神奈川県都筑警察署 神奈川県警察ホームページへ

トップページ
窓口案内
交番情報
事件事故統計
交通安全情報
防犯情報
警備・防災情報
トピックス
警察署協議会
  
交通安全情報
エコドライブ10のすすめ
道路交通法の一部改正について(平成29年3月12日施行)
「速度取締り指針について」
都筑区内のゾーン30設定箇所 
駐車監視員の活動ガイドラインについて
普通自転車専用通行帯について
シートベルトは、あなたを守る命綱!
自転車のマナーアップについて
飲酒運転を根絶しよう(情報提供にご協力を)
反射材を付けよう!
高齢運転者等専用駐車区間制度の手続き(県警ホームページ)

女性警察官イラスト

 エコドライブ10のすすめ
1、ふんわりアクセル「e」スタート
 焦らず穏やかな発進は、10%程度燃費が改善!安全運転にもつながる。
2、車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
 車間距離が短くなるとムダな加速・減速が多くなり、市街地で2%、郊外で6%程度も燃費が悪化!
 車間に余裕をもち、状況に応じた速度変化の少ない運転を!
3、減速時は早めにアクセルを離そう
 信号等で停止の予測がつくときは、アクセルから早目に足を離しましょう。
 エンジンブレーキが作動し、2%程度燃費が改善!減速はエンジンブレーキを!
4、エアコンの使用は適切に
 車内温度設定を外気と同じ25度にした場合、エアコンスイッチON状態で12%程度燃費が悪化!車内の冷やし過ぎはNG!
5、ムダなアイドリングはやめよう
 10分間のアイドリングで130cc程度の燃料を消費!駐停車の際は、エンジンOFF!
※交差点での手動アイドリングストップは注意が必要です。県警HP「エコドライブ」(交通規制課掲載)を参照
6、渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
 事前に交通情報や行き先、ルートを確認し、時間に余裕をもって出発。
 出発後も交通情報をチェックし渋滞を避けて、燃費も時間も節約!
7、タイヤの空気圧から始める点検・整備
 タイヤの空気圧をチェック!
適正値より50kPa不足すると市街地で2%程度、郊外で4%程度燃費が悪化!
 エンジンオイル等も定期的に交換を!
8、不要な荷物はおろそう
 燃費は荷物の重さに影響されます。100kgを乗せて走ると3%程度燃費が悪化!
 不要な荷物を降ろして!
9、走行の妨げとなる
駐車はやめよう

 迷惑駐車は渋滞をもたらします。他車の燃費を悪化させるばかりか交通事故の原因に。
10、自分の燃費を把握しよう
 自車の燃費を把握すれば、エコドライブの効果が実感できる!
エコドライブは、Co2排出量や 燃費の削減等環境保全上 の効果のみならず、 交通事故抑止にも 一定の効果が期待されます!  女性警察官つづきなおちゃん
 詳しくはこちら(県警ホームページ)をご覧下さい 
▲ このページのトップへ

 道路交通法の一部改正について(平成29年3月12日施行)
高齢運転者対策の推進
○臨時認知機能検査
 75歳以上の運転者が一定の違反行為(信号無視、通行区分違反、一時不停止など)を行った場合、免許証の更新時に受けることとされている認知機能検査を「臨時認知機能検査」として受けなければなりません。
 なお、検査で「認知機能の低下が運転に影響するおそれがある」と判断された高齢者は、臨時高齢者講習(個別指導と実車指導)を受けなければなりません。
○臨時適正検査制度の見直し
 認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された場合、違反の有無を問わず臨時適正検査(医師の診断)を受け、又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。
 医師の診断の結果、認知症と判断された場合は運転免許の取り消し等の対象となります。
○高齢者講習の合理化・高度化
 75歳未満の方や、認知機能の低下のおそれがないと判定された方に対しては高齢者講習が2時間に合理化(短縮)されます。その他の方は個別指導を含む3時間の講習となります。

準中型免許の新設
 準中型免許は、車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の自動車と普通自動車を運転でき、18歳から普通免許なしでも取得できます。
 普通免許で運転できる自動車は車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)となります。
 既に普通免許を保有している方は、引き続き車両総重量5トン未満(最大積載量3トン未満)の自動車を運転することができます。
高齢運転者対策の推進チラシ
※画像をクリックするとPDFファイルが開きます(578KB)


