神奈川県警察都筑警察署 神奈川県警察ホームページへ

トップページ
窓口案内
交番情報
事件事故統計
交通安全情報
防犯情報
警備・防災情報
トピックス
警察署協議会
 
防犯情報
振り込め詐欺に注意
「ピーガルくん子ども安全メール」登録者募集中
自転車の盗難が多発しています。
性犯罪被害の防止
車上ねらいに注意
児童・保護者の皆さんへ 犯罪被害にあわないために
生活安全ニュース
都筑区治安情勢
平成28年PDFファイル(140KB) テキストファイル(2KB)
平成29年10月末現在PDFファイル(141KB) テキストファイル(2KB) 
イラスト 女性警察官

「ピーガルくん子ども安全メール」登録者募集中
 神奈川県警察では、子どもを犯罪から守るための情報を電子メールで携帯電話とパソコンにお知らせするサービスをおこなっています。 詳しくは、神奈川県警察ホームページ「ピーガルくん子ども安全メール」をご覧ください。
 お知らせする情報 
 声かけ事案  不審者情報  ちかん  公然わいせつ
 脅迫暴行  凶悪事件の発生  警察からのおしらせ
 お知らせする地域
 県内54警察署より、任意の警察署を登録することができます。(全警察署登録も可能)
 登録方法
 配信を希望される方は、神奈川県警察ホームページ「ピーガルくん子ども安全メール」から登録願います。
▲ページの先頭へ戻る
自転車の盗難が多発しています。
 都筑警察署管内では、自転車の盗難が多発しています
 自転車には、必ずカギと補助錠をかけてください。また、住所、氏名を記入してください。 
 都筑区内の自転車盗難の特徴は、
 「無施錠で路上に止めておいたところを盗まれるケースが多い。」
 「都筑ふれあいの丘駅周辺、センター北駅周辺等での被害発生が多い。」

等です。
愛車にはもうひとつのカギを 多発している自転車の盗難 犯罪の未然防止にご協力をお願いします
自転車盗対策
1 自転車には、複数の鍵をかける。
2 駐輪場等、決められた場所にとめる。路上には駐輪しない。
3 自宅の敷地内であっても、必ずワイヤー錠などの鍵をかける。
4 自転車に住所、氏名を記入してください。
性犯罪被害の防止
 都筑警察署管内では、夜間、帰宅途中の女性に対するチカン(わいせつ犯罪)が発生しています。
 犯人は、駅等から帰宅途中の女性の後をつけて、人通りが途絶えた場所で犯行を行っています。
 被害にあわないよう注意してください。
ヘッドフォンをつけた女性の画像
被害にあわないために
帰宅するとき
深夜の帰宅は家族に迎えに来てもらう、タクシーを利用するなどし、一人歩きは避けましょう。
携帯電話ヘッドホンを使用しての帰宅は、周囲の物音が聞こえず危険です。
遠回りでも、幹線道路など明るく広い通りを帰りましょう。
自宅に入るとき
周囲に人がいないことを確認してから玄関を開けましょう。
「ただいま」など大きな声を出しながら鍵を開けるのも一つの方法です。
開錠後は素早く家に入り、必ず鍵を掛けましょう。
ドアに複数の鍵を取り付けるとより、安心です。
自宅に居るとき
上層階でも窓から侵入された事例あり。
就寝前にもう一度、玄関だけでなく、窓の戸締りも確認しましょう。
暑い夜はエアコンなどを利用し、ベランダや小窓、高窓も必ず鍵を掛けましょう。
来訪者には、ドアチェーンを掛けたまま対応し、相手を確認した後にドアを開けましょう。
車上ねらいに注意
被害防止のポイント 生活安全ニュースへ
1 車内にカバンを置いたままにしない。(目につくところに置かない)
2 ダッシュボード等にスペアキーを置かない。
3 盗難防止装置(イモビライザ−)や警報装置を装着する。  
※イモビライザー 
  車両内に設置されたコンピューターに登録されたキーでないとエンジンが始動しない装置のこと
4 窓を閉め、エンジンキーを抜き取り、ドアをロックしたことを確認する。
▲ページの先頭へ戻る
児童・保護者の皆さんへ 犯罪被害にあわないために
盗まれた自転車は、なかなか見つかりません。
自転車は、駐輪場等の決められた場所に置き、カギをかけ、必ずワイヤー錠などの補助カギを付けましょう。
様々な犯罪(恐喝・チカン等)の被害に遭わないために スマートフォンを操作しながら歩く女性の画像
携帯電話をかけながら、メールをしながらなどの「ながら歩き」はやめましょう。
また塾などで帰宅が遅くなったときは、必ず保護者に迎えに来てもらいましょう。
用もない外出や夜遊びはやめましょう。
万引きや自転車を盗んで警察に捕まる生徒が増えています。
法律交通ルールを守りましょう。先生や保護者の指示に従い、勉強しましょう。
携帯電話には、有害サイトに接続できないフィルタリングをしましょう。
▲ページの先頭へ戻る

