泉警察署

トップページへ 交通へ 生活安全へ 交番案内へ 警察署のトピックスへ 刑事へ 警備へ
交番だよりへ 交通安全マップ 犯罪発生マップ 警察署協議会 交通特報 防犯特報 交番特報

交通特報コーナー

案内板
    
  改正道路交通法(高齢者運転対策の推進・準中型自動車免許の新設)(県警ホームページにリンクします) 
運転免許証を自主返納しましょう!
飲酒運転を根絶しましょう! 
   速度取り締まり方針
  泉警察署駐車違反取締重点地域マップ
  「ゾーン30」住宅街安全対策について
  反射材で自分の身を守ろう!
  二輪車プロテクターをつけて命を守ろう!(県警ホームページにリンクします)
  自転車ヘルメットをつけて事故に備えよう!!(県警ホームページにリンクします)
  エコドライブで安全運転
自転車運転者講習制度について(県警ホームページにリンクします)
  電子申請 登録自動車の保管場所証明通知申請手続き(県警ホームページにリンクします) 
  駐車監視員活動ガイドライン(県警ホームページにリンクします) 

運転免許証を自主返納しましょう!
 加齢に伴う身体機能や認知機能の低下により、運転に不安を感じている高齢運転者や交通事故を心配する家族等周辺の方々から相談が寄せられていたこともあり、運転を継続する意思がなく、運転免許証を返納したいという方のために、自主的に運転免許取り消しの申請ができるように、運転免許の自主返納制度ができました。
 詳しくは、神奈川県ホームページの神奈川県高齢者運転免許自主返納サポートのページを見てください。
※神奈川県高齢者運転免許自主返納サポートのページ(県警ホームページにリンクします)
※高齢ドライバーの運転適性相談のご案内(県警ホームページにリンクします)

 
 飲酒運転を根絶しましょう!  
 重大な事故を引き起こす原因となる飲酒運転については、官民一体となって、その根絶に取り組んでいるところですが、残念なことに一部の心ないドライバーによって飲酒運転ゼロに至っていません。
 泉区内から飲酒運転をするドライバーを根絶し、「飲酒運転は絶対しない、絶対させない」という安全意識を醸成するため、皆さまからの情報提供をお待ちしています。 
        駄目だよ車は   
  ○ 飲酒運転するドライバーに関する情報
  ○ ドライバーに酒類を提供する飲食店に関する情報
 

 速度取締り指針
 交通事故の分析と取締り状況
  泉警察署管内の交通死亡事故のうち、歩行者が被害者となる例が多数を占めています。
  幹線道路では、白バイによる取締りを実施しています。
  住宅街や通学路では通行禁止違反や一時停止違反の取締りを実施しています。
 
泉警察署の速度取締り指針
重点路線 重点時間帯 区域 規制速度
環状4号線 7時〜9時
19時〜21時
 
和泉町地区 時速40
キロメートル
弥生台桜木線 7時〜9時
19時〜21時
西が岡地区 時速40
キロメートル
阿久和鎌倉線 7時〜9時
19時〜21時
 
旧通信隊 時速40
キロメートル
横浜伊勢原線 7時〜9時
19時〜21時
管内全般 時速40
キロメートル

★ 重点以外の場所、時間帯であっても。取締りを実施することがあります。
 
泉警察署駐車違反取締重点地域マップ

重点路線 県道横浜伊勢原線(中田東原交差点〜和泉坂上交差点の間)
県道弥生台桜木線(弥生台駅前入口交差点〜西田橋交差点の間)
横浜市道(緑園都市駅入口交差点〜緑園都市駅前交差点の間)
環状4号道(和泉坂上交差点〜赤坂橋交差点の間)

いずみ野駅周辺 この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
いずみ野駅周辺
弥生台駅周辺  この地図の全部又は一部を複製することを禁じます。
弥生台駅周辺
自転車に反射材 反射材で自分の身を守ろう!▲県警ホームページもご確認ください。    
反射材をつけてみんなで交通事故防止のポスター 反射材ってなに?
  車のヘッドライトの光が当たると、その光は光源である自動車に向かってそのまま反射されます。 暗い場所でも車の運転手があなたを発見することができます。

反射材の着用アップ!
 ・靴の踵や靴底など路面に近い箇所が効果的です。
 ・体の前後だけでなく、側面からも見える箇所に着用しよう。
 ・体に着用できなければ、カバンやハンドバック等持っているものに着用すると効果的です。

【反射材を身に着けて、交通事故に遭わないようにしよう。】
住宅街安全対策ゾーン30の実施について子供を見たら赤信号 車は急に止まれない
▲ 県警ホームページをご確認ください。
ゾーン30のゾーンは区域、30は制限速度30キロメートルを意味しています。
 住宅地域等をゾーンとして区域設定し、その地区の抜け道利用や自動車の走行速度を制限速度30キロメートルとし抑制することで、歩行者等の安全を確保するものです。

