相模原南警察署
Sagamiharaminami Police Station
〒252−0344 相模原市南区古淵6−29−2 電話 042−749-0110(代表)

トップページへ戻る
相模原南警察署案内
  相模原南警察署概要
  署長から区民の皆様へ
  各課案内
  アクセス
  名所・旧跡
  相模原市の警察署管轄一覧
交番・駐在所案内
窓口案内
News
各種統計
お知らせ
リンク集
  神奈川県警察本部ホームページ
  警察署一覧
  警察学校
 署長から区民の皆様へ
   
   掲載日   題名 
平成30年9月6日 古淵駅周辺で交通事故急増中!特に自転車事故に気をつけて!
  平成30年8月8日 ニューフェイスを紹介します!よろしくお願いします! 
  平成30年7月5日 大野台6丁目の殺人事件を解決しました。ご協力ありがとうございました。 
  平成30年6月19日 風水害に備えて 「垂直避難」の有効性を知っておきましょう 。
  平成30年5月16日  相模原南警察署公式ツイッターをご利用ください 
  平成30年4月23日 新任警察官3人が着任しました!よろしくお願いします。 
  平成30年3月19日 区民の皆様へ着任のご挨拶
   
 
 
(古淵駅周辺で交通事故急増中!特に自転車事故に気をつけて!)
 
写真:警察署長    相模原南警察署長の 片山 真 です。
  9月になりました。最高気温が30度に満たない日もあり、少し涼しくなってきましたね。しかし、今年は例年より台風の発生が多いようで、まだまだ風水害に対する警戒が必要な時期が続きます。気象台の発する気象情報や市役所の避難情報に十分注意をしておきましょう。
  今月は交通事故の話題をお届けします。
  県警本部において、県内を碁盤の目のように1キロメートル四方で区切って、今年上半期の人身交通事故発生状況の調査を行い、先日、県下ワースト10地点を公表しました。その中で、相模原市内では、古淵駅周辺がワースト6位、相模原市役所周辺がワースト10にランクインしてしまいました。
  古淵駅周辺については、8月3日午後、信号機のない十字路おいて、1BOXワゴン車と歩行者が接触し、高齢女性が亡くなったばかりでもあります。

  態様別では、自転車乗車中の方が関係する事故形態が多くなっており、相模原市南区内の人身交通事故の約3分の1を占めています。
  自転車事故に多いパターンを2つ紹介します。

  1つ目は、出合頭の事故です。図1をごらんください。
 
出合頭の事故の図 
 
    これは、いわゆる「止まってくれていると思った事故」です。
  自転車乗車中の人が進路前方のわき道や商業施設出入口から乗用車が頭を出して停止していることに気付いても、その車が止まってくれていると思い、そのまま乗用車の前を通過しようとした際に、発車した車と接触する事故です。

  2つ目は、右左折車両との事故です。
  出合頭の事故に続いて多いのが、右左折車両との事故です。
  車両運転者が右折する際、周囲の安全確認不足により、横断中や後方から進行してくる自転車と衝突する事故や、左折する際、同じく、車両の左側を進行中の自転車を巻き込んでしまう事故です。図2をごらんください。
 
右左折車両との事故図
 
  車両運転者が信号機にしたがって右折する際、渋滞中で対向の車両が停止し、横断歩道の歩行者もいないので、右折しようとした際、停止車両の側方や歩道を進行してきた自転車と衝突する事故です。この形態の場合、重傷事故になるおそれがあります。

  自転車が絡む事故の約8割が交差点での事故であります。今回、代表的な事例を2つ紹介いたしましたが、皆さんもヒヤッとしたことがあるのではないでしょうか。
  自転車の利用者には、小中学生など運転免許を持たない世代も多く、その場合、道路交通上の危険性を十分に認識できていないことがあります。また、自転車には、かなりの速度が出るのに走行音が小さいため直前まで気付かれにくいといった特徴があります。
  車両を運転する際に今回紹介した2つの形態の事故が多いんだと意識するだけで事故を起こすリスクを軽減できますので、覚えておいていただきたいと思います。

  9月21日から9月30日まで、秋の全国交通安全運動が行われます。相模原南警察署では、悲惨な交通事故を1件でもなくすため、移動式オービスによる速度取締り、第二交通機動隊等と連携した交差点違反の取締り、南区役所や交通安全協会などと連携したキャンペーンなどに取り組みます。
  今後も引き続き、当署交通課の活動に、ご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
 平成30年9月6日
  相模原南警察署長 片山 真
 このページのトップへ
 

   (ニューフェイスを紹介します!よろしくお願いします!)
   
