神奈川県警察 青葉警察署



トップページ サイトナビ
交通関係 防犯関係 地域関係 警備関係 トピックス
最近の事件事故 拾得物遺失物 交通安全マップ こどもプラザ お知らせ




ゾーン30について

 

ゾーン30とは? 

  生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として区域(ゾーン)を定めて、時速30キロ(標識のない一般道路の最高速度は時速60キロ)の速度規制を実施するとともに、その他の安全対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における速度抑制や、ゾーン内を抜け道として通行する行為の抑制等を図る生活道路対策です。 ゾーン30の実施


ゾーン30 Q&A

 ゾーン30の速度規制は、一般的な速度規制とどのように違うのですか?
 速度規制は個々の道路(路線)ごとに実施するのが一般的ですが、ゾーン30では、区域を定めて速度規制を実施することで、対象区域内の道路に30キロの速度規制が適用されることとなります。 思いやりのある運転

 なぜ30キロ規制なのですか?
 自動車と歩行者が衝突した場合、自動車の速度が時速30キロを超えると、歩行者の致死率が急激に上昇します。
 このため、生活道路を走行する自動車の速度を30キロ以下に抑制することとしたものです。 

 ゾーン30の整備と通学路
 交通量や交通事故の発生状況等をもとに、警察が道路管理者や地域の皆さんと協議・調整して決定する場合や、地域の皆さんからのご要望を踏まえて整備の必要性等を検討して決定する場合などが考えられます。
 なお、ゾーン30は、幹線道路等に囲まれている、生活道路が集まった市街地の区域に整備する。 

 ゾーン30の整備と通学路の安全対策はどのような関係にありますか?
 生活道路が集まった区域に通学路が含まれている場合には、ゾーン30を整備することは通学路の安全対策上も有効であると考えられます。  通学路に配慮

 ゾーン30はどれくらい整備されるのですが?
 ゾーン30は、新たな生活道路対策として平成23年9月から取組を開始し、平成28年度末までに全国で約3,000箇所を整備することを目標としています。





▲青葉警察署トップページへ
▲交通関係ページへ
▲神奈川県警トップページへ