タイトル 神奈川県相模原警察署

〒 252−0236  神奈川県相模原市中央区富士見1-1-1   TEL 042-754-0110  

トップページ交通課
高齢運転者対策の推進の図

 
 平成29年3月12日から高齢運転者対策の推進を図るための規定が整備された改正道路交通法が施行されます。
 概要
1 臨時認知機能検査・臨時高齢者講習の新設
  改正前は3年に1度の免許証の更新の際に受けることとされていた認知機能検査について、一定の違反があれば、3年を待たずに臨時認知機能検査を受けることになります。臨時認知機能検査の結果、認知機能の低下が運転に影響するおそれがあると判定された方は、臨時高齢者講習を受けることになります。
2 高齢者講習の合理化、高度化
  75歳未満の方や、認知機能検査で「記憶力、判断力に心配がない」と判定された方は2時間に短縮された合理化講習となります。その他の方は、個別指導を含む3時間の高度化講習となります。
3 臨時適性検査制度の見直し
  更新時の認知機能検査又は臨時認知機能検査で「記憶力、判断力が低くなっている」と判定された方は、臨時適性検査を受け、又は命令に従い、主治医等の診断書を提出しなければなりません。
  臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けない場合や、医師の診断等を受けない場合は、運転免許の取消し又は停止の処分を受けることがあります。

その他高齢運転者対策の推進についての詳細は神奈川県警察ホームページをご覧ください。


お問合せ先
  相模原警察署 交通課 総務係

リンク トップページ   リンク 戻る

画像 相模原警察署