 ゾーン30として区域設定された住宅地域等の区域入口に、その区域の制限速度が
  ・ 時速30キロメートル
であることを示す標識や、路面標示を設置し、ゾーン30に設定された区域の入口であることを明確にすることにより、その区域の自動車の走行速度を抑制することによって歩行者等の安全確保を期待できます。
 また、制限速度が実際に守れるものとするため、道路管理者と連携して、
  ・ 車道の中央線を消して1車線とすること
  ・ 路側帯の設置等により車道を狭くすること
などにより、速度が出にくい道路とするとともに、交差点標示やカラー舗装等を設置することで、効果がより期待できると考えています。

 泉区では、西が岡1丁目・2丁目・3丁目、新橋町、領家3丁目・4丁目の区域を定めて実施しています。
   区域規制開始標識         「ゾーン30」の標示        交差点マークの標示
   区域規制開始標識      「ゾーン30」の標示       交差点マークの標示


   エコドライブで安全運転     エコドライブ10
  余裕を持った運転が、安全とエコを加速します!

1 ふんわりアクセル「eスタート」  
 発進するときは、穏やかにアクセルを踏んで発進しましょう(最初の5秒で、時速20km程度が目安です)。やさしい発進を心がけるだけで、10%程度燃費が改善します。焦らず、穏やかな発進は、安全運転にもつながります。

2 車間距離にゆとりをもって、加速・減速の少ない運転
  走行中は、一定の速度を心がけましょう。車間距離が短くなると、ムダな加速・減速が多くなり、市街地では2%程度、郊外 では6%程度も燃費が悪化します。交通状況に応じて速度変化の少ない運転を心がけましょう。

3 減速時は早めにアクセルを離そう
  信号が変わるなど停止することがわかったら、早めにアクセルから足を離しましょう。エンジンブレーキが作動し、2%程度 燃費が改善します。また、減速するときや坂道を下るときにもエンジンブレーキを活用しましょう。

4 エアコンの使用は適切に
  車のエアコン(A/C)は車内を冷却・除湿する機能です。暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをOFFにしましょう。また、冷房が必要なときは、車内を冷やしすぎないようにしましょう。車内の温度設定を外気と同じ25℃に設定した場合、エアコンスイッチをONにしたままだと12%程度燃費が悪化します。

5 ムダなアイドリングはやめよう
  待ち合わせや荷物の積み下ろしなどによる駐停車の際は、アイドリングはやめましょう
  (※1)。10分間のアイドリング(エアコンOFFの場合)で、130cc程度の燃料を消費します。また、現在の乗用車では基本的に暖機運転は不要です (※2)。エンジンをかけたらすぐに出発しましょう。
  交差点で自らエンジンを止める手動アイドリングストップは、以下の点で安全性に問題があるため注意しましょう。(自動アイドリングストップ機能搭載車は問題ありません。)
  ・手動アイドリングストップ中に何度かブレーキを踏むとブレーキの効きが悪くなります。
  ・慣れないと誤動作や発進遅れが生じます。またバッテリーなどの部品寿命の低下によりエンジンが再始動しない場合があります。
  ・エアバックなどの安全装置や方向指示器などが作動しないため、先頭車両付近や坂道での手動アイドリングストップはさけましょう。

6 渋滞を避け、余裕をもって出発しよう
  出かける前に、渋滞・交通規制などの道路交通情報や、地図・カーナビなどを活用して、行き先やルートをあらかじめ確認し、時間に余裕をもって出発しましょう。たとえば、1時間のドライブで道に迷い、10分間余計に走行すると17%程度燃料消費量が増加します。

7 タイヤの空気圧から始める点検・整備
  タイヤの空気圧チェックを習慣づけましょう。タイヤの空気圧が適正値より不足すると、市街地で2%程度、郊外で4%程度燃費が悪化します(適正値より50kPa(0.5kg/cm2)不足した場合)。また、エンジンオイル・オイルフィルタ・エアクリーナエレメントなどの定期的な交換によっても燃費が改善します。

8 不要な荷物はおろそう
  運ぶ必要のない荷物は車からおろしましょう。車の燃費は、荷物の重さに大きく影響されます。たとえば、100kgの荷物を載せて走ると、3%程度も燃費が悪化します。また、車の燃費は、空気抵抗にも敏感です。スキーキャリアなどの外装品は、使用しないときには外しましょう。

9 走行の妨げとなる駐車はやめよう
  迷惑駐車はやめましょう。交差点付近などの交通の妨げになる場所での駐車は、渋滞をもたらします。迷惑駐車は、他の車の燃費を悪化させるばかりか、交通事故の原因にもなります。迷惑駐車の少ない道路では、平均速度が向上し、燃費の悪化を防ぎます。

10 燃費を把握しよう
  自分の車の燃費を把握することを習慣にしましょう。日々の燃費を把握すると、自分のエコドライブ効果が実感できます。車に装備されている燃費計・エコドライブナビゲーション・インターネットでの燃費管理などのエコドライブ支援機能を使うと便利です。

▲泉警察署トップページへ
▲警察署一覧
▲交通事故発生概況(目次)
▲神奈川県警トップページへ

神奈川県警察 泉警察署ホームページ 交通特報