写真:警察署長    相模原南警察署長の 片山 真 です。
  記録的な猛暑が連日続いています。冷房を適切に使い、こまめに水分、塩分を補給して熱中症を予防しましょう。また、局地的豪雨や台風による風水害も起こりやすい時節でもあります。平時から必要な備えをしておきましょう。
    さて、7月27日付けで、新任警察官3人が当署に配属され、今月から交番での勤務を始めましたのでご紹介します。写真をご覧ください。
   
  新任警察官 
   
    写真左が、荒木巡査。横浜市出身で、趣味は美味しいものを探して食べ歩きすることです。
    アピールポイントは、いつも絶やさない笑顔です。相南交番に勤務しています。
   
   (本人のコメント)
  私は、中学、高校とバトミントンをしていました。そこで培った体力、コミュニケーション能力を活かし、精一杯職務に努めていきます。警察官としてまだまだ未熟ですが、元気と明るさを忘れず日々成長していきたいと思います。よろしくお願いします。
   
    写真中央が、伊藤巡査。横浜市出身で、趣味は読書です。
    アピールポイントは高校時代のダンス部で鍛えた柔軟な身のこなしです。相模大野駅前交番に勤務しています。
   
   (本人のコメント)   私は、何事にも全力で取り組み、地域住民の方々が安心して暮らせる町づくりの一役を担っていきたいと思います。緊張の毎日ですが頑張りますのでよろしくお願いします。
   
    写真右が、関戸巡査。相模原市出身で、趣味はバイクでのツーリングです。
    アピールポイントは若さと元気です。古淵駅前交番に勤務しています。
   
   (本人のコメント)   私は、「人の役に立ちたい」という思いから、警察官になることを目指してきました。南区の安全安心を守れるように、若さを活かし元気よく精一杯努めていきます。
古淵駅前交番で勤務しておりますので是非、見かけた際は声を掛けていただきたいと思います。
   
    3人が勤務する相模原南警察署は、110番通報件数、犯罪発生件数、人身交通事故発生件数など、いずれも県下トップクラスで大変忙しい警察署です。約300人の署員で28万区民の安全で安心な暮らしをを守っています。
   
    3人に交番勤務に当たっての心境を尋ねたところ、3人とも「緊張していますし不安はありますが精一杯頑張ります」と言ってくれました。区民の皆様が安心して暮らせるよう精一杯努めさせますので、よろしくお願い致します。
   
    私は警察官に求められているものは「強さ」と「優しさ」であると考えています。
   
    それぞれの警察官が「強さ」と「優しさ」を兼ね備える必要がありますが、男性警察官である伊藤巡査と関戸巡査には、高齢者や女性、子どもなど弱い人を守り、悪事を許さない「強さ」を、女性警察官である荒木巡査には、女性らしい細やかな気遣いで困っている人に手を差しのべる「優しさ」を身につけてほしいと思います。
   
    3人には、区民の皆様に積極的に語りかけ、皆様の意見や困りごとに耳を傾け、皆様に頼りにされる警察官を目指し、切磋琢磨して成長していってほしいと思います。
   
    彼らが交番で立番しているところを見かけましたら、お気軽にお声掛けいただければ、笑顔で元気な挨拶をお返しすることをお約束します。
   
    今後も引き続き、当署地域課の活動に、ご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
   
   平成30年8月8日
    相模原南警察署長 片山 真
   このページのトップへ
   
   (大野台6丁目の殺人事件を解決しました。ご協力ありがとうございました)
   
