相模原南警察署
Sagamiharaminami Police Station
〒252−0344 相模原市南区古淵6−29−2 電話 042−749-0110(代表)

トップページへ戻る
相模原南警察署案内
交番・駐在所案内
窓口案内
News
各種統計
  昨日の事件・事故
  刑法犯・窃盗犯発生状況
  交通事故発生状況
お知らせ
リンク集
  神奈川県警察本部ホームページ
  警察署一覧
  警察学校
 交通事故発生状況
 人身事故の発生状況
 人身事故のうち自転車が関係した事故の件数
 物件事故の発生状況
 相模原南警察署管内の事故分析
人身事故の発生状況
平成29年10月末現在(暫定値)
平成29年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
発生件数 79 74 99 50 78 84 70 62 90 95 781件
死亡 5人
重傷 22人
軽傷 94 91 104 61 82 93 81 71 97 106 880人
平成28年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
発生件数 55 71 71 63 80 73 69 51 77 53 84 93 840件
死亡 0人
重傷 31人
軽傷 62 76 69 70 85 75 72 62 99 63 90 107 930人
死亡事故発生件数にあっては24時間以内に亡くなられた方の人数です。
グラフ:人身事故の発生状況
人身事故のうち自転車が関係した事故の件数
平成29年10月末現在(暫定値)
平成29年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
発生件数 21 23 32 15 34 27 25 22 37 31 267件
死亡 2人
重傷 6人
軽傷 21 22 31 15 31 25 22 24 37 30 258人
自転車の
構成率
27% 31% 32% 30% 44% 32% 36% 35% 41% 33% 34%
平成28年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
発生件数 21 26 24 24 27 27 29 15 23 16 32 29 293件
死亡 0人
重傷 8人
軽傷 21 24 25 24 27 26 26 11 22 17 30 27 280人
自転車の
構成率
38% 37% 34% 38% 34% 37% 42% 29% 30% 30% 38% 31% 35%
グラフ:人身事故(自転車)の発生状況
物件事故の発生状況
平成29年10月末現在(暫定値)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
平成29年 408 420 490 431 433 427 471 414 436 448 4,378
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 累計
平成28年 392 401 422 431 456 419 431 463 447 440 485 486 5,273
グラフ:物件事故の発生状況
相模原南警察署管内の事故分析
☆自転車の事故が全体の約4割を占めています。
 自転車事故については、交通ルールを気にせず、お構いなしに、好きなように走って、事故に遭っているのが現状です。
 無灯火走行、二人乗り、傘差し運転や携帯電話を操作しながらの運転はやめましょう。
 直進する車両と右折する車両の交通事故を防止するため、国道16号の古淵駅入口(旧大野台小学校入口)交差点の信号機を分離化(左折・直進←↑矢印の後、一度赤信号になってから、右折→矢印が出る)しました。
 ご理解とご協力をよろしくお願いします。
  一灯式の点滅信号機がある交差点では、赤色点滅は一時停止、黄色の点滅は徐行です。
 十分に安全を確認してから進行してください。
 住宅街の事故は通過交通の方だけが原因ではありません。幹線道路以外の道路は狭く、見通しが悪いことから、相模原市では交差点の要所にたくさんのカーブミラーや交差点マーク、交差点鋲を設置し、交通事故の発生を抑止しています。
 カーブミラーは大変効果的なものですが、逆にミラーが設置されていることに安心してしまって、ミラーをちらりと見て大丈夫だと思い、一旦止まることはせずに交差点を通過しようとして事故に遭っているケースもあります。
 車も自転車も歩行者も、交差点には注意しましょう。
一時停止の規制、カーブミラーが設置されているところは、事故が起きる可能性が高いところです。

→このページのトップへ
→各種統計へ戻る
→トップページへ戻る

神奈川県相模原南警察署