座間警察署タイトルロゴ

 警務課  会計課  生活安全課  刑事課  地域課  交通課  警備課

防災意識の高揚

  防災について考える日
  地震への備え
  台風や大雨への備え

イラスト:非常袋を準備する女性 防災について考える日
防災の日(週間)
防災の日  毎年9月1日
防災週間  毎年8月30日から9月5日
大正12年9月1日に「関東大震災」が発生したことや、毎年9月1日前後は台風の襲来が多い時期であることから、防災意識の向上を図るため、政府が「防災の日、防災週間」として制定しました。
防災とボランティアの日(週間)
防災とボランティアの日  毎年1月17日
防災とボランティアの週間  毎年1月15日から21日
平成7年1月17日に発生した「阪神淡路大震災」による、被災地での自主的なボランティア団体の活動を踏まえて、防災関係機関や国民全体が、災害時のボランティア活動に対する認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図るため、政府が「防災とボランティアの日(週間)」として制定しました。
津波防災の日
毎年11月5日
平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」では、津波により、多くの尊い人命、財産を失いました。この震災を教訓に、政府は「津波対策の推進に関する法律」を制定し、11月5日を「津波防災の日」と定め、その趣旨に相応しい行事を実施することとしています。
家庭での防災会議
○身の安全を守れる場所の確認
○避難場所や避難路の確認
○昼間の場合、夜間の場合の家族の役割分担
○家族との連絡方法の確認
※災害時には、NTT災害用伝言ダイヤル「171」や携帯電話の「災害用伝言板」を活用しましょう。
加入電話、公衆電話、携帯電話、PHSから利用できます。
毎月1日、15日、正月3が日、防災とボランティア週間(1月15日から 21日)、防災週間(8月30日から9月5日)は体験利用ができます。

▲このページのトップへ
イラスト:家地震への備え
緊急地震速報が発表されたら
周囲の人に緊急地震速報の発表を知らせるとともに、まずは身の安全を確保しましょう。
○屋内では
 頭を保護し、丈夫な机の下など安全な場所に避難しましょう。
 あわてて外へ飛び出さないようにしましょう。
 無理に火を消さないようにしましょう
○自動車運転中は
 急ブレーキをかけず、あわててスピードを落とさないようにしましょう。
 ハザードランプを点灯し周りの車に注意を促しましょう。
○屋外(街)では
 ブロック塀の倒壊、看板や割れたガラスの落下に注意しましょう。
○鉄道・バスでは
 つり革、手すりにしっかりつかまりましょう。
○エレベーターでは
 最寄りの階に停止させ、すぐに降りましょう。
揺れを感じたら
○テーブルや机の下に身を隠し、あわてて外へ飛び出さないようにしましょう。
○テレビやラジオをつけて地震情報を集めましょう。
○海岸でグラっときたら高台へ避難しましょう。
○自動販売機やビルのそばには近づかないようにしましょう。
○山崩れ、崖崩れに気をつけましょう。
○避難は徒歩で、荷物は最小限にしましょう。
○余震が来てもあわてずに正しい情報に従って行動しましょう。
▲このページのトップへ

イラスト:傘 台風や大雨への備え
地域の気象情報を知っておく
テレビ、ラジオ、インターネット等を利用し、地域の「大雨注意報」、「大雨警報」 等や気象情報を積極的に入手しましょう。
○台風と前線
台風が日本付近に近づいてくるときに、日本付近に梅雨前線や秋雨前線などが停滞していると、台風が遠くにあるうちから強い雨が降り出すことがあります。
このようなときには雨が降る時間が長くなることが多く、さらに台風が通過する時に一層激しい雨が加わって、大雨となり大きな災害に繋がることがあります。
○局地的大雨(いわゆるゲリラ豪雨)に注意
ゲリラ豪雨は新しいタイプの風水害かもしれません。発生のメカニズムは未だに十分解明されていませんが、地球温暖化や首都圏のヒートアイランド現象などが引き金になっているのではないかと言われています。
特性
予期せぬ時に、狭いエリアに短時間にまとまった雨が降ります。
危険性
都市部では下水の排水能力を超えた雨水があふれ、地下室やアンダーパス(半地下式立体交差道路)が冠水します。
地域の危険箇所を知っておく
大雨によって被害が発生しやすい、地下街、半地下式駐車場や店舗、アンダーパス、過去の道路冠水箇所、さらには土砂崩れのおそれがある場所等を知っておくことが重要 です。
早めの避難を心掛ける
リアルタイムに情報を入手し、早めの避難を心掛けましょう。
○避難する時の注意
動きやすい服装を心掛けて下さい。靴はひもで締められる運動靴にしましょう。
足下に十分注意して下さい。長い棒を杖替わりにして安全を確保しましょう。
避難する時は2人以上が原則です。ロープでお互いを結んで避難しましょう。
水の深さに注意して下さい。水深が腰まであるようなら無理をせず、救助を待ちましょう。
高齢者は背負ったり、子供は浮き袋をつけたりして安全を確保しましょう。
▲このページのトップへ


ボタン:戻る
▲このページのトップへ
▲警察署一覧
▲神奈川県警トップページへ