神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ



組織犯罪対策



暴力団から被害に遭わないために

みんなの目 みんなの力で 暴力追放!


   暴力団は、活動資金を得るために、賭博や違法薬物の密売などの犯罪行為を行っているほか、飲食店などに対して、みかじめ料や用心棒代などの名目で、支払う義務のないお金を要求したり、おしぼりの購入や観葉植物のリース契約を結ぶように要求するなどの不当な要求行為を行っています。



 神奈川県警察では、公益社団法人神奈川県暴力追放推進センターや神奈川県弁護士会、地域、職域における民間団体と一体になって「暴力団を恐れない」「暴力団を利用しない」「暴力団に金を出さない」「暴力団に協力しない」を合言葉にして、社会から暴力団を排除する活動を推進しています。

 暴力団から不当な要求を受けたら、すぐに警察に連絡してください。

○警察本部暴力団対策課 0120-797049
○県内各警察署刑事課(暴力犯捜査担当係)
○神奈川県暴力追放推進センター 045-201-8930

暴力追放のイラスト1
暴力追放のイラスト2

▲このページの先頭へ戻る


暴力団に対する取締りの強化



   神奈川県警察では、暴力団のいない安心して暮らせる社会を実現するために、暴力団に対する取締りを強化しています。


◎ 次のようなことを見たり聞いたりしたことはありませんか?

 暴力団から、「お付き合い」などと称して「用心棒代」や「みかじめ料」等の名目でお金を要求されたり、おしぼりや飲料水、正月飾り等の購入を要求された。
 交通事故の示談交渉や債権、債務の交渉、不動産の売買等に暴力団が介入してきた。
 暴力団から、拳銃や覚醒剤、中身の分からない箱等を預かるように依頼された。
 暴力団が経営したり、暴力団員風の男らが出入りしている店や会社がある。
 暴力団と取引をしている店や会社がある。
 暴力団員風の男らが、頻繁に出入りしている部屋がある。
 少年が暴力団事務所に出入りしている。
 暴力団から、事務所の当番や運転手をするように依頼された。
 暴力団から離脱したい。

暴力団等から被害に遭わないために
 このようなことを見たり聞いたりした場合や、暴力団等に関する困りごとや相談は、最寄りの警察署または下記の連絡先で受け付けています。

 暴力団からの不当要求に関する相談
 0120-797049

 公益財団法人神奈川県暴力追放推進センター
 045-201-8930


▲このページの先頭へ戻る


拳銃等違法銃器の根絶

銃器犯罪のない安全な社会を目指して



◎ 拳銃等違法銃器の根絶にご協力を

 県民生活に重大な脅威を与える銃器犯罪は絶対に許すことは出来ません。

 神奈川県警察では、銃器使用犯罪を防止し、安全で安心して暮らせる地域社会を実現するために、拳銃等違法銃器の摘発を強力に推進しています。

 皆さんの「違法銃器の存在は絶対に許さない」との固い決意が、違法銃器とその使用 犯罪のない地域社会を作ります。
  皆さんの情報が違法銃器根絶につながります。
  拳銃等違法銃器に関する情報の提供をお願いします。

シャットアウトガンズかながわ

 「拳銃を見た」
 「ネット上で拳銃が売られている」
など、拳銃等に関する情報や相談は、些細なことでもご連絡ください。

 拳銃等違法銃器根絶にご協力をお願いします。

 
違法銃器根絶

◎ 遺品拳銃の提出依頼

 皆さんのご自宅に軍用拳銃が眠っていませんか?
 遺品整理をした時などに旧日本軍の軍用拳銃が出てくることがあります。
 軍用拳銃は、大事な形見や遺品であっても所持することができません。
 子どもがもてあそんで思わぬ事故を起こしたり、盗難に遭い、それが犯罪に使用される危険性もあります。
 発見した際は、速やかに最寄りの警察署にご連絡をお願いします。