準中型免許の新設に関するチラシ
※画像をクリックするとPDFファイルが開きます(861KB)
 詳しくはこちら(県警ホームページ)をご覧下さい 
▲ このページのトップへ

速度取締り指針について
都筑警察署の速度重点
取締り重点路線 重点時間帯 区域 規制速度
県道12号
(横浜上麻生線)
8時〜12時
14時〜20時
池辺町地区 時速50キロメートル
※重点以外の場所、時間帯であっても、取締りを実施することがあります。
都筑警察署管内における交通事故実態
 
主な幹線道路の事故発生状況を比較すると、横浜上麻生線での事故が多発している状況です。
  重点路線での死亡事故の発生はないものの、人身事故の多発時間帯での死亡事故が懸念されることから、
横浜上麻生線を重点路線に指定し、速度取締りの他、シートベルトの取締り等を強化します。

都筑区内のゾーン30設定箇所について
標識イラスト ゾーン30とは、住宅地域等をゾーンとして区域設定し、その区域の抜け道利用や自動車の走行速度を抑制することで、歩行者等の安全を確保するものです。
詳しくはこちら(県警ホームページへ) 
都筑区内のゾーン30設定箇所
荏田南1丁目2丁目区域 牛久保西1丁目区域  茅ケ崎南3丁目区域
川和町区域  中川8丁目区域 すみれが丘区域 
都筑区内のゾーン30マップ
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
荏田南1丁目2丁目区域
ゾーン30荏田南1丁目2丁目区域
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
牛久保西1丁目区域
ゾーン30牛久保西1丁目区域
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
茅ケ崎南3丁目区域
ゾーン30茅ケ崎南3丁目区域
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
川和町区域
ゾーン30川和町区域
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
中川8丁目区域
 ゾーン30中川8丁目区域
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
すみれが丘区域
ゾーン30すみれが丘区域
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
   
▲ このページのトップへ

駐車監視員活動ガイドラインとは
   駐車監視員とは、警察署長の委託を受けた法人の下で、地域を巡回し、放置車両の確認や確認標章の取付けなどの仕事を行う人のことであり、法律上の資格が必要とされています。(反則告知をしたり、金銭を徴収することはありません。)
 住民の方々の意見や、交通事故の実態、日常の違法駐車の実態などから、取締りを委託する警察署において最も取締りが必要と考えられる場所・地域・道路が、駐車監視員が取締りを実施する場所です。これらの場所は通称「ガイドライン」と呼ばれています。
 駐車監視員は、ガイドラインで示された地域・路線を重点的に巡回し、放置車両の確認等を実施します。なお、ガイドラインは違法駐車実態に応じて見直されることがあります。

平成29年8月1日から駐車監視員ガイドラインが見直されました。
◆違法駐車対策について詳しくは神奈川県警察ホームページをご覧ください。 
◆駐車監視員活動ガイドラインマップの詳細は神奈川県警察ホームページをご覧ください。
▲ このページのトップへ

普通自転車専用通行帯(レーン)
設置場所
自転車専用通行帯設置
この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
荏田東交差点1 みずきが丘交差点1
荏田東交差点の様子 みずきが丘交差点の様子
荏田東交差点2 みずきが丘交差点2
荏田東交差点の様子 みずきが丘交差点の様子
自転車専用レーンの断面図
自転車 自転車専用レーン(青いレーン) の上を車両と同じ向きに進行して下さい。
(ただし高齢者(70歳以上)と子供(小学生以下)は歩道通行可)
歩行者 歩道を通行してください。
青いレーンは危険ですから 通行しないで下さい。
バイク  自転車専用レーン(青いレーン)通行できません。
自動車 自転車専用レーン(青いレーン)には駐車しないで下さい。
自動車・バイクは交差点左折時に、左後方の自転車に注意してください。
自転車の進行方向はどっち?
自転車の進行方法の図
自転車の関係する事故が増加しています。
しっかり学んで安全通行!
交通ルールとマナーを守って運転して下さい。
▲ このページのトップへ

シートベルトは、あなたを守る命綱
全席、シートベルト着用の徹底を! シートベルト着装のイラスト
  シートベルトは、あなたを守る命綱です。着用の徹底をお願いします。

 後部座席のシートベルトの着用も義務付けられています。
 
 被害軽減のため後部座席にあってもシートベルトを着用しましょう。

後部座席のシートベルト着用は、交通事故における被害を軽減します。
後部座席のシートベルト着用は、車外放出から身を守ります。
後部座席のシートベルト非着用の致死率は、着用時の4倍です。

