩かない


このページの先頭に戻る


神奈川県内を「こども110番トラック」が走る!こども110番のくるま出発式

出発式の様子

平成28年3月15日(火曜日)、生活安全総務課と港南警察署は、ダイドードリンコ株式会社と連携し、子どもの安全を守る取組として、神奈川県内を担当する営業用トラック141台を「こども110番トラック」として運用を開始したことから、ダイドードリンコ株式会社横浜南営業所において、子ども110番のくるま出発式を行いました。

出発式では、ダイドードリンコ株式会社社員の決意表明やトラックの車両点検を実施後、首都圏第一営業部、須藤敦紀部長の「出発!」の号令のもと、パトカー、白バイに先導された「こども110番トラック」5台が、社員や地域住民に見送られて出発しました。

このページの先頭に戻る