 拳銃110番
 フリーダイヤル 0120-10-3774


▲このページの先頭へ戻る


拳銃110番報奨制度


 皆さんは、「拳銃110番報償制度」をご存知ですか。
 この制度は、実名・匿名を問わず、あなたの情報により拳銃等の銃器が押収され、かつ被疑者が検挙されたとき、状況に応じて報奨金が支払われる制度です。

 皆さんからの情報が、銃器犯罪から尊い命と平和な市民を守ります。


 
全国共通フリーダイヤル番号

0120-10-3774(ジュウ ミナナシ)

神奈川県警察本部 薬物銃器対策課
045-211-1212(代表)


情報提供にご協力ください。  ノー、ガンズ
 詳細については、コチラから神奈川県警察本部のホームページへ

 
▲このページの先頭へ戻る

薬物乱用のない社会を目指して


○「薬物乱用とは」

 覚醒剤、大麻、麻薬、危険ドラック等の医療目的にない薬物を不正に使用することや、医薬品を医薬目的以外に使用することをいいます。たとえ1回の使用でも乱用になり、同時に犯罪になります。
 乱用されている薬物には覚醒剤・大麻・コカイン・MDMA・ヘロイン・シンナー・危険ドラッグ(指定薬物)等があります。



○大麻は安全・・・それは間違いです!

 「大麻は自然の植物だから体に悪くない」「依存がない」などと大麻の有害性について否定する人がいますが、そんなことはありません。
 大麻を乱用すると、酒に酔ったような感覚や手足に麻痺が現れるとともに、視覚、聴覚、味覚、触覚等の感覚が過敏になります。また、思考が分裂しイライラしたり不安になったり、何もやる気がしない無気力状態になるなど、社会生活に適応できなくなります。

幻覚
○薬物乱用は「ダメ!ゼッタイ!」

 4月は、進学、進級、就職、転勤等により環境が変わる時期です。興味本位やストレス発散などと理由をつけて、安易な気持ちで薬物に手を出してはいけません。1度でも乱用すれば自分の意志ではやめられなくなります。

 友人・知人等身近な人から薬物乱用について「1回くらいなら大丈夫」「仕事・勉強に集中できるよ」「痩せられる」「皆やってるよ」などと甘い言葉で誘われてもキッパリと断りましょう。

 あなたの人生を豊かにするのは薬物ではありませn。

 薬物乱用は自分の心身を害するだけでなく、大切な家族や友人等の周りの人も不幸にしてしまいます。
 
 薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」です。

薬物のこわさ

▲このページの先頭へ戻る


犯罪インフラを生まない環境づくり

見逃すな 暮らしに潜む 犯罪インフラ



「犯罪インフラ」とは
 犯罪インフラは、犯罪を助長し、又は容易にする基盤を指し、基盤そのものが合法なものであっても、犯罪に悪用されている状態であれば、これを含むとされています。
 例えば、振り込め詐欺の犯人が犯行を容易にしたり、警察の捜査をかく乱するために使用している他人名義の「携帯電話」や「銀行口座」などが、犯罪インフラに該当します。
 こうした犯罪インフラが、様々な犯罪に利用されたり、犯行を容易にしている現状があるため、県警察では、「神奈川県警察犯罪インフラ撲滅対策推進本部」を設置し、携帯電話や銀行口座を不正に取得する詐欺事件、在留資格を得るための偽装結婚、資格・身分を偽装するための身分証明書の偽造等といった犯罪インフラ事犯の取締りを強化しています。
犯罪インフラ撲滅対策