  写真:警察署長    相模原南警察署長の 片山 真 です。
  昨年12月、大野台6丁目の路上において会社員男性を刃物で殺害した犯人を、6月7日に逮捕しました。犯人は、区内に住む40歳の男で、横浜地検は、6月28日付けで、男を殺人罪で起訴しました。
    深夜、閑静な住宅街での刃物を用いた殺人事件でありました。凶器を所持した凶悪な犯人が未検挙のまま逃走中ということで、区民の皆様に大変怖い思いをさせ、ご心配をおかけしましたが、解決することができました。区民の皆様のご協力に感謝いたします。
   
    犯人を捕まえても被害者が元気に戻ってくるわけではありません。数多の悪事がある中で、殺人は最も憎むべき犯罪であります。
   
    当署では、捜査第一課など本部各課の応援を得て、延べ196日にわたり、通算で4000人以上の捜査員を投入して捜査を進めました。そして、約2500人の方に聞き込みを行うなどして、証拠、証言を収集し犯罪事実を特定、犯人逮捕に至りました。
   
    発生から6か月かかりましたが、先日、ご遺族に犯人逮捕の報告をすることができました。多くの方のご協力を得て、少しでも被害者とご遺族の無念を晴らすことができたと思います。
   
    さて、新潟の女児殺害事件、富山の交番襲撃事件、大阪北部地震によるブロック塀倒壊など、小学校やその周辺での事件・事故が相次いでいます。このため、当署では、制服警察官による児童の登下校時の見守り活動を強化しています。また、学校周辺の不審者情報などは、署公式ツイッターでお知らせしていますので、是非、ご利用ください。
   
    今後も引き続き、当署の活動にご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
   
   平成30年7月5日
   相模原南警察署長 片山 真 
    このページのトップへ
  ( 風水害に備えて 「垂直避難」の有効性を知っておきましょう)
   
   写真:警察署長   相模原南警察署長の 片山 真 です。
  6月18日朝、大阪府北部を震源とする大きな地震があり、大阪市などで震度6弱を観測しました。この地震でこれまで4人の人命が失われております。犠牲者の方にお悔やみを申し上げるとともに、けがをされた方、避難をされている方にお見舞いを申し上げます。
 
  関東地方でも地震が続いており、いつどこで大きな地震が起きても不思議ではありません。タンスなど大きな家具を固定し、最低3日分の飲料水、食料を家庭に用意するなど必要な備えをしておきましょう。
   
    一方で、梅雨の季節から10月頃まで、風水害にも注意が必要な時期になります。予知が困難な地震と異なり、風水害は台風や前線の動きなどである程度予測が可能で、早めの対策や行動により被害を最小限に抑えることができます。
   
    一般的な注意事項は、神奈川県警察ホームページ(「暮らしの安全情報」→「災害に備えて」)に載せてあります。気象庁や横浜地方気象台のホームページ、相模原市ホームページの「防災・危機管理情報 消防情報」や神奈川県ホームページの「防災と安全」も確認しておきましょう。
   
    さて、皆さんは「垂直避難」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。土砂災害や洪水などの被害が差し迫ったときに、建物の外ではなく、上層階に避難する方法です。下の写真をごらんください。これは平成26年8月の広島土砂災害で被災した家屋の写真です。建物1階部分に土砂が入り込んでいますが、2階部分はそれほど壊れていないことがわかります。
   
   
  土砂災害における救助活動  
平成26年8月 広島土砂災害における救出救助活動
   
   
    次の写真は、平成27年9月の関東・東北豪雨災害において、茨城県常総市で民家の2階に避難した人が神奈川県警のヘリで救助される様子です。
   
   関東・東北豪雨災害における救出救助活動
平成27年9月 関東・東北豪雨災害における救出救助活動
   
    いずれの災害現場にも神奈川県警の広域緊急援助隊が派遣されておりますが、派遣された当県の警察官も垂直避難の有効性を実感しております。
   
    もちろん、風雨が強くなる前に早め早めの避難を行うことがベストですが、特に、お年寄りなど避難する際に周囲の方々の支援が必要な方(避難行動要支援者といいます。)については、夜間、強い雨が降り、視界が悪い中で避難することが危険な場合もあります。こうした場合、屋外への避難を行わず、上層階の崖と反対側の部屋に避難することも有効です。
   
    相模原南警察署では、5月から、よりタイムリーに犯罪情報や交通安全情報をお知らせできるようツイッターによる情報発信を始めております。防災に役立つ情報についても、積極的に発信していきたいと思っております。今後も引き続き、当署の活動にご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
   
