神奈川県 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ



信号は守りましょう
秋の全国交通安全運動

「安全は 心と時間の ゆとりから」
 「高齢者 模範を示そう 交通マナー」



目的

 全ての県民を交通事故から守るために、県民一人ひとりが交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて、交通事故防止の徹底を図ります。


期間等

○平成29年9月21日木曜日から9月30日土曜日までの10日間
○交通事故死ゼロを目指す日 9月30日土曜日



子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

   子どもや高齢の歩行者を見かけたら、減速、徐行、一時停止するなど、思いやりのある運転を心掛けましょう。

   危険な横断等を見かけたら、思いやりの気持ちをもって声を掛けたり、手を差しのべたりしましょう。

   高齢運転者は、自身の身体機能の変化や運転技量を認識して、ゆとりある運転に努めましょう。また、身体機能の変化に伴い運転に自信がなくなった場合は、運転免許の自主返納についても家族で検討しましょう。

   高齢運転者標識を付けた車両に対して、幅寄せやあおり運転をすることはせず、譲り合うなど思いやりのある運転に努めましょう。

運転免許自主返納


夕暮れ時と夜間の歩行中、自転車乗用中の交通事故防止

   夜間外出時は、明るい色の服装や、反射材を身につけましょう。

   自転車の乗るときはライト、尾灯または反射器材を点検するとともに、万が一事故に遭ったときの被害軽減のため、大人もヘルメットを着用しましょう。

   早朝、夜間の通勤、退社時間帯には、急ぐ気持ちから安全確認がおろそかになることがあります。スピードを控え、心にゆとりを持った運転に努めましょう。

反射材を着用しましょう


全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 


   貸切バスやタクシー等を含め自動車に乗車するときは、全ての座席でシートベルトを正しく着用するとともに、乗車する方がお互いに着用についての「ひとこえ」を掛け合いましょう。

   6歳未満の幼児を同乗させる場合には、必ずチャイルドシートを使用するとともに、使用方法を正しく理解しましょう。

   会社では、出動、退社時に全ての座席のシートベルトの着用状況を確認するなど、着用の徹底について指導しましょう。

シートベルトの着用


飲酒運転の根絶 


   「これくらいなら」、「少しの距離だから」、「捕まらないから大丈夫」という安易な気持ちが、取り返しのつかない悲惨な事故を引き起こします。飲酒運転は絶対にやめましょう。

   車を運転する人に酒類を提供すること、お酒を飲んで運転する人に車を貸すこと、飲酒運転する人の車に同乗することも絶対にやめましょう。

   自動車で飲食店等へ行く場合、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人が仲間を自宅まで送り届ける「ハンドルキーパー運動」を推進しましょう。

飲酒運転の根絶


二輪車の交通事故防止

   ヘルメットを正しく着用するとともに、プロテクターやエアバッグジャケット等を着用し、交通事故発生時の被害軽減に努めましょう。

   交差点通過時はスピードを落とし、対応右折車、左折車両等に注意して、危険予測に努めましょう。

   二輪車安全運転講習等、交通安全教育の場に積極的に参加し、自己の運転の傾向を踏まえた運転に努めましょう。
対向車に注意

▲青葉警察署トップページへ
▲交通のページへ
▲神奈川県警トップページへ