▲ このページのトップへ

自転車のマナーアップについて
交通事故の二割が自転車事故です。「自転車安全利用五則」を守りましょう。
自転車のイラスト
自転車安全利用五則
自転車は、車道が原則、歩道は例外
車道は、左側を通行
歩道は、歩行者優先で、車道寄りを徐行
安全ルールを守る
   ◎飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ◎夜間はライトを点灯
   ◎交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
子どもは、ヘルメット着用
自転車二人乗りのイラスト
「自転車も 乗れば車の 仲間入り」 イラスト自転車マナーアップ
 交差点での「指定場所の一時不停止」が原因による交通事故が多く発生しています。

 標識がある場所では、必ず一旦停止し、左右の安全を確認しましょう。

 また、標識がない交差点でも速度を落として安全を確認しましょう。
イラスト交通警察官 無理な横断は大変危険です!!
 自転車横断帯、信号機のある交差点を安全に横断しましょう。
 大きな交差点や歩行者の多い交差点では、自転車から降りて押して歩くなど事故防止にご協力ください。

交通ルールを守って、自転車を安全に利用しましょう!!

詳しい、「自転車に乗るときのルールとマナー」 はこちらをクリックしてください
(県警ホームページへ)
▲ このページのトップへ

飲酒運転を根絶しよう
イラスト飲酒禁止  飲酒運転による事故は、重大な事故に直結します。
 都筑警察署では、悲惨な事故をなくすため、飲酒運転の防止活動、取締りを重点的に推進します。
酒と車の切り離しを徹底しましょう。
悲惨な事故をなくしましょう。
飲酒運転の代償は、刑罰やお金などだけでは償いきれないものがあります。
イラスト飲酒運転
飲酒運転は、厳罰です。
酒酔い運転 飲酒量にかかわらず、酩酊した状態の運転
5年以下の懲役 または、100万円以下の罰金
酒気帯び運転 呼気1リットル中、0.15mg以上のアルコールを体内に保有した状態での運転
3年以下の懲役 または、50万円以下の罰金
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
危険運転致死傷罪 アルコール等の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、人を死傷させた場合
人を死なせた場合・・・1年以上の有期懲役
人を負傷させた場合・・・15年以下の懲役
過失運転致死傷罪 自動車の運転上必要な注意を怠り、人を死傷させた場合
7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金
少し休めば大丈夫?
体内のアルコールは長時間残っています。飲んだら運転できないと考えてください。
運転者以外も処罰されます。
たとえ自分が飲酒運転をしていなくても、飲酒運転をすることを知りながら、車を貸したり、お酒を提供したり、同乗してはいけません。
情報提供にご協力をお願いします。
飲酒運転をしている人、飲酒運転をさせている飲食店を知っている方は都筑警察署交通課(電話045-949−0110)まで情報をお寄せください。
 
ハンドルキーパー運動
ご存知ですか?
仲間同士で車両を利用して飲食店などに行った場合に、仲間や飲食店の協力を得て飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人は酒を飲まず、仲間を安全に自宅まで送ろうという運動です。
詳しくはこちらをクリックしてください。(県警ホームページへ)
▲ このページのトップへ


反射材を付けてみんなで交通事故防止!
反射材とは?
 自動車のライト等から出る光を反射し、とても明るく見える素材を使った交通安全グッズです。
 最近は、反射材をデザインに使った商品も多く、皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。
 反射材を身に着けていると、車両の運転者に早めに自分が道路上にいることを知らせることができるため、交通事故に遭いにくくなるメリットがあります。
反射材画像

反射材には色々な種類があります。
自分の好きな反射材を探してみてね。

 種類

☆反射リストバンド
☆リフレクター
☆反射キーホルダー
☆反射ランドセルカバー
☆反射シール
☆反射素材付き衣類
☆反射材付き帽子
☆反射アクセサリー
☆杖に反射材
☆反射材加工シューズ
☆バックに反射材シール
ピーガルくん
神奈川県警察

▲ 都筑署トップページへ
▲ 警察署一覧へ
▲ 神奈川県警トップページへ
▲ 交通事故発生概況(目次)
牛久保西1丁目区域 茅ケ崎南3丁目区域 荏田南1丁目2丁目区域