   平成30年6月19日
   相模原南警察署長 片山 真
  このページのトップへ 
   (相模原南警察署公式ツイッターをご利用ください)
 
 写真:警察署長   相模原南警察署長の 片山 真 です。
  若葉の美しい季節を迎えました。5月4日、5日の両日、相模川河川敷で行われた「相模の大凧まつり」は、晴天に恵まれ、多くの方が会場を訪れ、青空に舞う勇壮な大凧に歓声を上げていました。
  さて、相模原南警察署では、警察署ホームページ、交番速報、相模原市のひばり放送や安全・安心メール、タウン紙などを通じて、地域の犯罪情報や交通安全情報などを、皆様にお伝えしていますが、このたび、よりタイムリーに情報発信できるように短文投稿サイト「ツイッター」による情報発信を始めました。
   県下の警察署では、秦野署、神奈川署に次いで3署目、相模原市内の警察署では初の公式ツイッター開設になります。
 
  相模原市南区は、大学、高校が多く所在する文教の街ですが、残念ながら、女子学生を狙った痴漢や盗撮、公然わいせつなどの犯罪や、児童に対する声掛け事案などが頻発しています。こうした事案の兆候があった際、いち早くツイッターでお知らせしますので、周囲に注意を払うようにしてください。
 
  また、お年寄りから言葉巧みにお金をだまし取ろうとする、卑劣な振り込め詐欺犯人からの電話が市内に架かってきているときにも、ツイッターでお知らせします。お年寄りでツイッターを利用している方は少ないと思われますが、お子さんやお孫さんはSNSユーザーが多い世代だと思います。ツイッターで振り込め詐欺の情報を入手したら、ご家庭やご近所のおじいちゃん、おばあちゃんに伝えてあげてください。
 
  このほか、交通安全情報、防災情報など、安全・安心に役立つ情報を積極的に提供してまいります。
  
  警察というと何かと近づきがたいイメージがあると思いますが、署員の頑張りや署内の心温まるエピソードなどもお伝えしていくことで、署員と区民の皆様の距離感を近づけていけたらいいなと思っています。
 
  皆様におかれましては、是非、当署ツイッターをフォローしていただきたいと思います。
 
  相模原南警察署では、皆様に不安を与える犯罪を1件でも減らすため、悲惨な交通事故を1件でも減らすため、諸対策を進めてまいります。今後も引き続き、当署の活動にご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  
 平成30年5月16日
 相模原南警察署長 片山 真

 
ツイッターボタン   相模原南警察署公式
クリックでページに飛びます。
 
このページのトップへ
   
   
 (新任警察官3人が着任しました!よろしくお願いします。) 
 
  相模原南警察署長の 片山 真 です。
  3月29日付けで、新任警察官3人が当署に配属され、今月から交番に配置しましたのでご紹介します。写真をご覧ください。 
 
       新任警察官  
  写真左が、石井巡査。神奈川県出身で、高校時代、大学時代はソフトテニス部・野球サークルに所属していました。相模大野駅前交番に勤務しています。
       
     
 本人のコメント   私は、現在、地域の治安を守るべく日々経験を重ねて、警察官に必要な知識と技術の習得に努めています。地域住民の方々が日々「安全と安心」を実感して笑顔で暮らせるように、日常生活に潜む交通事故や窃盗、詐欺などの犯罪を見逃さず、解決できる警察官を目指していきたいと思います。よろしくお願いします。      
   
    写真中央が、深沢巡査。神奈川県出身で、高校時代、大学時代はサッカー部に所属していました。前職は営業マンでした。古淵駅前交番に勤務しています。
 
 本人のコメント   私は、高校、大学とサッカーをしていました。また、前職はビール会社で営業の仕事をしていました。そこで培った持ち前の体力と明るさで、地域住民の方々が安心して暮らせるように誠心誠意、職務に努めていきたいと思います。古淵駅前交番で勤務しておりますので是非、見かけた際は声をかけていただきたいと思います。元気よく頑張ります!!   
 