振り込め詐欺に注意
 県内で発生している主な手口
オレオレ詐欺  振り込め詐欺被害のうち、約7割を占めるオレオレ詐欺は、息子や孫を装い、
  ○ 小切手の入ったかばんを失くした。
  ○ 会社のお金で株を買ったのがばれた。
  ○ 借金の保証人になってしまった。
  ○ 不倫相手を妊娠させた。

等の名目で、身内を心配する高齢者の気持ちにつけ込んで、お金を振り込ませたり、会社の上司や同僚、弁護士等を装って、自宅やその近くまでお金を受け取りに来ます。
 「電話でお金を要求する、息子はサギ!?」と考え、絶対に知らない人にお金を渡さないでください。
架空請求詐欺  証券会社を装い
  ○ あなたには、債権を購入する権利があります。権利を譲ってください。
等と話を持ち掛け、後日
  ○ インサイダー取引に当たります。
  ○ 金融庁が調査します。
  ○ 名義貸しは犯罪です。
  ○ 逮捕される。

等不安をあおり、トラブル解決名目で現金を送らせる手口が多発しています。
 また、サイト管理会社等を装い
  「有料サイト登録解除料金」や「有料サイト閲覧未納料金」
等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストアで電子マネーを購入させ、購入用紙に記載してある暗証番号等をFAX送信や携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取る手口が多発しています。
還付金詐欺  還付金詐欺では、役所の職員を装い
  ○ 医療費・保険料の還付金があります。
  ○ 今日が期限です。
  ○ 急いで近くのATMに行ってください。

等と、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。
 役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。
 被害に遭わないために
○  電話で次のことを言われた場合は、「サギ!?」と考え、直ぐに警察に通報してください。
  ・ 電話で「今日中にお金が必要だ。」と言われた。
・ 会社の同僚や上司に「お金を渡して。」と言われた。
・ 「ゆうパック、レターパック、宅急便、バイク便で現金を送れ。」と言われた。
・ 「ATMを操作して還付金が戻ります。」と言われた。
注意 還付金+ATM=詐欺
他人意識の払拭
   何よりも「自分だけは大丈夫」と思い込まないことです。
 振り込め詐欺の被害に遭う可能性は誰にでもあります。
 日頃から家族間で、「合言葉を決めておく!」「絶対に電話でお金の話をしない。」
等の対策を話し合っておくことが大切です。
○  留守番電話の常時設定
 詐欺グループは、留守番電話だと要件を告げずに、ほとんどの場合、電話を切ります。
 仮に用件が吹き込まれていたとしても、留守番電話なら犯人のペースに巻き込まれず、比較的冷静な判断ができます。
事実の確認
 電話で、「携帯電話を失くした又は壊れた」等の理由で言われた新たな電話番号は、詐欺グループに繋がりますので、絶対に電話を掛けないでください。
相談
 電話で、「お金の話」が出た際には、必ず警察や家族等に相談してください。
 また、金融機関やコンビニエンスストア、タクシー業界では、県警察からの依頼により、県民の皆様を振り込め詐欺等の被害から守るため、詳細に取引理由等を確認していただく等の被害防止対策を講じていただいております。
面識のない人には、絶対にお金を渡さない
 あなたの息子さんやお孫さんは、電話でお金を要求するような方はいないはずです。
 電話で言われた会社の上司や同僚等は詐欺グループの犯人です。
 絶対に大切なお金を面識のない人間に渡さないでください。 
▲ページの先頭へ戻る

▲ 都筑署トップページへ
▲ 警察署一覧へ
▲ 神奈川県警トップページへ