座間警察署タイトルロゴ

 警務課  会計課  生活安全課  刑事課  地域課  交通課  警備課

暴力団の壊滅を目指して

暴力団は街の敵

 暴力団は、警察の戦略的な組織犯罪の取締りと、県民の皆さんや地域、職域に結成された暴力団排除組織等との連携した暴力団排除意識の高揚により、その活動の場が狭められています。
 しかし、山口組、住吉会、稲川会の主要3団体による組織勢力の寡占化が一層進む中で、覚せい剤の密売、恐喝、賭博、ノミ行為などの従来からの資金獲得活動に加え、その活動を社会経済情勢の変化に対応して多様化、不透明化させるなど、依然として県民生活や経済活動に脅威を与えています。
 暴力団は、繁華街や住宅街等で拳銃を使用して県民を巻き添えにした凶悪事件を起こしたりしているほか、右翼団体等を標ぼうして企業や行政機関に対して不当な利益の要求や、不動産売買等に絡む民事事案に介入して利権を得るなどして、資金源活動を活発化させています。
 このような中、年末年始には、正月用のしめ縄、門松等の購入などを不当に要求する行為が多発するおそれがあります。
 暴力団の存在を絶対に許さないためにも、県民の皆さんからの身近な情報提供をお願いします
  神奈川県暴力団排除条例とは
  神奈川県暴力団排除条例の施策の推進について
  暴力団の壊滅と暴力団犯罪防止のための情報収集にご協力を
神奈川県暴力団排除条例とは
平成23年4月1日から暴力団排除への取り組み強化
条例の主な内容
基本理念 イラスト:暴力団員風の男
暴力団を恐れない。
暴力団に協力しない。
暴力団を利用しない。
  これらを基本理念として、県民総ぐるみで連携、協力して暴力団排除を推進します!
県の責務
県がリーダーシップを取ります。
暴力追放推進センターと協力、連携して暴力団排除を推進します。
県内の市町村と協力して暴力団排除を推進します。
県民の役割、事業者の責務
暴力団の活動を助けたり、利用したりすることは違反です。
暴力団の排除活動への参加をお願いします。
暴力団排除に役立つと思われる情報は積極的に警察等へ通報してください。
少年の健全育成
学校などから200メートル以内に暴力団事務所を新らたに作ることは違反です。
少年を暴力団事務所に出入りさせることは違反です。
少年が暴力団員と一緒にいたら警察へ通報してください!
事業活動における措置
取引の相手方等が暴力団関係者でないことを確認してください。
暴力団の威力を利用するため、暴力団に金品などの利益を提供することは違反となります。
暴力団事務所になる物件の不動産取引は違反となります。
イラスト:電話機 通報、相談はこちらへ
神奈川県暴力追放推進センター 045-201-8930
045-663-8930
警察本部暴力団対策課 0120-110-675
0120-797049
神奈川県座間警察署 046-256-0110
▲このページのトップへ

神奈川県暴力団排除条例の施策の推進について
 暴力団対策課では、「神奈川県暴力団排除条例」の柱である「社会対暴力団の構図」、「暴力団の資金源対策」、「少年の健全な育成を図るための措置」を主とした神奈川県暴力団排除条例により、神奈川県から暴力団排除を推進するための施策を展開しております。
イラスト:暴力団員の男 県民、事業者の方々は、暴力団排除に役立つと思われる情報を知った時は警察へ通報してください。
事業者の方は、取引の相手方等が暴力団関係者でないことを確認してください。
県民の皆様は、少年が暴力団員と交際していることなどを知った時は警察へ通報してください。
▲このページのトップへ

暴力団の壊滅と暴力団犯罪防止のための情報収集にご協力を
暴力団員が空き家やマンション等の空き室に理由もなく居座ってしまい、困っている。 イラスト:家
マンション等の賃貸借契約後、暴力団員風の人間の出入りが頻繁になって困っている。(暴力団事務所などに使用されている。)
不動産売買に絡んで暴力団員が介入してきて困っている。
交通事故等の示談交渉に暴力団員が介入してきて困っている。
債権・債務の権利関係に暴力団員が介入してきて困っている。
暴力団員に「みかじめ料」や「用心棒代」を要求されて困っている。
会社や建設現場事務所等に「寄付金・賛助金」などの名目で金員を要求されて困って いる。
子どもや近所の少年・少女が暴力団員と付き合いがあり困っている。
イラスト:男の人  このようなことを見たり聞いたりした場合は、最寄りの交番、警察署にお知らせください。
 警察は、犯罪の被害者、関係者、通報者等の秘密や安全を守りつつ、事件の検挙活動に努めておりますので、県民の皆さんの積極的な情報提供をお待ちしております。
ボタン:戻る
▲このページのトップへ
▲警察署一覧
▲神奈川県警トップページへ