  写真右が、二瓶巡査。神奈川県出身で高校時代、大学時代は柔道部に所属していました。相模大野駅前交番に勤務しています。   
 
 本人のコメント  私は、小さい頃から柔道を続け、地域住民が安心して暮らせるために働く「警察官」という職業に憧れ、目指してきました。その結果、相模原南警察署地域課の一員なれたことを誇りに思います。まだ、警察官としての経験は浅いですが、丁寧に指導してくださる先輩方から様々なことを学び、地域住民の方々が安心して暮らせる地域社会の実現に貢献していきたいと思います。   
       
       
  警察の仕事を一言で表すならば、「人の命や財産を守ること」であります。   
 
  したがって、私は、着任以来、人命に関わるおそれのある事案には徹底して対処するよう署員を指導しております。ストーカーやDV、児童虐待、高齢者虐待などはもちろんのこと、児童や高齢者の行方不明事案など、人命に関わるおそれのある事案に対しては、警察は迅速に徹底した初動対応を行う必要があります。
 
  いつ、どこで、こうした事案が発生しても対処できるよう、交番勤務員やパトカー勤務員は常に備えをしています。
  
 こうしたことから、3人にとって、日々緊張の連続の交番勤務と思われますが、皆様が安心して暮らせるよう精一杯努めさせますのでよろしくお願いいたします。
 
 3人には、皆様に積極的に語りかけ、皆様の意見や困りごとに耳を傾け、皆様に頼りにされる警察官を目指して、成長していってほしいと思います。
 
  交番で立番しているところを見かけましたら、お気軽にお声掛けいただければ、笑顔で元気な挨拶をお返しすることをお約束します。
  
  今後も引き続き、当署地域課の活動に、ご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  
 平成30年4月23日
 相模原南警察署長 片山 真
 
このページのトップへ
 
   (区民の皆様へ着任のご挨拶)
   警察署長  
  平成30年3月19日付けで、相模原南警察署長に着任いたしました 片山 真です。
 
  区民の皆様におかれましては、平素から警察行政の諸分野にわたりご理解とご協力をいただいておりますことについて、心より感謝申し上げます。
 
  都会的洗練さと豊かな自然とが共存する文教・商業の街・相模原市南区。この地を管轄する相模原南警察署の舵取りを任され、身の引き締まる思いでありますが、署員一同、努力を惜しまず、しっかりと諸対策を進めてまいります。
 
     
    さて、皆様がお住まいの南区の治安情勢ですが、昨年の刑法犯認知件数は1,719件で、前年比でマイナス246件、戦後最悪だった平成14年との比較で3分の1以下に減らすことができました。しかし、お年寄りを言葉巧みにだまして、老後の資金を奪い取る、卑劣な特殊詐欺の被害が増大するなど、区民の皆様に不安を与える犯罪の抑止・検挙対策は依然として重要な課題であります。また、昨年は一昨年との比較で、区内の人身交通事故総件数が増加し、7人の貴重な人命が失われるなど、道路交通事情も厳しい状況にあります。
   
   こうした情勢を踏まえ、私は着任時、
    「警察の仕事の原点は、人の命、財産を守ることにある。」
    「人命にかかわることや暮らしの崩壊につながることへの対処は、相模原南警察署として徹底的にやっていこう。」
   と基本的な考えを署員に伝えました。
   
    さらに、仕事に取り組む姿勢として、次の3点
   1 市民目線で仕事をしよう
   2 失敗を恐れずポジティブにいこう
   3 チームワークを大切にしよう
   について指示したところです。
   
    人命にかかわる凶悪な事件の抑止・検挙はもちろん、交通死亡事故の抑止、自然災害への対処、振り込め詐欺をはじめとした特殊詐欺の抑止対策などにしっかりと取り組んでまいります。
   
    区民の皆様のご意見に耳を傾け、区民の皆様のご協力をいただき、区民の皆様と共に汗を流しながら、皆様が安全で安心して暮らせる相模原市南区を実現するため、署員一同、皆様の期待と信頼に応える力強い警察活動を進めてまいる所存であります。
   
    今後も引き続き、ご理解、ご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
   
   平成30年3月19日
   
   相模原南警察署長 片山 真
   

→このページのトップへ
→警察署案内のページへ戻る
→トップページへ戻る

神奈川県相模原南警察署