犯罪インフラの具体例

知らぬ間に利用されていた
犯罪インフラ撲滅対策


犯罪インフラ撲滅対策
「アパートがアジトに使われていた」
 賃貸アパートが知らない間に不法滞在者のアジトとして使われていた。
「養子縁組をした人が携帯電話を搾取していた」
 友人に頼まれ、身寄りのない人を子供とする養子縁組をしたが、この人は、電話会社から携帯電話を騙し取るために、名前を変更するだけの目的で養子縁組をしていた。
「隣の家は地下銀行だった」
 マンション等の一室が不法滞在者等の地下銀行(無免許銀行)として使われていた。
「いわゆる闇サイトを利用し就活していた」
 安易にインターネットの闇のコミュニティサイトで職探しをして、犯罪の片棒を担がされてしまった。
「畑が盗難車の置き場になっていた」
 家庭菜園用に畑を貸したところ、数ヶ月後、畑に高い鉄塀が設置され、中の様子が分からなくなった。後日、警察官から、盗難車の置き場(ヤード)として使われていたことを知らされ、犯罪に利用されたことに気付いた。


 「犯罪インフラ」は、日々変化する社会の中で、新たな技術、サービス、制度等社会の急速な変化に対応しながら、社会の中に根深く張り巡らされているのが現状です。
 例えば、雑草は、目に見える地表部分をいくら刈り取っても、地中に張り巡らされた根の部分が残っていれば、また生えてきます。いくら犯罪を検挙しても、その根底にある犯罪インフラを解体等しなければ同種の犯罪が繰り返されることになります。
 犯罪インフラの撲滅は、警察だけの対策では到底なし得ず、関係行政機関、自治体、民間企業等との連携に加え、県民の皆様のご理解とご協力が不可欠です。是非、皆様のご協力をお願いします。


犯罪インフラ対策ホットライン

045-681-1274

神奈川県警察 犯罪インフラ撲滅対策推進本部



▲このページの先頭へ戻る


覚醒剤等薬物乱用の防止
 
 
 絶対に手を出さないで!


 薬物乱用とは、覚醒剤、大麻、麻薬、危険ドラッグ等の医療目的ではない薬物を不正に使用することや、医薬品を医療目的以外に使用することを言います。たとえ1回の使用でも乱用になり、同時に犯罪になります。

 薬物を乱用すると身体も心もボロボロになり、人間らしい生活が送れなくなります。

 最悪の場合は死亡することもあります。

 また、乱用による幻覚や妄想から、暴れて他人を傷つける事件や他人を巻き込む交通事故を起こしたり、薬物購入資金を得るために窃盗等の様々な犯罪に手を染めることがあります。

 乱用者本人だけでなく、家族や周囲の人々、さらには社会全体に対しても、取り返しのつかない被害を及ぼします。

 こうしたことから、覚醒剤等の規制薬物は所持や使用等が法律で厳しく禁止されているのです。


 また、危険ドラッグの乱用が原因と疑われる死亡事案が過去に発生しています。

 神奈川県警察で取扱った死亡事案の一例としては、
精神錯乱状態になり、暴れた後に死亡した事案
自家用車内で、運転席に座りハンドルにもたれかかった姿勢で死亡した事案
があり、その他の取扱い事案の一例には、
意識がもうろうとした状態で電柱にしがみついていた事案
気分がハイになり全裸で隣家のフェンスを乗り越えて敷地内に侵入した事案
突然睡魔に襲われて、高速道路で蛇行運転を繰り返した後、ガードレールに衝突した交通事故
などがありました。
薬物乱用ダメ、ゼッタイ


 薬物乱用を誘われたら

 薬物乱用は「皆やっている。」「痩せられる。」「合法、脱法だから大丈夫。」「すぐにやめられる。」などと甘い言葉で誘われます。もし、先輩、友達等の身近な人から薬物を勧められても、ハッキリ・キッパリ断り、その場から離れましょう。

 薬物乱用は大切な家族、友人を傷つけ、あなたの人生を台無しにします。

 薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」です。

 手遅れになる前に相談を

 「友人が薬物を使っている。」「薬物の誘いを断る自信がない。」「薬物を使ってしまったけど、家族には言えない。」「薬物乱用をやめたい。」このような場合は、一人で悩まないでください。

 大切なものを失う前に、警察や専門機関に相談しましょう。
薬物乱用ダメ、ゼッタイ

 
 詳細については、コチラから神奈川県警察本部のホームページへ

▲このページの先頭へ戻る